5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


DJ YASが2002年にトミーゲレロとのコラボレーションでリリースしたミニアルバム「Angler Fish」。UNKLE絡みから、MO WAXのJAPANツアーで知り合ったらしい。ゲレロは3枚目まで聴いてたけど、最近は音楽活動やってんのかな。元々サブカル的な側面で知ったゲレロだったが、その深い音世界にはトリコになったもんだ。

そんなゲレロと、前作「ライト」でディープかつストイックな楽曲を聴かせてくれたDJ YASのコラボ。これは自然と期待が高まるのも仕方がない。

1曲目「STORY TELLING」はイントロダクション。続く2曲目、表題曲の「Angler Fish」は、YASがビートを制作し、ゲレロが演奏するギターとベースをフリースタイルセッション的に乗せた1曲。これがソートー気持ち良い系のトラックで、タイトル通り、ビートという海を回遊する魚をイメージできる。RAPはDELI、ボーカルはHI-Dが担当。DELIはこの頃の危ういハイトーンボイスが非常にカッコ良い。ニトロや自身の1st辺りね。ニトロ2nd以降の声はあんま好きじゃない。HI-Dは色気のある声を出すし、独特なフロウで歌うタイプのシンガーだが、俺は昔から倉持陽一や滝本晃司のように、歌が上手とは言えないがどこかクセのある歌い手が好きなので、彼は興味の対象外になってしまう。

3曲目「子供達に未来を」では、ゲレロはギターで参加。おそらくYASの子供の声と思われるが、前半はずっと子供の声が入ってて、正直邪魔。3分24秒くらいからの展開は凄く良いのに、前半が何回も聴けない。5曲目「Angler Fish Dub (深海MIX)」は、2曲目のダブ・ミックス。ドライ&ヘビーの内田直之が手掛けたこれは、オリジナルを更に深い海底に持っていった力作。回遊魚というより、もうアンコウとかイメージしてしまう。ジャケに引っ張られてるだけかもしれんが。

6曲目「∞」は、ゲレロとのフリースタイルセッションが更に顕著に表れた曲。グルーブ感はアルバムでも随一の出来で、マイクを握るは雷からSHINNOSK8兄貴。シンノスケさん(知り合いじゃないけど、こう呼びたい)はフロウなんかはそんなにスキルフルじゃないけど、文句なしにいつもカッコ良い。声もヤバ過ぎる。DISPEL時代に、DJ YUZEのビデオでキックしたフリースタイルの衝撃も忘れられない。早くソロ名義でリリースして下さい。実は俺、2002年くらいに地元で「NICE CUBE」なるグループで何度かライブやったんだけど、RINOとかDJ TANAKENとかシンノスケさんが来たイベントで前座やった事があるんだよね。新宿で1回話した時にその事を言ったんだけど、覚えておられなかった。。。でも酒飲ませてくれた(笑)

7曲目「FRESH BEAT」は、1stの頃にはなかったタイプのインスト曲。芯はブレてないんだけど、跳ねてます。8曲目「THIS IS A CONVERSATION」はいかにもYASらしいビートだが、やはりゲレロの手が加わる事によって、生の温かみが生まれている。YASの作る音はどっちかっていうと都会的な冷たさを感じる曲の方が多いので、このコラボは新たな一面を切り開くという視点から見ても成功していると言えるだろう。

KENSEI、刃頭といった一筋縄じゃいかないクセ者揃いのKEMURI PRODUCTIONにおいては保守的なイメージがあったYASだが、とんでもない勘違いだった。今回のような楽器演奏者とのコラボや、内田直之のダブ・ミックスのように門外漢とのコラボも果敢に行う姿勢にビガップ。自身の楽曲もネクストレベルに突入させる為には、こういうフットワークは必要ですね。

マイク4本、いや、4000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。