5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:
$5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

元フージョンコアのIQ、2009年5月27日発売の2ndアルバム「∞」。

DEV LARGEがやっていたEL DORADOレーベルは、SUIKEN、ランチ、BIG-Oなどの強力な面子を中心とした内容の濃い12インチをリリースするレーベルだった。初期の集大成「EL DORADO THROW DOWN」なんかは、FORCE OF NATUREのリミックスも含めて名曲過ぎて何度も聴いた。

そんなEL DORADOも後期になると陰りが見え始めた。FLICKは全然良かったのだが、その原因は間違いなくフージョンコアだろう。凡庸な声とフロウとライミングの2MCが何故にEL DORADOからリリースできるのか当時から全く理解出来ず、その後に続くRICEなんかも含めて、進化するシーンに完璧に付いて行けてないレーベルになってしまった。

そんなフージョンコアのIQの作品を好意的に聴くことなんてなかったので、数年前に出た1stは聴いた事がない。これも俺的にはかなりチャレンジ盤。サウンドを手掛けるI-DeA、DJ WATARAI、DJ KENT、KASHI DA HANDSOME、マイクゲストのMACCHO、Mummy-D、GOCCI、Keyco、ANTY the 紅乃壱、ここでもKASHI DA HANDSOME、これらの面子に釣られて聴いてみたのだ。

5曲目「ハナウタ」は、DJ KENTにしてはストレートなピアノを使ったなぁ。Keycoの歌うヴァースはかなり流麗で素晴らしいがIQのラップは単調でドンくさい。あ、これは最近チャートで流行りの、歌がメインでラップがオマケという手法に乗っ取った曲だ。確かにIQのラップは童子兄さんバリにオマケ感が強く、良く言えば歌の邪魔をしない、刺し身のツマ的な存在ってトコか。

6曲目「KARUMA」は、旧友MACCHOが参加。そういやオジロの1stマキシで、IQとリップ加入前のSUが参加してたポッセカットがあったなぁ…。懐かしい。で、この曲は普通すぎてスルー。7曲目「RUNNIN'」は、かつてのレーベルメイトKASHI DA HANDSOMEがマイクと音で援護射撃。いやしかし、彼の作るトラックはMAKI THE MAGICに通じるようなネタ感の強さがホント打点高いわ。ラップも、ドラムと同じリズムでフロウするKASHI流のトラックへのアプローチがマジ良いね。主役のIQは全く形無し。

11曲目「同期 de 桜」はMr. PowとDJ ANAを迎えた、オリジナル・フージョンコアでの曲。解散して正解だったと誰もが納得できるアレな曲だ。12曲目「黄金の男」は、水戸の重鎮GOCCIが参加。これは、カントリーっぽいギターが哀愁感を醸し出すDJ KENTのトラックが凄く良い。IQのラップもアルバム中で一番マシ…だと思う。GOCCIはいつも通りだが普段から地力が高いので問題ナシ。フックもカッコ良いし、アルバム終盤でやっとまともな曲に出会えた。

全14曲。
さすがEL DORADOブランドを地に墜とした張本人だけあるといったところか。これゲストがいなかったらどうなってたんだろ…。前回紹介したDJ TOSHIと同じくこれもユニヴァーサルからなのね。メジャーレコード会社でここまで寛容なのはここだけだろう。

ゲストに助けられてもマイク2本、いや、2000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。