clap note

note


テーマ:

保護されているシステムファイルが上書き/破損されている場合
%Systemroot%\System32\Dllcacheフォルダに保存している正常なファイルに置き換える
インストールCDが必要になることもある


それまで利用してソフトが動かないといった互換性の問題が生じた場合にも有効


・Windowsファイル保護(Windows File Protection)機能


------------------------------


・例:%systemroot%\system32 内の DLL ファイル(xolehlp.dll など)を削除してみる
 → そのまま見ていると、削除したファイルが自動的に復活する
 ⇒ システムファイル保護機能によるもの


・通常は自動的に機能する


・復活用のファイル: %systemroot%\system32\dllcache ディレクトリに保管されている
 何らかの理由でディレクトリ内のファイルが破損すると、復活ができなくなる
 → コマンドラインから「sfc /scannow」を実行することで dllcache ディレクトリを修復する

------------------------------


■sfc /scannow
全ての保護されたシステムファイルの整合性をスキャン + 可能な場合には問題のあるファイルを修復


■sfc /scanfile
完全パスを指定されたファイルの整合性をスキャン + 問題が識別された場合は修復


■sfc /verify only
全ての保護されたシステムファイルの整合性をスキャン(修復なし)

■sfc /verifyfile
完全パスを指定されたファイルの整合性をスキャン(修復なし)


■sfc /offbootdir
オフライン修復の場合は、オフライン起動ディレクトリの場所を指定

■sfc /offwindir
オフライン修復の場合は、オフラインWindows ディレクトリの場所を指定


PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード