5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:
先週は色々と忙しくて、全く更新出来ませんでした。今日からボチボチ再開しようと思います…が、ドラクエ買っちゃったのでまた危うそうです。とりあえず、ニトロシリーズの続きを…。

5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

1999年7月リリースの12インチ「SZ BURNING」。またまたシャカがニトロをフックアップしてくれた。B面に収録の「64 BARS RELAY」だ。

文字通り64ヴァースをOSUMIとヒデボウイに、DABO、XBS、SUIKENの3人を迎えた5MCで駆け抜ける。遂に来たHELMET、いや、XBS。正規のレコーディング曲だとこれが最初なハズ。

こういうマイクリレーものだと、各々が他のMCに負けないように切磋琢磨し合うのが醍醐味である。一番目立たないと意味がないもんな。

その視点で言えば、DABOとXBSが頂いちゃってる曲だね。第一走者のDABOは出だしに相応しいタイトなライムでサッとキめ、XBSは上手くもなんともないんだけどインパクトはソートーある。リリックにあるように「鳴り物入り名乗る切り札のジョーカー」ってのが正にと言うか、後にニトロに繋がっていくメンバーじゃ最後の男なのでね。DELIとBIGZAMはまだメンバー入り前だし。

いよいよ全貌が明らかになり始めております。シャカはこの時期に発売した2ndアルバムでもSUIKENをフィーチャーしてたりと、ホント彼らのステップアップに大きく貢献したと思う。DABOも「オースミくんはショービジネス界での信用出来る先輩」だと言ってたしね。ちなみにA面の「SZ BURNING」もソートー黒くていかしたHIP HOPなので、是非ご一聴を。

マイク4本、いや、4000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。