5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:
5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

2003年発売の1stアルバム「ONE」。KOINUはボーカルのJANGEL、ギターのJUN、ベースのOKU-CHAN、ドラムのFUTCHの4人からなるバンドで、ラップグループではない。

しかしこのバンド、ボーカルのJANGELは古くはTHE GREENZ、最近ではT.H.C.CREWといった えん突つファミリーとして活躍するMCであり、JUNとOKU-CHANはDJ クワイエットストームとの消音鬼での活動もご存知の方もおられるだろう。JUNとか書いてっけど、バジュンさんは(そんなに直ではないが)俺の先輩でもある。

1曲目「INU BAKUON」、2曲目「DR.DOG」、5曲目「FIGHT OR FLIGHT」で聴けるような、重厚なサウンドにフリーキーなJANGELのラップが絡むのがKOINUの基本スタイルだが、彼らの音楽をミクスチャーという簡単な言葉で片付けるワケにはいかない。それは4曲目「WOW SEIJIN」のように、違った表情を見せる楽曲においても心の臓はブレていないトコロが大きなポイントだろう。幻想的な世界観を演出しているこの曲は、リズム隊のこれまでの遍歴では想像できないほど優しい音に溢れており、JANGELのラップも呼応するかのように詩的だ。シンゴ2や降神あたりが好きな諸兄ならばスンナリと入れる曲じゃないかな。

6曲目「NEKO DAMASHI」は、7分強にも及ぶラストナンバー。ここでのJANGELのラップは、えん突つ関連の作品では聴く事のできないような魂の叫びを吐き出している。曲の長さからいって、徐々に音のテンションが上がっていくのだが、JANGELはそれぞれのオケに裸でぶつかっているような印象を強く受ける。これは是非ライブで体感したい曲ですな。

全6曲。
ミニアルバムかってなくらい曲数が少ないが、音の系統からして これくらいでちょうど腹は満たされる。ジャケやブックレットのアートワークも含めて、バンドの世界観を強く打ち出した一作目は、油断しているとガブリと腕に噛み付かれて離れなくなってしまうだろう。

マイク3.5本、いや、3500VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。