5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:
5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

1998年7月発売のレゲエコンピ「premium magic」。

GOREとSUIKENの12インチデビューに比べれば話題性は乏しかったが、なんとこのコンピにDABOが初となるソロ作で参加しているのだ。他の参加者はRANKIN TAXI、HASE-T、NANJAMAN、N.G. HEAD、TAKAFIN、ATOOSHAY、JUMBO MAATCHなど、紛う事なきレゲエ人脈ばかりなのに何故かここにDABO。

いや~、しかし当時は嬉しかった。

何がって、DABOのソロを聴ける事がですよ。このコンピもレゲエ系の媒体(当時そんなのあったかな?)などでは宣伝されてたかもしれないけど、俺の情報網には全く入って来なかったし、当時はネットもあったっちゃあったけど今ほど普及していなかったし、好きなHPを見るくらいの使い方しか出来なかった俺には検索エンジンの使用などはハイレベル過ぎた。

故にこの盤をゲトるのも数ヶ月遅れで、WARP誌面でDABOが「サンダーゲートのコンピに参加してるよ」とメチャクチャ小さい記事で発言している事のみを頼りに探し当てたのだ。

DABOはただ一人の門外漢なのに「プレミアムマジック」というコンピのタイトル曲を担う。これがもう、日曜の昼間っぽいユル~いリディムに、シャカの客演で何度も聴いたアノ声が乗っかるんだからタマラナイ。声だけではなく、リリックもライムもフロウも全てがツボなのだ。ちなみにフックで男性シンガーが歌う「焼け付く日差しが俺達 狂わせる」というラインはBOOWYの「Marionette」から拝借ですね。

正直、他の曲は殆ど聴いてない。ラストのEMI、N.G. HEAD、TAKAFIN、ATOOSHAY、JUMBO MAATCHによる「Shinin' Rain (THUNDER GATE MIX)」は良かったけど、それくらいかな。あんま日本のレゲエって聴かないんだよね。

まぁ当時の俺にはDABOの1曲だけでこのアルバムの価値はあった。
マイク4本、いや、4000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。