クラクラな日常~king☆kazumaブログ~

★超人気ソーシャルゲームアプリ「クラッシュ・オブ・クラン」の超充実おもしろブログ。
クラクラを中心に攻略や対戦、スキルアップやゲーム論について書いていきます。
ゲーム内では、クラン名:「悪鬼-akki-」で検索よろしくお願いします(`・ω・´)ゞ


テーマ:
ちょうどブログを書き始めてから3ヶ月が経った。3ヶ月一度も休んでいない。我ながら、よく書いたものだ、と振り返る。


最初は、設立したクランのルールやイメージを伝えるためのひとつのツールに過ぎなかった。というのも、以前に在籍したクランではゲーム内のチャットと掲示板が主なコミュニケーションツールで、それでもなお、誤解や齟齬があったり、クランリーダーの意思が浸透しずらい状況があった。

その次にお世話になったクランが自クランのサイトと、リーダー自身のブログを持っており、毎日更新ではなかったが、リーダーの性格やクランの個性、スキルの共有も行えた。何より、クランの宣伝になり、続々と新規が入ってくる。まぁ、当然、辞めていく人も増えるのだが、それはそれで新鮮な驚きだった。

またこのゲームでのカリスマ的ブロガーの存在も際立っていて、毎日面白いコラムが読めた。

そんな影響か、自分でクランを作る際に「僕もブログを書いてみよう」と思いたった。ブログなんか書いたこともないのに、だ。しかし、クランには人が全然集まらず、一週間も経たずに解散。グローバルチャットで現在のリーダーに発見され、元鞘に戻ることと相成った。

が、ブログもまだ書き出して、一週間。止めるわけにはいかない。コンセプトはそのままに、現在のクランでの立ち位置を考えながら続けることにした。

2月、全日程更新完了。3月、爆発的にアクセスが伸び、全日程更新完了。ツイッターも開始する。4月、いよいよ悪鬼本体のメンバーや動画を公開開始。企画物の「小説」や「大喜利」も登場した。全日程更新完了。

「それじゃ、カズマ殿のブログを見てから寝ます」

が、おやすみの挨拶になっていた。ありがたいことだ。いろんなメンバーからも、「あれ面白かったよ!」とか「ここ違うから直して~」とかツッコミも入る。

ある一定のPVは出ていたのだが、ある数字を突破できない。仕事でもよくある話だ。そんなときは溜めて一気に出す! そう5月になり、初めて一日で3本のトピックスをエントリーしてみる。

ツイッターのフォロワーが1000を超えた。だが著名ブロガーは2500人の大台を超えているし、人気ユーチューバ―は5000人を超えている。まだ三合目にもたどり着いていない。

いつも自分の村を作るときに参考にしている海外の動画を紹介してみよう。動機は自分の役に立っていたものを共有すれば良いのだ、と単純なことに気づく。

一瞬だった。あっという間に大台を突破。

ではエントリーを5本にしてみたら、どうか?

芸能人ブログなどでも散見されるのだが、特に他愛のない、どうでもよいような内容のエントリーにはしたくない。毎日、毎日、丁寧に1本の作品のように書いてきたブログだ。

それを「質より量」で無駄な駄文のオンパレードにするつもりはない。「アップする以上は誰かの役に立たなければならない、誰かの喜びにつながらなければならない」そう矜持を持った。

そして1日5本のエントリー。少しだけバランスを考えた。1日5食を食べるとして、全部ラーメンだったら飽きるだろう? そして、毎日0時更新のメインディッシュからスタートして、12時のランチ、15時のスナック、17時のスナック、19時のデザートとコースを練り、リアルタイム更新とタイマーをセットにして、アップ。

リツイート、お気に入りがみるみる増えていく。ブログのページが重くなり、17時の更新が上がりにくい。19時になっても上がりにくい、これくらい耐えろアメブロ!

翌日、大台のさらに倍の数字を叩きだすことに成功した。PVがすべてではないが、狙わないとその数字は永遠に出ない。全壊を狙わないと☆三つが出ないのと同じだ。

6月末までの目標はわずか3日でクリアしてしまった。その朝に見た順位はアメブロゲームジャンル「26位」、ソーシャルゲームジャンル「10位」。以前メモしていた最高記録が「144位」と「50位」だから大躍進だろう。

だが、クラクラブロガー界隈の最高峰に比べれば、こちらもまだ二合目に過ぎない。

ゴールデンウィークと称して、2週間、いや作者急病のためと偽って2ヶ月休もうかな、とも考えた。いろいろあって疲れてもいた。ゲームに使いたい時間をブログに割いている矛盾、ブログで饒舌に書く分、チャットに出れない時間が増えるなど、バランスが崩壊しかけていた。

だが、いつも恩師から言われていた言葉を思い出す。

「やるんならトップをめざせ。トップをめざさないなら最初からやめろ」

これはブログだけでなく、仕事もゲームも同じだ。続ける以上は、トップをめざす。そうでなければ、引退した方がいい、それこそ時間の無駄だ。

・・・仕事もそうやって来たから、いまがあるんじゃないか。

これから毎日3本も5本もエントリーするかはまだ未知数だ。ただ、やり方はわかった。もう、ロードマップがなんとなく見えている。それが見えるということは、たどり着けるという「勘」が働いているわけだ。

時間の使い方もうまくなってきた。あとは仕事が忙しくなった際の裁き方くらいだろうか。それに言うまでもなくゲームスキルを上げることは必須だろう。

いずれにせよ、波に飲まれてはダメだ、波には乗るものなのだから。





※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ありません
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

clashclan(king☆kazuma)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。