5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


CUEZEROの01年発売の1stアルバム「ZERO」。ご存知の方も多いかと思いますが、BY PHAR THE DOPESTの時のKREVAの相方ですね。

1曲目「CAPITALC」はCUEZEROの声ネタスクラッチでのイントロ。続く2曲目「J.A.P.IN THE HOUSE」は、G.M.KAZ制作のトラックで、彼らしいOLD SCHOOLマナーに乗っ取ったビート。これと同ネタで復刻時のギドラが「トビスギ」という、薬の曲をやってた気がする。ギドラはCUEなんて聴いてないから、ネタ被りも知らないだろうが。

3曲目「TOKYO」はDJ TATSUTA制作。歪んだエレクトロ調ビートが躍動感を生み、「東京」という声ネタをスクラッチしていく展開もバッチリハマっている。6曲目「IN FIGHTER」はMr. DRUNK仕事。何故か家にこの12インチがある。そんなに金に余裕があったのか?手に入れた経過は定かではないが、まぁ、Mr. DRUNKのトラックはOLD SCHOOL調で悪くはない。フックはスクラッチで、Mummy-Dの声ネタ。唯一のシングルなんだからCUEにフック歌わせろよDも(笑)

7曲目「NO JOKE」はKREVA制作。ゲームのような電子音ビートがメインで展開し、ブレイク部分~後半に鳴り響く刑事ドラマ風のホーンも技あり。トラックメーカーとしてのKREVAは好きだな~。9曲目「SEMINAR B」はDJ FUMIYAで、これもエレクトロっぽい。こういうビートが集まりやすいのか、本人が好んで選んでいるのか。10曲目「SEMINAR B PART 2」はその続編で、カセットビジョンの同胞であるINNOSENCEを迎えた1曲。ビートはエレクトロ度を増してBPMは早くなり、全編的に鳴るホーンの音が印象に残る。ゲストのCHANNELのRAPは相変わらず聴き取りやすくて、好客演。

12曲目「UNDERGROUND」は、美しいピアノの旋律がとてつもない早さでループされていく。スキットなんだけど、このトラック好き。14曲目「STYLE OF SURVIVE」はKREVAトラックで、12曲目に続きピアノがメインの展開。しかしここでのピアノは先ほどとは違ってかなり力強い弾き方をしており、その力強さの中に美しい旋律も見え隠れするという、非常に抑揚の付いたトラック。力作ですな。ラストの16曲目「ENDLESS EPISODE」はアウトロなんだけど、不穏なトラックでの締めくくりというのが良いね。

全16曲を聴いたが、CUEZEROのRAPを上手いと1回も思えなかった。レビューも全曲、トラックにしか殆ど触れれなかったのもね…。さすがキック結成時に声が掛からなかった?だけあるというか、変化のないフロウ、垢抜けない声、リリックのトピック、etc…。俺も昔RAPやってた時、相当ヘッタクソだったので愛着は湧くが、売り物として出すCDでこれはどうなんだろう?集まったビートはそこそこのレベルのモノもあっただけに、なおさら残念に思う。クルーのお荷物にならない事を祈るくらいしか俺には出来ない。

トラック4本、RAPマイナス2本、計マイク2本、いや、2000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。