5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


証言書いたら自分の中で雷が数年振りに上がってきたので、しばらく雷関連いきます。コレは95年に発売された「HEY! YOUNG WORLD」というオムニバスCD。特に雷の音源しか入っていないわけではないが、TWIGYやG.K MARYANのソロ曲を収録しているという、VORTEXの諸作品や悪名シリーズと並んで、当時の雷を知るには重要な1枚。

1曲目は、NAKED ARTZの「Take It Easy」。タイトルからしてコモンのソレを連想してしまうが、清涼感のあるトラックという点では やはり似ているテイスト。ネタが一緒な訳じゃないし、これはこれで良いトラックだと思うけど、DJ TONKの作る音っていつも誰かのパクリくさい。サンプリングじゃなくてパクリ。HIP HOP的に言えばBITEだね。

2曲目「けむにまけ」は、出だしから濃厚な煙が充満する。ビートはDJ KIYOもいたC.L MASSIVEのDJ SHU制作。95年マナーに乗っ取ったハーコービートに、ペイジャースタイルの頃のTWIGYが非凡なリリック&ライミングスキルを堪能させてくれる。瓜二つのはねぇ、オリジナリティ~WIGY~♪ラストはYOU THE ROCKの「言っとけ!」から、雷全員(YOU→RINO→MARYAN→DEV LARGE→GAMA→?→TWIGY)で「歩け、悪魔をけむにまけ!」と熱いシャウト。一人誰だか解らなかった…。

3曲目「FREE GREEN ~土地の中の土の記憶~」は、G.K MARYANのデビュー作。今じゃ落ちるトコまで落ちた感のあるMARYANだが、この頃はかなり気になる存在だった。さんピンでブッダのステージに招かれたMARYANがキックしていたのはこの曲の2ヴァース目です。「あんぐりと開いた口を塞ぎにきた、正に君に届くか雷」はカッコ良い入りだな~。その後の雷家族の共通パンチライン、「調子はどうだい、イカレた兄弟」もここで初めて飛び出す。ちなみにTWIGYの2曲目とコレの12インチは、裏ジャケは繋がるばかりか、D.L だい~じゃんのアートワークも秀逸。必携!

4曲目「good time & bad time」はソウルセットの渡辺俊美プロデュースの女のコ3人組。かなりPOPめだけど凄くノリが良い曲。リカとかO.P.DのYUKIのRAPを、ソルトンペパと同じベクトルで聴ける輩にはオススメできる。俺は好き。5曲目は、THREE ONE LENGSの「blowin’ in the wind」。彼らは、LB唯一のレゲエグループ。といってもイケイケなダンスホールレゲエではなく、激ルーディー。ヒラノブラウンの綺麗な歌声とNAMA-ROYの汚い声が凄くマッチングしていて、LBの中でもかなりの注目株だった。1枚のミニアルバムといくつかのシングル、MIXテープ形式のアルバムを残して活動は終了してしまったのが本当に残念だ。フルアルバム聴きたかったな~。

7曲目「め!」はCHAPPIEで、連続レゲエ。こういうダジャレとしか思えない日本語DJスタイルは受け付けない。8曲目は3曲目「FREE GREEN ~土地の中の土の記憶~」のリミックスで、BEN THE ACEが手掛ける。オリジナルも良いけど、俺的にはリミックスの勝ち。ホーン使いが秀逸ですナ。

全8曲。
冒頭にも書いたが雷の単独名義ではないものの、やはりTWIGYとMARYANの楽曲が白眉。当時、雷がシーンにもたらしたファンタジー感は何ボルトだ?やや遅れ(96年)で流れに乗った俺には、95年が1年前の事とは思えないくらい悔やんだものだ。

まぁこのオムニバスは駄曲もあるのでマイク4本、いや、4000VOLT。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。