5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


シャカゾンビの2001年発売のミニアルバム「GET ON DA TRACK」。ロック勢との距離の取り間違いっぷりや、洋服で大儲けなどの要素が積み重なったからか、今やすっかりシーンとは決別したような感すらあるシャカゾンビ。もう本業がラップじゃないから本人達も別に気にしていなさそうだけどね。

このミニアルバムが出た当時も、スデに俺の周りにシャカゾンビのCDを金出して買うヤツは皆無に等しかった気もする。「オマエ、まだそんなの聴いてんの?」的な、ちょっと上から目線な対応されたりして。

イントロから始まり2曲目「RIGHT HERE」。電子音メインの打ち込みトラックは今聴いても自由度が高くてイケてると思うんだけど、シャカがシーンから阻害されてたのって、こういうトコなのかな。もしそうなら全くお門違いな気もするな~。OSUMIのラップが下手いから、とかなら解るけど。3曲目「カモフラ (Barak REMIX)」を手掛けるのは、天に召されてからの評価もうなぎ登りな Jay Dee!神秘的な感覚を漂わせる浮遊ビートは流石。ゲストのS-WORDは、相変わらず意味の解らないリリックの羅列だが、声やフロウでキャラは立っているからこれで良いのか。

4曲目「FIRST TOUR」は、アルバムのリードシングル的な立ち位置で、NIPPSをフィーチャリングした1曲。大怪我以来の共演となるシャカとNIPPSだが、そんなにNIPPSだけが浮いては聴こえない。ツッチーの聴かせる洗練された打ち込みビートの中で上手く融合できている。後半の遊びも良い。5曲目「RIGHT HERE (DJ WATARAI REMIX)」は、2曲目のリミックス。これはハイファイ過ぎて、俺はちょっとダメだな。この当時って、クラブでもこんな音がしょっちゅうかかってた記憶がある。

6曲目「copies」は、5曲目の耳鳴りを洗い流してくれる、壮大なヴァイオリンも気持ち良いインスト作。7曲目「カモフラ」は3曲目のオリジナルVer.で、Jay Deeのリミックスと比べると…、なんと全然こっちの方がカッコ良い。リミックスも悪くなかったが、この煽るような疾走感とS-WORDも含めた各MCの乗りっぷりは間違いない出来映え。OSUMIも久々に良いと思えた。っていうか、ツッチーヤバいなぁ。

8曲目「FIRST TOUR (Kubota,Takeshi REMIX)」は、クボタさんのリミックス。シャカとクボタさんの絡みはナチュラルから出た1stシングル以来だったし、元々これが聴きたくてこのCDを買った気がする。内容は、もうイントロから飛ばされるクボタサウンドの嵐。オリジナルVer.も良いから、インスト付きでオリジナルVer.とのAB面で12インチ切れば良かったのに。高騰してたぜ~。9曲目「EXIT (OUTRO)」はエレクトロニカで、ボートラはちょっとやり過ぎで五月蝿いかな。

全10曲。
この時期のツッチーの好みが全面に出た感じ。所轄HIP HOPトラックとは一線を画し過ぎたか、購入当時は余り聴き返す事が少ないCDだったけど、今聴くと全然悪くない出来映えにちょっと驚き。ZEDZが手掛けたジャケもサウンドの電子音化を象徴しているようでハマっている。

MCの2人は相変わらずで、OSUMIは殆どの曲で同じリリックを使い回しているんじゃないかと思ってしまう程、どの曲も内容がなく耳に入って来ない。シャカは、出自がECDやキミドリのカンフュージョン上がりだから、もうちょっと面白い事が言えても良いんだけどな。初期の変態リリックの頃のOSUMIは好きだったのに。ヒデボウイは可もなく不可もなく。96、7年はフロウ巧者とも言えるMCだったけど、進化してないんだよね。このアルバムからHIP HOPを感じないのは音のせいではなく、MC2人の罪かも。

ツッチーは頑張ったけど、マイク3本、いや、3000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。