5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


ライムスターのMUMMY-Dと、スーパーバタードッグの竹内朋康のユニット、マボロシの1stアルバム「ワルダクミ」。MUMMY-Dはライムスを離れソロをやるにあたって、「全てMr. DrunkトラックでMUMMY-DがRAPを乗せる」という構想は当初からなかったようで、「新しい事をやらないとHIP HOPが停滞してしまう」という思いが強くあったらしい。そして信頼の出来る相棒とのユニットを選んだ。

1曲目「泥棒」から歪んだギターサウンドが響く。確かにこれまでのライムスのアプローチとは違った音。だが無理してる感は全くなく、ロックというジャンルに余り深くない俺にでも、スンナリと聴ける。フックの「俺の仕事は泥棒~♪」の辺りも、相当ストライクゾーン。1曲目からマボロシサウンドに取り込まれ、耳を泥棒されてしまう。2曲目「Slow Down!」はシングル曲。これも全面的にギター音をフィーチャーした、非常にノリの良い曲。D先生、ナイス新機軸!

4曲目「ファンキーグラマラス Part 2」もシングルカットされた曲。KREVAとの連動シングルだったけど、完璧にこっちのマボロシVer.に軍配が上がる。トラック、RAP、全てに置いて文句なしの名曲だが、特に2分22秒からのKREVAのヴァース、「Dr. Kと坂間Dがギャル連惚れさすライカMAGIC~♪」はビートの抜きも相まって鳥肌モン。

7曲目「ブレーメン」は、CHANNEL、K.I.N.、CUEZEROと、FGの仲間をフックアップした曲。グリム童話「ブレーメンの音楽隊」をテーマにした曲で、それぞれが、ロバ、犬、猫、雄鶏を演じる。ロバを演じるCHANNELから始まり、Dが扮する老いた犬、K.I.Nは生意気そうな猫と、童話のブレーメンの音楽隊の設定は壊さずに上手く役を演じながらもライムしていく3人に脱帽した。そして最後の雄鶏を演じるCUEZEROだが…。これはかなりハマり役!!!イヤ、本当に驚いた。彼のRAPがこんなにカッコ良く聴こえるとは。いつものカッコ付けたスタイルよりも、こういうちょっとおバカなスタイルで はっちゃけたRAPをした方が、CUEには絶対あっている。伸び伸びできる環境を与えると力を発揮するタイプなのか?フック前のヘタクソなラッパにCUEが入れる合いの手もバッチリ!「あ、そりゃどした♪」「吹いてみなホラ♪」とか言っちゃってね。照れを捨てて、こっちの路線で攻めて欲しい。いやホントマジで。

9曲目「廻シ蹴リ」は、BIG DADDY KANEの「Set It Off」のカバー。MURO、DABOという、ファストRAPの達人2人をゲストに迎えて、オリジナルと同じ、あの早いビートの上を3人が一気に駆け抜ける。かなりのスキルがなければ、このスピードでこのロングヴァースはとても走れないだろう。TWIGYとかもやってほしいな、このビート。コレの12インチシングルはかなり入手困難だが、男なら手に入れろ!12曲目「Dear MY Home Ground」は、KOHEI JAPANとFOHを迎えたレイドバック横浜な曲。地元が横浜じゃないので余りピンと来ない。

13曲目「Hardcore Hiphop Star」は、泣きのギターとリリックの内容が化学反応を起こしたクラシック。スターの孤独を延々と綴っていく物悲しい内容だが、そこに悲壮感はなく、あるのは強い男の背中。

 ONにしたままのサンプラー、明日の入りの時間すら、忘れ
 東の空が明るくなる頃、ライム帳抱いて丸くなる俺は…

ラストのフック前の、特にここのリリックにグッと来てしまう。寝転がってイモ食ってるだけじゃ、クラシックなど生まれないのだ。

15曲目「マボロシのほし (Earth-Go-Round)」は、このアルバムでは珍しいメッセージソング。ライムスの相棒、宇多丸の専売特許である社会批判とは違い、思想的に平和を願うが故に、不安な社会情勢や戦争に対する思いをリリックにした感じ。暗いアプローチではない。

全15曲。
ファンキーでサイケなロックをやりたかったとは、D本人の弁。その言葉通りに、このアルバムに収められた曲は全て捨て曲ナシのファンキーでサイケなロックだ。こんなにキャリアのあるベテランが新たな方法を試みて成功しちゃってるんだから、ホント恐ろしい。凡庸な若手はこれ聴くとマイクを置きたくなるかもしれない禅問答。

マイク5本、いや、5000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。