5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


今日は雨の中かせきさんが代官山まで来てくれて、小一時間ほどお話しした。なので、今日もかせきさん関連で、Baby & CIDERの2003年発売の1stアルバム「BACK TO SCHOOL」をご紹介します。

Baby & CIDERは、かせきさんとホフディランのワタナベイビーのユニットで、結成は03年くらいと、もうけっこう前の事なんだね。これ出た当時は一発限りのユニットかと思ってたんだけど、去年も年末に東名阪と、主要3都市でライブしてたらしいし、本人達も案外このコンビがシックリきてるんだろうな~。そしてジャケットにも大々的に書かれてるから解りやすいけど、ジャンルは放課後ROCK。2人が過ごした80年代の歌謡曲をベースに、21世紀のイモ欽トリオみたいなのを作ろうっていう、思いっきり学祭ノリのコンセプト。

1曲目「失恋同好会」から、かせきさんRAPせずに歌ってるけど、このBaby & CIDERのスタイルは、ラッパー「かせきさいだぁ≡」が歌うっていうのがキモ。内容はモテない男子に贈るマスターピース。3曲目「オバケの転校生」は、ユノーセーン?なんて文系ラッパーのかせきさんの口からは珍しいフレーズが飛び出す。パンチライン、「漫画、ROCK、HIP HOPが大好きで~♪」はフロウ込みでツボ。

4曲目「寄り道ベイビー」はベイビー主導の曲で、ホフのアルバムのベイビーソロっぽい音。ベイビーが作ってんだから当たり前だけど。5曲目「ブランニューなことさ」は打って変わって、かせきさんの2ndに収録されてる「午後のパノラマ」にも通じる、哀愁の漂う歌。サビでまたベイビーテイストに戻るんだけどね。存在感あり過ぎ(笑)

6曲目「あぶない☆カリキュラム」は、2人で最初に作った曲らしい。音は、ニューウェイブ風の打ち込みドラムが小刻みで気持ち良い。イエーッ!ボイーーー!って、かせきさん今回HIP HOPですな~。8曲目「席がえの季節」は寂しいね…。席がえにより、好きなコと離れてしまう哀しさを歌った曲。まぁ気持ちは解るっちゃ解るけど、俺、工業高校で3年間 男クラだったんで、リアルには解らない(笑)

9曲目「ヘッドフォンジャック」は、ゴリゴリのROCKトラックにかせきさんのRAPが乗っていく、RUN DMCやビースティーなどの初期DEF JAMを彷彿とさせる曲。しかしコレはちょっと外したかな。もっと青臭い放課後感のみの曲で押し進めた方がよかったのでは?そう、ラストの11曲目「青春フレーバー」のような曲でさ。

トピック的に、HIP HOP畑の人たちは余り触れようとしない学生時代の甘酸っぱい青春時代。もちろんイケイケで光っていた青春ではなく、ちょっといなたい青春。そんなスクールデイズを「ROCK」という形で発散させる30代男2人のコンセプトは、高校も行かずに単コロを乗り回していた連中には届かないであろうが、永遠のティーンエイジャーの俺にはガッチリハマる。更に、ベースとリズムトラックのみの、ベイビーのデモテープで構成されたサウンドのスカスカなチープ感も良い。

マイク4本、いや、4000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。