5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


DJ QUIETSTORMの2001年発売の1stアルバム「Damare」。クワイエットストームは、知っての通り日本在住のアメリカ人。見た目はもろにガイジンさんだけど、クラブとかで近くにいると普通に日本語で会話しているのでビックリするだろう。

この1stアルバムのリリース当時の彼を取り巻く状況と言えば、以前からDJとしてMIX TAPE、CDのいくつかをドロップしていたし、消音鬼といったバンド活動やクリーピークロウルでのリミックスワーク、そして何と言ってもDJ KENSEIとのセッションMIX CDもあり、スデにシーンに名前は浸透していた。

1曲目「Silent Prayer Intro」の煽ってくるイントロから続いて、2曲目「Very Hard」は全編に渡ってスクラッチをフィーチャーした、タイトル通りのハードな仕上がり。初っ端から飛ばし具合が凄いな。4曲目「Beater」も、出だしからガンガン攻めてくる曲。これはアルバムからの先行カットだった。2曲目同様、頭からケツまでスクラッチを多用し、そこに当てはめられた音の数々が痛々しい程に空間を縦横無尽に飛び回る。ラスト1分のエディット具合も面白い。

5曲目「Loaded」で、やっと頭を振らずに聴ける。バッファロードーターのシュガー吉村がギターで参加した、チルアウトチューン。壮大に音が広がっていく感じが好き。7曲目「Rover 2000」は、横断歩道から流れる「通りゃんせ」を含む街の喧噪をベースにしつつ、気がつけばジャズになっている。ドラムの打ち込み方とかテキトーっぽくもあり、計算されてそうでもあり、憎い感じのコラージュ・ジャズ。

8曲目「Suwarou Kana」は、ダウンタウンの松ちゃんのコントとYOU THE ROCKの勉強会をブレンドするという、キチガイ的な出だしも然ることながら、トミーゲレロが奏でるギターもビートに沿っていて気持ち良い。10曲目「Gaijin」は、ガイジンの話し声や笑い声などをサンプリングした和テイストな1曲で、フィーチャーされてるDJ Marzのスクラッチがソートーカッコ良い。これタイトルもそうだけど、曲中で「Beautiful Mt.FUJI」とか言ってんのは皮肉っぽいな。まぁ何年日本にいても、どんなに日本語が流暢でも、クワイエットストームはガイジンであり、そこに彼のアイデンティティはあるのだな、と思った。

11曲目「Nakameguro Mansion」は、彼が根を張る中目黒のテーマソング。ちなみに、俺の職場も中目黒。しかも俺が働いてたショップで一時期、中目黒薬局のTシャツとかスウェット売ってたな~。それにしてもこの曲の何処に中目黒を感じるかは全く解らないが、クワイエットストームから見た中目黒はこういう感じなのかな。ラストは「Unkle, Episode 4」からEpisode 5、Episode 6と続く3部構成。まずEpisode 4は、バイオリンの旋律が響き渡る、どこか崇高な曲。Episode 5は、中盤からのテンションの上がり方がヤバい。キターーー!!って感じのスクラッチ。Episode 6は、擦りも小刻みになり、徐々に終演を迎えていく…。

全16曲。
これまでの彼の集大成とも言える1stアルバムだが、DJアルバムとして申し分ない出来だと思う。DJアルバムと冠を置いたのは、やはりほぼ全曲でフィーチャーされてるスクラッチや、クラブでロングミックスをやるかのようなコラージュ感覚(シカゴでのハウスDJ時代に培われたとの事)、その経験が存分に発揮されたアルバムだからだ。

ただ、聴き手をソートー選ぶ1枚だろう。人によっては、「うるさくて聴けない」という率直な感想も出るかも知れない。攻守のバランスで言うと、今作は攻めが7、守りが3くらいのバランスなので、そこがフィフティーになれば、もっと多くのリスナーの指示が得られるのかも。まぁ万人受けを狙うようなDJなら、ハナからこういう内容にはならないだろうし、俺も聴かないけどね。

マイク4本、いや、4000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。