中耳炎にかかってから受診するのでは、

抗生物質が処方されたり、

切開されたりすることが、

避けて通りにくいこともあります。

 

 

発熱や風邪症状の段階で、

レメディーで対処することは、

病院で処方された薬とは違う経過になるようです。

 

 

自然治癒力に働きかけて・・・ですから、

目先の症状をただ抑えただけとは、

作用の仕方が違うのです。

 

「中耳炎になることが、減りました。」

というのは、

風邪講座にご参加いただいた方の声です。

 

「病院に行くことが、減りました。」

というのも参加者の声ですが、

働くお母さん、大助かりです。

 

 

朝「初めてで・・・。」の方が、

夕方には実践できるようになる1日講座。

大阪では今週末。12月3日。

東京では、12月11日です。

 

 

詳しくは、こちら をご覧ください。

 

 

IMG_6497.jpg

 

 

検索、ありがとうございます。

 

夜に叫ぶこと、夜驚症と言いますが、

「とりあえず、様子見で・・・。」

なんて言われて、

薬なしで帰されるといった感じでしょうか。

 

ちなみに、

 

30Cのレメディーでは、十分ではないですので、

適当にポイポイ与えないであげて下さい。

 

 

個人セッションのレベルの問題です。

 

「夜にキャーッて言う時、何が起こってるの?」

という質問に答えられる子もいれば、

答えられない子もいますが、

幼稚園の年長ぐらいから、

その時間に自分の中で起きていることを

語ることができます。

 

・・・で、それに合わせたレメディーを選ぶという

手順でケアを行います。

 

 

週末にどこかに連れて行って、

思い出づくりなどしても、

上書き修正はされません。

肝心な部分が手つかずなのですから。

 

「様子見で・・・。」

が、年単位で続いている場合は、

ご相談ください。

 

 

 


 

 

 

医師によるホメオパシー個人セッションは、こちら です。 

最新の予約枠は、こちら です。 

お問い合わせ、お申し込みは、 フォーム から。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末のホメオパシーセルフケア講座@大阪

 

12月3日 10:00~16:00

内科医が教えるホメオパシー1日集中講座

 

詳しくは、 こちら

 

 

12月4日 10:30~13:00

子供に使えるホメオパシー

 

詳しくは、 こちら

 

 

{0E325469-379F-4DCA-9140-6CBFE33E91B0}

 

 

「ホメオパシーは、初めてです。」

と、朝に自己紹介した人が、

帰ってからすぐに使える講座です。

 

 

年末の忙しい時期、風邪に時間をとられるわけには、

いきません。

 

子供を2、3人連れて、病院通いの

重労働からも解放されます。

 

 

セルフケアは、始めの一歩が感じです。

 

 

 

 

 

 

最新の予約枠

テーマ:

ホメオパシーの個人セッション は、
初回が2時間で、2回目以降が1時間です。
往診、Skypeでのセッションも行っています。

アイオロジー診断 は、1時間です。

*ホメオパシーの個人セッション、アイオロジー診断は、
東京でも受けられます。

馬喰町のイストビレッジ、
神楽坂のセラピースペースパレット、
になりますが、馬喰町のイストビレッジは、
子連れで利用することができません。

通常の代金にレンタルスペース代金が加算されます。


Skypeによる個人セミナー は、2時間です。

 

 

【 12月 】

 

12月  9日(金)10:00~ 14:00~ 16:00~ 

 

12月18日(日)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

12月22日(木)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

12月24日(土)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

12月25日(日)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

 

【 1月 】

 

1月 6日(金)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

1月 7日(土)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

1月 8日(日)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

1月 9日(月)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

1月10日(火)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

1月11日(水)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

1月12日(木)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

1月13日(金)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

1月15日(日)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

1月16日(月)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

1月17日(火)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

1月18日(水)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

1月19日(木)10:00~ 14:00~ 16:00~ 18:00~

 

 

 

 

 

