5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


2002年3月発売の2ndアルバム「Keep on Movin' 2」。まだここまでは、リリース前の95年~99年にライブで演っていたリリックのストックも多くあったのだろう。多くの客演などもこなしていた上に、短いスパンでの2ndリリース。ファッションブランド「GKM」も立ち上げ、順風満帆なマーヤン。2008年の今現在から見ると失脚前夜といった感じで、少ししんみりした気持ちになるが。

アルバムの参加プロデューサーは、BEN THE ACE、DJ YAS、DJ PAT→504、MURO、KEN-BO、MACKA-CHIN、DJ MISSIE、etc…。相変わらず製作陣は豪華で、伊達に長くシーンにいるわけではない事を示す。

1曲目「Set Up Okay」はマッカチン制作のトラックで、「コバヤシ」というワードプレイが繰り広げられるイントロ。続く2曲目「ハラキリヤバシ」はDJ YASビートで、正にYAS印満載の極上ピアノループが展開される。しかしそのビート上で、「バウンス跳ねなバウンス跳ねな♪」というフックは如何なものか。この頃(2002年)って、みんなアホみたいに連呼してたけど、チェケダー!や、キーポーン♪みたいなもんかね。馴染めなかったな~。ちなみにこれの12インチ収録のリミックスは、ピアノの音を排除したミニマルな造りで、上モノがない分ボトムの音が協調されてて面白い。こっちも機会があれば聴いてもらいたいが、マーヤンの12インチなんて誰も持ってないってか。

4曲目「LISTEN TO…」は、BEN THE ACEのプロデュース。BEN THE ACEもいつも良いビートを作るな~。けっこうアンダーレイテッドされてるトラックメーカーじゃない?この曲は昔からお馴染みの、「俺がG.Kだマジよく聴っけー!」のアレです。6曲目「一夜 -No Touch Ace-」は、MUROが手掛けるお洒落トラック。スゲー耳心地の良い、彼のDiggin Iceにでも収録されそうなトラックで、インスト欲しいなコレ。

9曲目「DELUX RELAX」はアルバムの中でも異色を放つフロア向けな1曲。雷の若手2人、SHINNOSK8とD.Oをゲストに迎え(今回ゲストはこの曲だけ)、これも12インチカットされた。出だしからのタイコの連打とヘナチョコホイッスルもヤバいが、シンノスケさんのラップが短いヴァースながらも、かなりカッコ良い。ミッシーの擦りも気合い入りまくり。11曲目「言い分2002」は、DJ KEN-BOとの「俺の言い分」を再びKEN-BOとのタッグでリメイク。まぁ、オリジナルの黒さには届かないけど、健闘した方かな。14曲目「GREAT KNOCK-OUT (DJ TOSHIKI REMIX)」は、前年に出したシングルのリミックス。いかにもリミックスって感じの仕上がりだけど、オリジナルとは全く違った不思議ちゃんトラックが面白い。

全14曲。
用意されたビート群はピンキリだが、またそこに乗っかるマーヤンのラップもピンキリ。まぁ、2度と聴けない内容ではないが、何回も聴きたくなるアルバムでもないかな。もう少しゲストを迎えていればまた違ったかも。そういや、マーヤンはあんまり無名の若手のフックアップみたいな事はしないね。ラッパーでもトラックメーカーでも。

まぁ平均点は取れてるから、マイク3本、いや、3000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。