東京都教育委員会は22日、平成22年度の都立高校の推薦入試応募状況を発表した。募集する全日制170校の応募倍率は3・02倍で、前年度比0・07ポイント増だった。このうち、コースと単位制以外の普通科109校は3・51倍(前年度比0・03ポイント減)、専門学科40校は2・51倍(同0・21ポイント増)となった。コース、単位制以外の普通科で応募倍率が最も高かったのは男子が青山で5・71倍、女子も青山で9・92倍。面接・実技検査は27日(一部は28日まで)、合格発表は2月2日に行われる。

 また、都教委は22日、中高一貫の都立中等教育学校と都立中学の応募状況を発表した。小石川、桜修館、立川国際、南多摩、三鷹の5中等教育学校と、白鴎、両国、武蔵、富士、大泉の5付属中学の一般枠の応募倍率は7・14倍で、特別枠は3・24倍。

【関連記事】
不合格者に合格書類 首都大東京、謝罪も「不合格は変わらない」
本格的受験シーズンへ 受験生にも不況の影響
近畿で私立中入試始まる 全男子校で3教科受験可能に
センター試験の外国人参政権「容認」 川端文科相「問題ない」
センター試験 得点調整なし

空売り規制、4月末まで延長=金融庁(時事通信)
「魚秀」が所得隠し1.2億円 ウナギ産地偽装の工作費(産経新聞)
社民党 普天間、現行案なら連立離脱 福島党首改めて示唆(毎日新聞)
【Re:社会部】「双方向」拡充します(産経新聞)
検討委の結果待つ=仲井真沖縄知事(時事通信)
AD