5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


RHYMESTERの弟分、MELLOW YELLOWの1stアルバム「MELLOW YELLOW BABY」。発売は95年と、意外にけっこう早い事に気付く。メンバーは、MCのKOHEI、K.I.N、TAMAと、DJのGZ-JAYの4人。

アルバムのサウンドは、DJ GZ-JAYとMUMMY-Dが殆どを占め、EAST ENDのYOGGYと、COOL SPOON(!)も1曲ずつ提供している。その為かアルバムには統一感が非常に出ている。ファーサイドからの影響を全体的に感じるが、けして悪い意味ではなく本人達も意識的に打ち出しているように思える。トラック、フロウ、スタンス、etc…。K.I.Nのハイトーンヴォイスにイマーニを思い起こす人も多いだろう。

1曲目「INTRO」は赤ちゃんの泣き声に、ピアノが絡むイントロ。続く2曲目「MELLOW YELLOW BABY」はCOOL SPOONの演奏曲。笹沼氏のベースが好きな俺には、出だしからたまらんご馳走です。3曲目「JINGLE JAM #1」はスキットだけど、非常に心地良い出来。これはKOHEIのソロで、このアルバムでも#2、#3と各MCが展開。

6曲目「ダウト」は、日常に蔓延る嘘を糾弾する曲。でも全然重いトピックではなく、約束を忘れてた事や、遅刻の言い訳がテーマ。声ネタにRHYMESTERの「口から出まかせ」のHABのパンチライン、「ご冗談もお兄さ~ん」を使用するセンスも憎いし、フック部分ではホーンが鳴り響く中、若き日のリップのRYO-Zが叫ぶという好演出。

10曲目「PIZZA & COKE」は、Mr. Drunk制作のチルアウトチューン。煙たいクラブでの野郎率90パー超えのパーティーではなく、昼間にピザとコーラで開かれるパーティー模様がここでは綴られている。無理にセルフボースティングする必要なんてない、等身大の自分達を題材にするところはRHYMESTER譲りだろうが、この曲での彼らは兄貴分を超えてしまった。特にK.I.Nのダメ男リリックはそれが顕著。ラストのDJ KIYOのスクラッチも冴えているし、マジでクラシック!

11曲目「SURE SHOT」はFGの末弟、RIP SLYMEをフックアップしたラジオ仕立てのファンキーな1曲。プロデュースは同門のYOGGY。KOHEI、K.I.N、TAMA、RYO-Z、イルマリ、PES、それぞれ短いヴァースだが、スピーディーなマイク回しが疾走感を生んでいる。PESの声は、今より鼻につき若さを感じるが、そのポテンシャルは他のメンバーより頭一つ抜けている。2曲連続だけどクラシック!

このアルバム後、12インチを2枚出して、しばらく彼らはシーンから姿を消してしまう。KOHEIは日本料理人、K.I.NはCGデザイナー、TAMAは脱退しRAPを辞め、GZ-JAYはAzzurroと名を変え、DJ活動やトラック制作にベクトルを向けて脱退、グループは活動停止…。個人的に好きなグループだっただけに、当時は非常に残念だった。

KOHEIが名前にJAPNを冠し、ソロで戻ってきたのが2000年、再びK.I.Nと手を取り新しいDJを迎えて復活するのが2001年。それらの作品も非常に内容充実の良作だったが、RHYMESTER ALL STARSの3軍だった、オリジナルメンバー揃い踏みのMELLOW YELLOWはこのアルバムでしか聴く事ができない。そこもファーサイドか(笑)

高2の時から数えて13年、1度も手放してないアルバムだもの。
当たり前のマイク5本、いや、5000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。