クラクラな日常~king☆kazumaブログ~

★超人気ソーシャルゲームアプリ「クラッシュ・オブ・クラン」の超充実おもしろブログ。
クラクラを中心に攻略や対戦、スキルアップやゲーム論について書いていきます。
ゲーム内では、クラン名:「悪鬼-akki-」で検索よろしくお願いします(`・ω・´)ゞ


テーマ:
僕が初めてオフで会ったのはガゼルという高校生だった。

クランでも人一倍元気で、チャット内でもひときわ和やかに大騒ぎ。ガゼルが来るとクラン内が明るくなる。現実で見えているわけじゃぁないのに、チャット欄が明るくなるのだ。まさに天然の才能というか、若さというか。


かなりの時間を一緒に戦っていたある日、ガゼルがこんなことをチャットで話した。
「今度、研修で海外に行くんです。成田空港からだから、東京までは新幹線です」
ガゼルは広島に住んでいたのだ。

一週間程度の海外旅行。行きの便は慌ただしいので、「もし会えたら」の条件付きでガゼルと約束した。
「帰りに自由時間が2時間くらいあるんです、着いたらLINEしますよ!」
そう、僕の会社は東京駅に歩いていける距離だったのだ。

そして、帰りの日。ガゼルから帰国のLINEが入る。
「先生が電車を間違えたみたいで、東京駅についてもすぐまた新幹線に乗らなきゃダメみたいなんです!」何だって!?

時計を見ると11時50分。
「何時の新幹線に乗るんだい?」
「12時20分発です」
こりゃ、ダメだ。せっかくお土産を用意してガゼルを待っていたのだが、自由時間がないのでは会いようがない。むう、ここで会えなければ、一生会えないかもしれないぞ? ガゼルは広島在住なんだぜ。でも待てよ・・・新幹線の「入場券」を買えばいいのか。「いま何番ホーム?」僕はLINEでそう聞くと同時にオフィスを飛び出した。ちょっと早い昼ご飯と称して、猛ダッシュ。ああ、今日は革靴やめりゃ良かった。

汗をかきながら定期で駅構内に入る。そして何十年ぶりかに「入場券」だけを買った。「18番ホーム、6両目あたりです」階段を駆け上がり、ホームに向かう。いくらオフで会うと言っても向こうは高校生、こちらはただのおっさん。ツイッターで本人の写真は見ていたのですぐわかるだろうが、何者か怪しまれる。もちろん引率の先生も一緒なわけだ。

「親戚のおじさんが挨拶に来たってことにしておいて」とLINEで送ると同時に、18番ホームに到着、上がった瞬間にガゼルが見えた。ガゼルもこちらに気がつき、思わず二人とも照れくさそうに「やぁやぁやぁ!」と握手をして、お土産を渡し、僕はすぐにその場を離れた。あんまり長くいてもおかしな親戚になるだろう。

そんな一瞬の出来事がクラクラの初めてのオフプレイヤーとの出会いだった。

それから数ヶ月後、ガゼルのスマホが壊れてしまい、ログインできない事態になる。こればっかりは本人の頑張りでしかどうにもならない。しばらくは、「アカウント戻るといいね」とLINEで会話したり、ツイッターでやりとりを続けた。新しいスマホが来たにもかかわらず、他のゲームのデータは戻っているのに、なぜかクラクラだけが戻らない。

サポートセンターにも連絡したようだ。最初はSUPER CELLの日本法人、次にApple日本法人。丁寧な対応だが、うまくいかない。どうやら、GameCenterのアカウントで引っかかっているようだ。たしかにここ一週間ほどガゼルはLINEで「いいなぁ、クラクラやりたいなぁ」とつぶやくことしかできていなかった。ゲームデータは依然、ゲーム内に存在しているから紐づけは可能なはずだが。

うちのサブリーダーから、「あまりに戻って来ないんで、相談に乗ってやってもらえます?」と連絡が来る。ふむふむ、じゃぁ、LINEでゆっくり状況を聞いてみようか。そう簡単に引退させてたまるか。「ガゼル居るかね~?」僕が尋ねる。あの東京駅以来の個人的LINEに続きで、だ。深夜で悪かったのだが、30分ほどじっくり状況を聞かないと、こういうのは解決できない。

仕事柄、気になることをひとつずつ聞いていく。7つめの質問で、僕は閃いた。端末側のデータは、“リライト”されていたのだ。それで、少しググるとやはり、SUPER CELLが最終的には対応してくれるようなので、いまLINEで会話したくだりと、ユーザー名、所属クラン名、以前に問い合わせた旨をもう一度SUPER CELLに送るように言った。「いますぐ書いてみます!」おいおい、深夜だぞ、と思いながら、ガゼルは問い合わせを再度行った。「ということで、追加情報来たら、また一緒に考えるよ」僕はそう言って、二人とも就寝。0時半過ぎだった。

早朝。6時49分にLINEあり。
「戻りました!! よかった! ありがとうでした本当に!」
「あ、マジ!返事来たの?」
「朝起きたら来てました!復旧したのでやってみてください、と」
「ナイス!」
「ありがとうでした(o´罒`o)ニヒヒ♡」

ガゼルが一週間ぶりにクラクラに復帰した。毎日ログインしている僕らにとって、一週間ログインしないというのは、さぞ長かったことだろう。帰って来たガゼルは、さらに元気いっぱいだった。おいおい、来年三年生で受験勉強が・・・って言ってなかったっけ?
「さっそくですけど、兄弟クラン<神童>のヘルプに行って来ます!」
やれやれ、<悪鬼>じゃなくて、<神童>が先か!? 天然の才能というか、若さというか。とにかく戦いが足りないらしい。

これが、僕が初めてオフで会ったガゼルの話である。





※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ありません
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

clashclan(king☆kazuma)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。