お問い合わせ・ご予約は、 フォーム から。 

ご希望の日時を、第3希望までお知らせ下さい。

レメディーの使い方だけ話して、

実際の病気に対応できるとは思っていませんので、

こんな話もします。

 

「風邪の時、食べる?食べない?」

 

 

これも、大人と子供とでは対応が違います。

 

子供の場合は、子供に合わせて下さい。

 

 

食べたくない時は、無理強いしない。

基本です。

改善にむかえば、自然と食欲が戻りますので、

回復を知る目安にもなります。

 

 

熱が出ていても食欲が落ちない子はいますので、

食べさせないで治そうとすると、荒れますね。

 

かえって大変です。

 

大人と子供は同じじゃないのです。

 

 

 

12月 3日 10:00~16:00 (大阪)

12月11日 10:00~16:00 (東京)

内科医が教えるホメオパシー1日集中講座

 

詳細は、 こちら をご覧ください。

 

 

12月4日 10:30~13:00 (大阪)

子供に使えるホメオパシー

 

詳細は、こちら をご覧ください。

 

 

 

 

12月14日 10:30~12:30 (関内)

風邪1日講座

 

詳細は、こちら をご覧ください。

 

 

 

 

 

セルフケア講座では、レメディーの話だけをして、

キラキラした目で

「ね、ホメオパシーは、すばらしいでしょ。」

 

 

・・・だなんて、言いません。

 

甘いんですよ、それ。

 

 

こちらも合わせて、お読みください。

発熱、バンザイ?

発熱、バンザイ・2?

 

 

年齢に応じて、いいとされることが違います。

 

小さいお子さんは、汗をかいて高熱を下げようとすると、

脱水になることがありますのでね、

要注意なんです。

 

 

小児科で点滴するようなケースも

少なからずあるようですが、

失敗って人にはあまり言いたくないでしょ。

だから、経験談を目にする機会が無いだけです。

 

ネットの情報って、そうやって偏っていくんです。

 

そのために、「受診した方がいいよ基準」

と合わせて、お伝えしています。

 

セルフケアセミナーのウリは、

フローチャートだけではないのです。

 

 

 

 

 

 

12月 3日 10:00~16:00 (大阪)

12月11日 10:00~16:00 (東京)

内科医が教えるホメオパシー1日集中講座

 

詳細は、 こちら をご覧ください。

 

 

 

12月14日 10:30~12:30 (関内)

風邪1日講座

 

詳細は、こちら をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のどの渇きがないケースに、

もう一つ知っておくといいレメディーがあります。

 

「セイヨウオキナ...」の画像検索結果

 

プルサティーラという植物由来のレメディーです。

 

 

2回連続でご紹介したジェルセミウムとは、

どう区別したらいいでしょうか?

 

 

インフルエンザの流行時期の風邪

インフルエンザにかかって以来、不調

というインフルエンザと関係があるのは、

ジェルセミウムです。

 

プルサティーラは、あまり関係がありません。

 

 

プルサティーラは、具合の悪い時、

いつもより甘えた感じになります。

抱っこを要求したり、

足元にまとわりついて離れなかったり、

めそめそしたり・・・。

 

ジェルセミウムには、あまりこうした

精神的な特徴は見られません。

だるいので寝てる方が楽だったりします。

 

 

「セイヨウオキナ...」の画像検索結果

 

プルサティーラは、

保育園に行き始めたとか

下の子が産まれたといった

環境の変化に伴って、

不調が出やすいお子さんによく使われますので、

子育て界隈では、便利なレメディーです。

 

 

どんな風に痛いと言えなくても、

水の飲み方や、

「インフルエンザが流行している」だとか

「いつもよりも甘えた感じになっている」

というのは、子供のレメディーを選ぶ際に、

手がかりになります。

参考になさって下さい。

 

 

 

 

12月 3日 10:00~16:00 (大阪)

12月11日 10:00~16:00 (東京)

内科医が教えるホメオパシー1日集中講座

 

詳細は、 こちら をご覧ください。

 

 

 

12月14日 10:30~12:30 (関内)

風邪1日講座

 

