5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


キエるマキュウのMAGICの初めてのリリースはコレ。盟友、DJ TAIKIとのコンビで95年に出したEP「ON THE 1+2」です。リリースは渋谷CAVEのレーベルだった「VORTEX」からで、四街道とかラフィンノーズとか、けっこう色んなの出してたレーベルだったな~。後のガンテツレコードもそうなんだけど、おたのしみ研究所が運営してて、STYLE WARZのビデオとかも俺持ってたよ。

で、このEPはMAKIのプロデュース曲が2曲、TAIKIのプロデュースが2曲で、各曲にMCを迎えているという構成。1曲目「末期症状」は、TAIKIの95年フレイヴァー溢れるドープビーツに、MUMMY-DとZEEBRAを迎えたハーコーアンセム。しっかし、この2人のコンビネーションの破壊力はハンパじゃない。この時期はHASEBEの「アイスピック」や、DOHZI-Tの「流儀」なんかでもよく2人でやっていたけど、どれもクラシックであり、もしこの時期に2人がアルバムでも作ろうもんなら間違いなく後世に残る1枚が出来たと思う。2曲目「午後5時」もTAIKI作で、マイクを握るはTWIGY。ここでもドラムが強めのプロダクションに、浮遊感のある上モノが不穏な空気をかもし出している。ソロになったばかりのTWIGY、つまり「聖戦」や「けむにまけ」辺りと近い時期に作った曲だというのが、声やフロウから感じ取れる。ヤノマ赤い目スタ~イル♪

3曲目「バスドラ発~スネア行き」はMAKI制作のトラックに、MCはMURO。さんぴんCAMPでもキックされた有名な1曲だが、さんぴんでのGORE-TEXとMACKA-CHINを迎えた、あの激しいヴァージョンを期待すると肩すかしを喰らうかも。俺はこっちのオリジナルも凄く好きだけど。4曲目「メモリーレーン・陰」もMAKI作で、GAMAが参戦。3曲目まで、当時のシーンを代表する顔ぶれだったのに、ここでGAMAとは。普通この流れならRINOではないか?と思う輩も多いだろうが、俺は異様にGAMAが好きなので問題ない。WATARAIの荒々しいスクラッチで幕を開け、しっかりとしたドラムが印象を残す攻撃的トラックに、いつもよりブチ切れたGAMAがハンパなくカッコ良い。アナログではこの曲の「高架下MIX」なるリミックスも収録されていて、そっちのレイドバックした雰囲気も良い。

たった4曲+リミックス1曲だが、シーンを代表するMC陣とMAKI & TAIKIの手掛けるクオリティの高いトラックは当時多くのヘッズを虜にした。悪名シリーズにも通じる、95年の地下で沸騰していたこのエネルギーは今聴いても色あせる事はない。

マイク4本、いや、4000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。