5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:
5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

シャカゾンビの衝撃的な客演から数ヶ月、1997年に12インチ「WATER PROOF」を引っさげて最初に動き出したのはGORE-TEXだった。これはA面に「WATER PROOF with INTRO」、B面に「握手で始まり拍手で終わり」の2曲を収録してて、トラックプロデュースはどちらもDJ WATARAI。

A面「WATER PROOF with INTRO」は、with INTROが示す通り、ドラムブレイクの上で、MURO、TAKE-G、DJ VIBRAM、DEV LARGE、MASAO、飛葉飛火、MR. ITAGAKI、雷、シャカゾンビ、ライムスター、MACKA-CHIN、SUIKEN、S-WORD、DJ WATARAI、D.O.I、DJ MAKI、などの盟友に向けてシャウトを送るイントロから始まる。ライムスターは何か意外な感じだったけど、もっとヘッズが気になったのは「あれ?DABOは?」でしょ。まぁ言い忘れって事にしとくか…。肝心の曲の方は、トラックもラップも案外普通で肩すかしをくらった感じだったな~。これまでの客演でGOREに感じてた魅力が余り詰め込まれてない気がした。

B面「握手で始まり拍手で終わり」は、人との出会いの大切さをテーマにしたリリックは悪くないが、これもトラックもラップも案外普通。もっとフリーキーな感じかと思っていただけに、パッとしない印象だけが残ってしまった。GOREを絶賛していた親友のムーくんも、「これはガッカリだ」とか言ってた。

5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

で、翌年の春にこのジャケでCD化された。当時はアナログ至上主義が日本のB-BOYに蔓延していたし、12インチも買ってたのでCDはけっこうスルーしてたんだけど、裏のクレジットを見たら「握手で始まり拍手で終わり」のREMIXが入ってんだよねコッチは…。

まぁREMIX1曲の為に1600円くらい(3曲でこの価格設定!)もするCDはさすがに買えなかったが、REMIXだけアナログ切られたので結局そっちを買った。A面が曲、B面がインストで1300円という、これまたぶっ飛び価格だったけど。

「握手で始まり拍手で終わり (REMIX)」は、オリジナルと同じくDJ WATARAIがトラックを手掛ける。不規則に飛び交うSEと強くなったドラム、更にラップも録り直しており、オリジナルよりもカッコ良いじゃん。本人も最初の出来に不満だったのかな。

全2曲+REMIX。
今から買おうと思ってる諸兄は、12インチを2枚も買わずにCDを買う事をオススメする。どうしてもインスト欲しいんならアナログも止めはせんが。

取り敢えず切り込み隊長となったGOREの特攻(ぶっこみ)は成功だったとは言えない結果に終わった。まだソロ作は早かったか、的な感想がストリートを席巻してた…な。

REMIXで何とか盛り返してもギリでマイク2.5本、いや、2500VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。