2009-12-14 18:53:57

弦をおさえるコツ「押弦する指の部分」

テーマ:クラシックギターの弾き方
人気ブログランキングのクリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ



バレーのように
ひとつの指で2つ以上の弦を押さえると、
音はビリつきやすくなります。

そこで、指のどの部分で、
どの弦を押さえると押さえやすいのか、
意識してみるとよいでしょう。

また、一見、たくさんの弦を
押さえているようにみえても、

実際に押弦している弦は
少ないことがあります。

必要な弦だけを押さえることが
できるように意識しましょう。

たとえば、

ファ(F)のコードは、
人差指で第1弦から第6弦まで
押さえているようにみえます。

ですが、実際は、人差指で
第1弦、第2弦、
そして、第6弦だけです。

ですから、
その3弦だけを確実に押さえることが
できればよいわけです。


ギターは、同じコードフォームで
フレットを左右に動かして
演奏することが多いので、

いったん、押弦のコツをつかむと、
おなじコードフォームの押弦に
応用が利くようになります。


最後に、弦をおさえるコツ「バレー」について、
まとめます。

《まとめ》

◆指のどの部分でどの弦を押さえるかを意識する
◆実際に押弦する弦を確実に押さえること
◆コツをつかむと同じコードフォームに応用が利く































AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。