5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


2007年発売の1st CD-Rアルバム「ローライフ」。裏ジャケに「37/100」とナンバリングされてるって事は、100枚しか作ってないのかな。どれだけ流通してないんだよって感じ。

そもそもMCオバなんて全く知らない。名前も聞いた事ないし、フライヤーで見た事もないのだけど、高円寺の円盤でたまたま見かけたこのアルバムが¥1,000ってのと、円盤にあるCDはチャレンジしたくなる何かがあるので買ってみた。ジャケがダサすぎてちょっと悩んだけど。

ライナーから、静岡のMCという事と、オケは有りモノまんま使いという事は解った。ラップは、サイプレス上野とだるまさんを足して2で割った感じというのが、非常に的確な喩えではないかと思う。

1曲目のイントロを経て、2曲目「MC OBBAからの挑戦状」は、スチャダラの「Get up and Dance」で始まり、MACEO & The MACKSの「CROSS THE TRACKS」使い!「俺は静岡生まれ、ハードレイン育ち、ベルボトムはいてる奴はだいたい友達」というラインは好き。掴みは悪くないね。3曲目「ただの中毒」では、ケータイやミクシィに依存する若者の現象を切っていく。さらにはタワレコ、アマゾン、YouTube、Google、ブックオフ、iPod、などなど、色んな中毒患者に警鐘を鳴らす。俺ほとんど使ってるな…。

5曲目「金っきゃねぇ!」はビブラストーンのカバー。日本のシーンでも亜流の存在だったビブラストーンをカバーするトコもアレだけど、この曲って今聴いても色褪せてないのな。6曲目「悲しみ 2 SHY BOY」はヘタレ系のラブソングだけど、うしろ指さされ組の「バナナの涙」を声ネタで挿すのはヤラれた!この人、年近そうだな。7曲目「給料日の夜 ~平成 PAYDAY終わらぬパーリー」は、シェリル・リンの「ガットビーリアル」使いのダンスナンバー。これもリリックはちょっとヘタレ系の男子が主役だね。

全8曲。
前述の通り、サイプレス上野とだるまさんを足して割ったようなラップスタイルのMCオバだけど、自然とそうなったというより、色濃く影響を受けている感じが否めない。自身の日常のハスリングライフを取り扱うトピックが蔓延している今のシーンで、こういうくだらない日常を歌い上げるMCは嫌いではないので、更にオリジナルを模索して欲しい。ベクトルは全く違うけど、姿勢はキリコなんかを見習えばな~。リリックも、「ワイルドファンシー妄想同盟」、「イザベル」、「カネデカワレタカゴノトリ」、「PAYDAY」、などとLB好きを公言するのもいいが、それじゃいつまでもインディーズのままで終わっちゃうよ。着眼点やオケ選びにはセンスを感じるのでマジでガンバ!WENODにすらCDが置かれていない現状も良い!

期待も込めてマイク4本、いや、4000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。