5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


スチャダラ、95年発売のリミックスアルバム「サイクル・ヒッツ」。これは参加メンツが面白い。国内からは、小山田圭吾、金子飛鳥、GAS BOYSのバリK~ん、ILLICIT TSUBOI、バッファロードーター、後のAPE SOUNDSとなる高木完&K.U.D.O、暴力温泉芸者の7組。対する海外勢は、DJ PREMIER、DJ MILO、BUCK WILD、NO I.D.、PETE ROCKの5組。海外はけっこう本気メンツになってますね。

1曲目「今夜はブギーバック」の小山田圭吾Remixは、オザケンの歌部分を自分が歌っているだけで、音は殆ど(何も?)弄っていない。当時、元パーフリの2人の不仲は定説だったけど、これは悪趣味。2曲目「彼方からの手紙」のRemixはバッファロードーター。オリジナルの世界観に引っ張られる事なく、自由にやってて良い。ただ、この曲だけ何故か音がデカいんだよね、前から思ってたけど。

3曲目「クラッカーMC'S」はプリモWORKSだけど、何だコレは?全っ然、オリジナルの方が良い。グルーヴ感が失われてる。残念。7曲目「ヒマの過ごし方」のBUCK WILDも同様に、オリジナルを超えれていない。無類のD.I.T.C.好きの俺でも、贔屓目ナシに断定できてしまう。この時点で2大巨塔が墜ち、失望感が募る…。

起死回生は、8曲目「Little Bird Strut」のILLICIT TSUBOI氏。95年当時、ここまでローファイ感を強く押し出したトラックが他にあっただろうか?ツボイ氏のタイムレスっぷりに驚かされる。しかもこの曲、せっかくLB全員のポッセカット物なのに、リリックもコラージュしてて、まともに聴けるヴァースがないのも凄い。更に「つるみの塔、結局何にも見えやしない、捕われの小鳥」と、かなり悪フザケ的なコラージュに「LB インザハ~ウス」のフックを被せるという荒技。シメは「あの夢から覚めたのは…」でズバッ!
ツボイ氏から、LBへの禅問答だなコレは。

10曲目「彼方からの手紙」はPETE ROCK。合いの手入れてるのはC.L.SMOOTHなんだろうか?コレは非常に95年ライクな仕上がりで悪くないが、せっかくRemixするならもうちょい遊んで欲しかった。2曲目で同曲をやったバッファロードーターの勝ち。

続く11曲目「0718 アニ ソロ」は、暴力温泉芸者のRemixだけど、コレはマジでヤバい。良い意味で。ヒューマンビートから始まり、昔話レコードっぽい声ネタに時代劇風味の上モノ、RAPヴァースは急に緊張感のないビートに変わったかと思えば、チャンバラのSEと変な歌声が響き、ブレイクでまたもや昔話レコードが前に出てくる。更に6分を過ぎれば、ノイズという名のカオスに連れて行かれる。

…これってシラフで作ってんですか!?的な仕上がり。Remixってのはこうやるんだよ!と中原氏が言っているかのよう。今回のアルバムはツボイ氏と中原氏の一騎打ちですヨ実際。最後のAPE SOUNDSがやった「今夜はブギーバック」のRemixは音は悪くないのに、子供の声が邪魔すぎて聴いてらんない。

トータルで見ると、こんなに豪華メンツの割に会心の出来が少ない。スチャダラ相手だから、もっと遠慮なくやっちゃえば良いのに。本人達もソレを望んで依頼していると思う。多分だけど。着せ替えジャケは良かった。CDを取り出す度にジャケ変えてます。

まぁ今回はマイク3本、いや、3000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。