お医者さんのホメオパシー クラシカルホメオパシー横浜

医師によるクラシカルホメオパシーとアイオロジー診断


テーマ:

カンジダで困っている方って、そんなにいるのですか?

ちょっと驚いています。


抗真菌薬が効かないとか、続けていても長引いている場合、

代替医療に目が向くのは結構なことです。

繰り返しかかる時も、

「いつもと同じ薬を出されるけど、それでいいのかな。」

って考えること、大事だと思います。


だからと言って、「カンジダにはこのレメディー」って

リストを無責任に挙げることは、今生、ありません。

私の場合。

他のホメオパシー関係者はお気軽にやるかもしれませんが、


長引いているんだけど、何か問題があるのか?


とか、


レメディー、薬じゃないから安心よね


・・・とは限らないとかいろいろな理由がありますが、


第一は

薬を使っているのに長引いてるとか


繰り返しかかるんだけど、これってどうなの?


を、おろそかに、軽く扱いたくないのです。


かといって、即 、個人セッションって気持ちになれないことも

よくわかりますので、まずは食事を見直してみて下さい。


【1】 糖分


よく「摂り過ぎは、カンジダのえさになりますから、なるべく

甘いものを摂らないで。」・・・と言いますが、


見てきたようなことと、実際に見たことは違います。


生身の患者さんは

「そんなに甘いもの、食べないんですよ~。」とか

「むしろ少なかった時期に出たって、思ってます。」

と言います。


大事にしましょうね。そういう感覚。


自分の場合は、どうだったのか。

それが大事です。よく観察して下さいね。

誰かが代わりに見てくれるってわけにもいきませんので・・・。



【2】 乳酸菌


膣内は、デーデルライン桿菌という乳酸菌によって、

環境を維持されていますが、何かのバランスの崩れで

カンジダがはびこることになります。


腸と膣って、そんなに遠い位置関係じゃないので、

腸内環境からアプローチって、ありだと思っています。


もっと書くと、細菌、真菌、ウイルスって人の体の中でネットワークを

作っている可能性はないかとも思っています。


抗〇〇薬で何とかするよりも、バランスを整えることが大事

かもしれません。


「乳酸菌摂るなら、ヨーグルトよね。」


・・・じゃ、ありません。


ヨーグルト、たいてい甘いですので、【1】 糖 は、どうかって矛盾を

生じることになります。


ぬか漬け、キムチなどにも乳酸菌は含まれていますので、

食生活に取り入れるのも、一つの方法ではないかと思っています。



続きます。





 








いいね!した人