2010-02-17 14:54:38

アドホック通信で協力&対戦プレイの話

テーマ:ブログ

『クラシックダンジョン~扶翼の魔装陣~』。いよいよ明日発売です!

発売前日となる今回は、「アドホック通信プレイ」について、ご説明します。


通信プレイをするためには、キャラメイク同様、まずマノアカズに到着してから、5つほどダンジョンをクリアしましょう。すると、マップの右に青色のとびらが出現します。これを『通信のとびら』といいます。この『通信のとびら』に入ると、アドホック通信でのプレイが楽しめます。



クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~ オフィシャルブログ-100217_01.jpg




【アドホック通信プレイの手順】


本作はアドホック通信で最大4人までのお友達と協力&対戦プレイを楽しむことができます。

まずは、人数分のPSP本体と本ソフトを用意して、それぞれ『通信のとびら』がオープンするまでプレイを進めてください。

そこまで進めば、まずは通信プレイをする環境が整います。PSP本体のワイヤレスLANスイッチをオンにして、『通信のとびら』に入りましょう!




クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~ オフィシャルブログ-100217_02.jpg



通信のとびらに入ると、上の画面が現れます。

まず、はじめるためには、「名前入力」をしましょう。



クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~ オフィシャルブログ-100217_03.jpg



名前は最大8文字まで入力可能です。

文字は「ひらがな」「カタカナ」「英数」「漢字」から選んで入力できます。

ここでつけた名前が、プレイヤーである皆さんの名前になります。

(ちなみに、名前は、通信のとびらに入るたびに、「名前入力」から何度でも直すことができます)



クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~ オフィシャルブログ-100217_04.jpg



名前が決まったら、最初の画面に戻るので、今度は「はじめる」を選択します。



クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~ オフィシャルブログ-100217_05.jpg



次に、自分が親(ホスト)になる場合は、「協力の部屋を作る」「対戦の部屋を作る」のいずれかを選択しましょう。

『協力の部屋』は同じマップを複数のプレイヤーと一緒に攻略するタイプになり、プレイヤー同士の攻撃は当たりません。そして、全員がマップの「出口」に触れるとクリアとなります。

『対戦の部屋』も同じマップで複数のプレイヤーと攻略を行いますが、プレイヤー同士の攻撃が当たる仕様になります。対戦相手を全て倒してから「出口」に触れるとクリアとなります。



クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~ オフィシャルブログ-100217_06.jpg



ちなみに、自分が子になる場合、親(ホスト)が作成した部屋に入りましょう。

その場合、後は、親の操作が完了するまで待機してください。



クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~ オフィシャルブログ-100217_07.jpg



親は子の参加が揃ったら、スタートボタンを押します。



クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~ オフィシャルブログ-100217_08.jpg



クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~ オフィシャルブログ-100217_09.jpg



最後に挑戦するダンジョンとその階数を選択すれば、通信プレイが始まります。

選択できるダンジョンは、ストーリーで一度クリアしたダンジョン(白文字)、協力・対戦プレイ兼用ダンジョン(青文字)、対戦プレイ専用ダンジョン(赤文字)があります。

なお、青文字、赤文字のダンジョンは、通常のプレイが進むにつれて、新たなものが解放されていきます。



クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~ オフィシャルブログ-100217_10.jpg



では、せっかくなので、通信対戦専用ダンジョン「コロシアムLV5を紹介!

このマップは、プレイヤー以外の敵モンスターは一体もいません。

純粋にプレイヤー同士の戦闘だけが楽しめます。



クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~ オフィシャルブログ-100217_11.jpg



クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~ オフィシャルブログ-100217_12.jpg



ソウマ君の三連撃がプティングに炸裂!



クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~ オフィシャルブログ-100217_13.jpg



プティング倒れる。

強い奴だけが生き残る……それがコロシアムの掟!


対戦相手を倒したら、出口に入ると勝利が確定します。

そして、ボーナスとして、「名声」が1ポイントもらえます。

名声を溜めると、お店で称号つきの武器・防具が買えたり、購入代金が安くなったりするので、ドンドン溜めましょう!

通信プレイは、通常プレイで中々取得しにくい「名声」を溜めるチャンスでもあるんですね。



(アシスタントプロデューサー K.I)

PR

[PR]気になるキーワード