5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:
イヤね、今日仕事で秋物の展示会やってたんです。俺、服屋なんで。それで先週ひょんな事から知り合いになった かせきさいだぁ≡氏を招待したところ、今日わざわざ来てくれたんですよ、代官山まで。

ジョギングが及ぼすビールの味の向上、金色のMONKEYの美しさ、身内の子供と犬は可愛い、ネットショッピングの便利さ、etc…。楽しいお話を色々と聞かせてくれました。やっぱトークが立つ!

音楽活動は続けており、最近出たばっかりの「いとうせいこう」のアルバムに2曲RAPで参加したとの事。是非チェックせねばですね。



そんな縁もありましたので、かせきさんが98年に出した2ndアルバム「SKY NUTS」をご紹介。以前に1stのレビューをした時は「かせき」呼ばわりだったんですけど、今回から「かせきさん」でいきます。

1曲目の「INTRO」は中華風トラックに乗せて、シスター・カナが中国語でナビゲートしながら、続く2曲目「SKYnuts」がヤバい。冒頭からこのテンションですか。プロデュースはILLICIT TSUBOIで、LOW IQ ICHIや、大高ジャッキーといった、SUPER STUPIDの面々の疾走感ある演奏もGJな、100億キロのスピードで駆け抜けていく曲。これ、スペーシーなPVも必見です。トンネルの中の映像カッコ良い。

3曲目「悲しみの観察日記」は、ワタナベイビー作曲の冷たい音に、抽象的な詞世界が繰り広げられていく不思議な曲だが、癖になる。特にフック時のトラックの高揚感は良い。建ぺい率が下がってく…。6曲目「トロピカルサイダー20000マイル」は、スチャダラのBOSE、ソウルセットの渡辺俊美をゲストに迎えた1曲。タイトル通りの常夏フレイヴァー満載のサマーチューンで、元ネタはもちろんアステカ。そして、BOSEがゲストMCって意外に珍しい。あんまやらないよね。

8曲目「ポップアート」はシングルカットされた、夏の永遠の名曲。ウォンチュウ!の南佳孝との共作となった本作は、当時20歳だった5000VOLT青年の、廃車寸前のボロいアベニールのCDチェンジャーに常にセットされていたし、シャシャミン作のジャケも好きだった。



これです。
インストも2バージョン収録されているので、シングルもオススメ。これはもう、暑くてたまんない日にエアコンかけずに聴いて欲しい。それだけで涼しい気持ちになれる事は保証します。クラシック!

9曲目「ウインド・ブレイカー」は、先行発売されてた1stシングル。当時、かせきさんがハマっていたフリスビー賛歌。今日もちょっとその話したけど、98年当時 俺もかせきさんに釣られて、DOARATのフリスビー買ったクチ。正直、その時はあんまりやらなかったけど、最近は友人と広い公園とかでやってます。風まじりのフリスビ~♪10曲目「急げハリー!!」は、ポップアートのB面。あのシングルを俺が推す理由の一つが、併録のこれですよ。TAKEI GOODMANのKazooも耳心地良い、軽快なポップソング。いいか?HIP HOPというアートフォームに捕われても良い事は何一つないぞ。とか言っとく。

11曲目「午後のパノラマ」もシングルで、かせきさん歌ってます。晩夏でしかも夕暮れだね。日本的レイドバックがジ~ンとくる感じ。しかしシングル3枚も切るとは、この頃のかせきさん勢いがあるね。全部、7インチでも出してたし、ツアーで福岡にも来てた気がする。

全12曲。
1stのレビューでも書いた通り、今作も無理な押韻などのギミックは一切なく、自分の詞世界を頑なに守っている。それに加え、前作よりハジケ具合が増した曲は増え、1つ1つのクオリティも上がっている。良い意味で、前作からそのままパワーアップしたという印象が強い。

今日会ったからホメてるわけじゃないよ。当ブログはblastとは違う。人間関係と作品は別物。ここでは俺の電撃察知脳に全て任せている。それを踏まえた上でも、今作はかせきさん関連ではオレ的最高傑作。

余裕のマイク5本、いや、5000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。