詳細は、こちら をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

セルフケアでレメディーを選ぶ際には、

「水の飲み方」という、とても変わった点に注目します。

 

 

アコナイトは、トリカブトなんですが、

 

仲間である附子(ぶし)という漢方薬は、

辛みがあって、体を温める性質があります。

 

水の飲み方は、

水 冷たい水を飲みたい。

 

という、辛いものを食べた後の様な状態みたいな

飲み方をすることもあります。

 

 

一方のジェルセミウムですが、

 

水 のどは乾きません。

 

 

このように、水の飲み方に着目すると、

レメディーを選ぶ精度が上がります。

 

 

小さいお子さんなんか、

どんな風に喉が痛いか言えませんから、

水の飲みっぷりが普段とどう違うかは、

選ぶ時に大事なポイントです。

 

 

 

 

12月 3日 10:00~16:00 (大阪)

12月11日 10:00~16:00 (東京)

内科医が教えるホメオパシー1日集中講座

 

詳細は、 こちら をご覧ください。

 

 

 

12月14日 10:30~12:30 (関内)

風邪1日講座

 

詳細は、こちら をご覧ください。

 

 

風邪の季節になりました。

 

アコナイトも、ジェルセミウムも、

風邪によく使われるレメディーです。

 

アコナイトは、こちら

 

ジェルセミウムは、こちら。

 

どちらも植物由来のレメディーです。

 

 

アコナイト は、急な風邪にしか、

効果を発揮しません。

「急な風邪」って

朝昼なんともなかったのに、

夕方から急に鼻水、頭痛、喉の痛みで、

あれ?風邪かな・・・ぐらいの軽い状態に使います。

 

 

ジェルセミウムは、2、3日経ってしまったような風邪

肉体疲労時の風邪

インフルエンザ流行時期の風邪

によく用いられます。

 

2、3日経ってしまった風邪は、

アコナイトで解消しなかった風邪だとか、

旅行先でレメディーが手元にないまま、

2、3日経ったという場合です。

 

子供さんの場合は

「おでかけ、多かったかな。」

って目で「肉体疲労時」を判断して下さい。

 

身近に「インフルエンザで学級閉鎖」ってことがある時にも、

ファーストチョイスはジェルセミウムです。

 

 

「アコナイトとジェルセミウム、一緒に摂りました。」

って、止めましょうね。

レメディーの情報収集は、複数を組み合わせて

行われてきたのではないから。

 

「風邪」MIXみたいな、あらかじめミックスで作られているものと、

単品レメディーを複数同時に飲むことは、

同じではないのです。

 

 

アコナイトがダメなら、ジェルセミウムに変更。

・・・って方が、シンプルでわかりやすいので、

私はその方法でしか、自分も、身内も、クライアントも

ケアしたことがありません。

 

 

風邪1日講座講座では、初めての方に、

ひとつひとつのレメディーを詳しくお伝えします。

朝型美人塾主催の1日講座の中にも、

「風邪1日講座」の内容が含まれています。

 

 

 

12月 3日 10:00~16:00 (大阪)

12月11日 10:00~16:00 (東京)

内科医が教えるホメオパシー1日集中講座

 

詳細は、 こちら をご覧ください。

 

 

 

12月14日 10:30~12:30 (関内)

風邪1日講座

 

詳細は、こちら をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、関内で

「子供に使えるホメオパシー」

を開催しました。

 

 

個人セッションにお父さんも同席というケースが、

ここ1年ぐらいの間に増えているのですが、

講座もご夫婦一緒に受講したいというご要望を、

頂きました。

 

 

時代って、変わるんですね。

 

ホメオパシーを仕事にし始めた13年前は、

ダンナさんは否定的というお宅が大半でした。

 

 

ホメオパシー自体、200年続いていますので、

長い歴史の中で利用者層が変わるのですね。

 

 

その都度気を引き締めて、

新しく興味を持って下さった方に、

お伝えしていこうと思います。

 

 

 

 

 

参加しやすいように、土日、祝日の日程で、

来年早々に企画してみたいと思います。