5000VOLTもの電撃を受けるとシビれます

自分がビリビリと刺激的電撃を受けたCDやレコードなどの音を中心に、レビューっぽい感じで綴っていきます。よろしくです。


テーマ:


MICROPHONE PAGERの唯一のオリジナルアルバム。95年発表。何かの記事で読んだ記憶があるが、このアルバムの制作途中でグループとしての活動は空中分解したような感じ。収録曲も全10曲中、リミックス2曲とインスト1曲があり、実質は7曲ほど。

しかしそれがアルバムの評価を貶めるものかというと、そんなの関係ねーっ!と、小島よしおよりECDが早かった事も付け加える。

トラックの殆どはメンバーのDJ GOが手掛け、MAKI the MAGICや刃頭の名もクレジットに見られる。そういえば俺が「DJ MAKI」を知ったのは、このアルバム収録の「病む街」が最初だった気がする。この頃はまだMUROはトラックを作ってなかったんだな。

2曲目「七転八倒」はイントロダクションのRINOからしてヤバい。前回紹介したBLACK SHEEPの「CHOISE IS YOURS(REVISITED)」のベースラインを引用したと思われる(違ったら悪い)不穏なトラックに、TWIGY→MURO→MASAOのマイクリレーが煙たく絡んでくる。アウトロダクションのシャウトも、スクラッチも最高。元禄寿司~。3曲目「東京地下道」はLAMP EYE参加の1曲。幻想的なトラックに、若き日のRINOとGAMAが熱く吠える。しかし、あんまりトラックの雰囲気とRAPが合ってない気がする。もっと重い曲の方が、RINOとGAMAのタッグにはシックリくるのに。Remixみたいな仕上がり。

4曲目「GIVE YA CHILL」は出だしのMASAOがかなり男前だ。名パンチライン(俺番付)の「止まれ壊れたダンプカー」も飛び出す。5曲目「Rapperz are Danger」のMUROの入りはクラシック。この曲は元ネタが「diggin' ice」に収録されてそうなトラックで非常に気持ち良い。いや全然、元ネタ解らないけどね。超えろ~。

アルバムタイトルにもなっている「Don't Turn Off Your Light」はSTRETCH ARMSTRONG Remixとオリジナルが併録されているけど、断然 Remixの方に軍配が上がる。ってか、このRemixヴァージョン、リリックもMCの順番も全然違うし、違う曲と言っても良いかも。最後に、Souls of MischiefのA-PLUSが「Rapperz are Danger」のRemixを手掛けているが、これはオリジナルの方が良い。蛇足Remix。

アルバム全体を通して、ほぼ全ての曲でTWIGYのスキルの高さを堪能できるだけでもこのアルバムの価値はある。やはりズバ抜けてる。MUROのRAPは当時から余り良いと思った事がない。高3の冬休みにこのアルバムを貸してくれたムーくん(元気だろうか)は、相当のMUROフォロワーだったから、アルバムの感想を聞かれた時に「MUROのRAPはちょっとナルっぽいな。」と言いたかったが、なんか言いにくかった事を、今これ書いてて思い出した。

まぁ締めると、日本のシーンに確実に爪痕を残した作品だし、その事に異論を挟む余地もないほど“カッコ良い”アルバムだと思う。

マイク5本、いや、5000VOLT。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

5000VOLTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。