5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


95年にバッドニュースから出されたコンピ「悪名」。これまた昨日の「HEY! YOUNG WORLD」と同じく雷のみの音源が入ってるわけではないが、RINO、TWIGYのソロ作を収録しているし、ジャケのタギングはパトリック作と、大きく雷が関わっているコンピレーションだ。

1曲目「もうひとつの世界」からRINOの出番。証言に代表されるように、この頃のRINOのカミソリみたいな切れ味は1番手が似合いますな。最近こればっか言ってるけど、ホンットに、この頃のRINOはキレッキレ過ぎてヤバ過ぎる。3曲目はRAPPAGARIYAの「ヤバスギルスキル」。まだ表記がラッパ我リヤじゃないのな。基本的に走馬党は受け付けないタイプの俺だが、この頃は殆どの日本語RAPに手を伸ばしていた為、この曲は聴き馴染みがある。後にライフワークとなる「ヤバスギルスキル」シリーズの第1弾。プロデュースはインドープサイキックスからNIK-BOとD.O.Iの2人。そういやPart 2もKENSEIのプロデュースだったけど、我リヤはインドープと絡んでる時までが一番良かったなぁ。クルー内のトラックメーカーに問題があるのかもね。しかし当時は違和感ゼロだったけど、今考えるとインドープと我リヤって凄く両極端な組み合わせだな。

4曲目「ガンジ」は、DJANGOなるグループ。この悪名シリーズのコンピの発案者でもある萩谷氏がいたグループで、悪名シリーズ以外だとユニバーサルAPEのコンピ(これも良曲!)と、MCの雷太のソロ7インチ以外には余り音源は聴いた事がない。テイストは違うけど感覚的には、GAS BOYSやキミドリを彷彿とさせるいなたい連中で、これもアルバムまで辿り着いて欲しかったグループの1つだ。5曲目NAKED ARTZの「NAKED ARTZ」は、PETE ROCKのパクリのようなトラックが聴いてらんない。いやネタを盗んでるとかじゃないんだけど、何か…聴けば解るという説明もなんだが、ホントに聴けば解るとしか言えない感じ。あ~、俺、TONKダメだ~。

7曲目「飛んで火にいるWACK M.C.」をキックするHILL THE IQの名前を聞いたのはコレが初めてだった気がするが、フィーチャリングにZEEBRAのクレジットを見つけたので聴く前からある程度は信用していた。昔はそれくらいフィーチャリングに表記される名前は重かった。気になる内容は普遍的なワックMCモノで、客演のZEEBRAに主役の座を持っていかれてHILLのRAPは地味で退屈に聴こえるが、後のTHINK TANK一派にも通ずるようなスモーキーなRAPはオリジナルスタイルだった。9曲目「地下室」は、キックのMCUがやっていた事で有名なRADICAL FREAKSの1曲で、キミドリの「大きなお世話」でも共演していたMC JOEをゲストに迎えている。この頃のMCUは良い。今のオカマ野郎に成り下がったMCUの作品はレンタルでも借りる気にならないが、怪物ランドのプリンスだった当時の気持ちを忘れないで欲しかった。

10曲目はTWIGYの「AN-CHO-VY ~百鬼夜行」。これまた1曲目のRINO同様、この頃のTWIGYにハズレなし。ローなトラックでも縦横無尽にフロウし、そこにグルーヴを生み出す力量は凡庸なMCでは何年かかっても到達できない領域。95年にこれだもの。マイクを置きたくなった連中も多かっただろう。

全11曲。
やはり白眉はRINOとTWIGYのソロ曲であり、当時の雷がゴロゴロと稲光りを光らすタイミングを伺っている空気感をパッケージングしている。そればかりか、さんピン前夜のシーンの担い手たちの楽曲が多く収録されている点で見ても歴史的な1枚だ。個人個人のソロ作がなかなか出せない状況下にあった当時のシーン事情では、こういったコンピレーションは熱心なヘッズの情報収集ツールとしても大いに機能していた。今ではストリート流通のMIX CDなんかがその役目を果たしている事に鑑みると、時代は変われどヘッズのディグスタイルはさほど変わらず、ってか?

マイク4本、いや、4000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。