5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:
お久しです。やっと仕事も落ち着いたので、ボチボチ更新できそうです。

5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

で、今日は脱線3の1997年12月発売の3rdアルバム「DAS BACK AGAIN」。専門学校1年の時にリアルタイムで聴いてたなぁ。確かスカイラーキンの第2弾リリースだったはず。

1曲目「DAS THE MIC 1997」は脱線とシンコとの共同プロデュースで、LBの盟友TAKEI GOODMANをMCとしてゲストに迎えた1曲。オールドスクール風味のエレクトロビートに乗っかるBOO、ロボ宙、KING 3LDK、TAKEI GOODMAN、どいつもこいつも聴いててニヤリとなるクラシックスタイルのフロウ&ライミンで楽しくなる。当時の麻雀仲間だったトミーがいつもアディダスの3本線ジャージを履いていたので、麻雀中にこのCDかけてて「ヘーイ、イモジャージ」のラインが流れると毎回みんなで笑ってたという、思い出深い曲。

2曲目「ホイ on the STEEL」は、KING 3LDKのお笑い気質とターンテーブリズムが炸裂!無理にお笑い要素を楽曲に詰め込んでいた1stの頃に比べると大幅な飛躍じゃね? 3曲目「アディダフスキー」は1曲目を凌ぐ、もろエレクトロなピコピコサウンド。矢継ぎ早に掛け合う2MCはけしてスキルフルではないがオリジナル。いちおうクリスマスソング…なのかな?(笑)

4曲目「11pm」はBPM遅めのスペーシーな宇宙サウンド。東西4なる謎の名前がプロデュースでクレジットされてるけど、脱線の3人と この曲のエンジニアのイリシットツボイ氏を合わせた4人の事じゃないかと勝手に思っている。ピッチマイナス6くらいで擦られるパブリックエネミーNo.1あたりが特にね。5曲目「仲間意識自由型 (f2=3D+WON)」は、AKEEM the DREAMを迎えたフリースタイル調のラフなシット。

6曲目「DUB THE MIC '97」は、1曲目のダブミックス。スクラッチで四街道のDJ KENTが参加。7曲目は「11PM」のインストだけど、何故かクレジットされておらずボートラ扱い。まぁでも一番インストで欲しい曲をちゃんと入れてくる辺りリスナーの心を解ってらっしゃる。

全7曲。
お笑い→Gサン→エレクトロと、アルバムを出す度に様々なカラーを見せてくれる脱線3。翌年のエレクトロコンピに収録された「ディスコマン」のクオリティの高さを聴く限りじゃ、もう少し長い尺でこのアルバムも聴きたかった。

惜しむべくはこれがグループとしては最後のリリースとなり、ロボ宙はスチャダラと行動を共にし、BOOは蟹BASSとして更に深いエレクトロの世界へ、KING 3LDKはミックステープのリリースやトラックメイキングに傾倒していく。今でもリユニオンを待ってる好きモンもいるって事だけでも伝わんねーかな~。

マイク4本、いや、4000VOLT。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。