5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


昨日に引き続きキエるマキュウで。02年発売の2ndアルバム「マネーメリーゴーランド」。実は昨日の1stもマイク5本の評価でも良かったのだが、この2ndでの成長ぶりと比較したいが為にマイク4本とさせてもらった。

それほどまでに、今作でのマキュウの飛躍はハンパじゃない。前作でも既に確立されていたトラックセンスや独特な言葉選びなどは大いにグレードアップしており、リスナーはもはや「何が飛び出すか解らない」スリルを味わいながらアルバムに接する事ができるといった有様だ。思うにそれは、今作から全面的に制作に参加した、エンジニアのイリシット・ツボイ氏の功績によるモノが大きいのではないか。リリース当時、CQとMAGICの2人も「ツボイくんもマキュウ」、「もうメンバーだね」などの発言を雑誌などでしていたし、俺の認識でもこのアルバムからマキュウは3人組のグループになったとしている。

1曲目「NEXT WORLD」のワンループで、ソッコーNEXT WORLDに連れていかれる。「狂犬病は犬が狂う病気、キエるマキュウはハイになる薬」のラインや、フックのトゥットゥットゥル~♪も良いね。2曲目「ガラスの森」は、アルバムからの2ndカットとなったシングルで、不安感を煽るような壮大なトラックに圧倒される。2人のRAPもいつにも増して男前で、特にフックは気合い入ってます。3曲目「MOZU」は、珍しく女性ヴォーカルをフィーチャーした曲。クレジットがないので名前とか解らないけど、特に取り上げるシンガーではない。

4曲目「ICE CUBE」は、アルバムに先駆けてリリースされた1stシングル。はかないピアノの旋律は、マキュウサウンドの進化を感じるには十分な出来だったし、この12インチ聴いてアルバムが凄く楽しみになったのを覚えている。12インチのみに収録のリミックスでは、上モノを排除したドラムがメインのミニマルな造りで、ハーコー度数高め。5曲目「CHECK」のインタールードを挟み、6曲目「破壊僧」は破壊的なビート。激しい意味での破壊じゃないんだけど静かに壊す感じで、ベースラインが印象的。

8曲目「スマイル」は安っぽい笛の音が、いなたくも悲しい雰囲気を演出。9曲目「MAIL MAN」のカントリーっぽいインタールードを挟み、10曲目「マネーメリーゴーランド」はアルバムのタイトル曲。このサウンドの壊れっぷりや、フックでの2人の歌(下手過ぎて良い!)、BメロのMAGICヴァースからの展開といい、アルバムの中でもかなり狂ってる曲で、ツボイ氏の関与が一番深く感じ取れる。この曲が好きでない人はマキュウは好きになれないだろうな~。

11曲目「大江戸捜査網」はゲストにKOHEI JAPANを迎えた曲で、KOHEIのアルバムでの「夜の狩人」でも絶妙なマッチングを聴かせてくれただけに期待が高まる。しかし「夜の狩人」が名曲過ぎるってのもあるが、2匹目のドジョウはいなかった。残念。12曲目「CANDY GIRL」も狂ったトラック。ちょっと角張ったキックとスネアが、無機質なピアノループに絡む。真ん中で鳴っているエネルギー充電音みたいな音や、CQの「これっくらいの、お弁当箱」のラインで見せる「間」もヤバい1曲。

14曲目「ファーブルチョコレート」は、MAGICっぽいR&Bネタの始まりだが、急に不穏なビートに切り替わるトコロは流石。95、6年のクィーンズ一派にも通じるハーコーアンセム。「俺は死体を愛する趣味はない、嘘じゃない」とか、なんかもう、ね。そして流れるように、ラストの15曲目「DO THE HANDSOME」に繋がる。ノスタルジーさえ感じる哀愁系のトラックに、ゲストのKASHI DA HANDSOMEがバッチリはまっているクラシック!こういう曲も作れるからマキュウは油断ならない。何故にこれをシングル切らなかったのか、とさえ思う。リリックはHIP HOPアルバムには欠かせないPLAYERものだけど、そこはこの御三方。「オマエのアソコに立てこもる籠城犯」、「南京豆ナメナメ」などの素敵なラインが乱発される。

全15曲。
またもほぼ全曲解説してしまった。ツボイ氏が加わったこのキエるマキュウは、中古CD屋で怪しいミドル期のアルバムに手が伸びてしまう輩にはストライク過ぎる内容だと思う。TUFF CITYとかからのリリースが似合いそうな日本のグループなんて、彼らだけじゃない?ちなみに吉祥寺のユニオンで600円くらいで買ったこのアルバムのインストアナログは宝物。

堂々のマイク5本、いや、5000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。