2009-12-04 15:25:02

「親指」の弾弦

テーマ:クラシックギターの弾き方
人気ブログランキングのクリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ




親指で弦を弾くときの
ポイントについて、説明します。

《ポイント》

◆手の甲はできるだけ
動かさないようにします。
◆第2関節を動かすようにします。
◆親指が、ボディに対して、
45度くらいの斜めの方向で弾弦します。


親指は、基本では、
アルペジオを弾くときなどで、
第4弦、第5弦、第6弦を弾きます。

また、メロディを弾くときなどでは、
親指と人差指で交互に弾くことも
よくあります。



最後に、親指の弾弦について、まとめます。

《まとめ》

ポイント
◆手の甲は動かさない
◆第2関節を動かす
◆指はボディに45度ぐらい
斜めの方向で弾弦する

§4弦、5弦、6弦の弾弦
§親指と人差指の交互の弾弦
































AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

クラシックギターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。