徳島へ!

テーマ:
土曜日は徳島へ!
ウィーン国立音楽大学とのパートナーシップで某大学の学部長をされている先生の、
リハーサルのお手伝いでブラームスの第1番ソナタを演奏してきました。

もともと昨年ウィーンのセミナーで知り合っていた先生で、ピア二ストの友達のおかげもあり、なにかとご縁が繋がったのでした…♡

すぅっごく優しく温かく真摯な先生で、
こんな先生に師事できる人が羨ましい…!と思うほど。
興味深いお話もたっくさんして下さって、とても有意義な時間を過ごさせて頂きました…!

演奏も、いろーんなことが見えてきて、もっと知りたい知りたいとアプローチしているうちに終わっちゃった感じ…。
ブラームスの1番ソナタは多分4年ぶりくらいに吹いたけれど、格段に見えることが増えていて嬉しくなりました。そうなると演奏するのもより楽しくなるわけで。

今年はたくさんソナタやクラリネットのオリジナルの楽曲をを吹く機会に恵まれてします。
それが、すごく楽しいし嬉しいし、生きてる実感を噛み締めておりまする。

今回リハをした先生のコンサートは、ウィーンで聴けるので楽しみーだーなー(*´꒳`*)♪
本番はヴィオラとだそうで、ヴィオリストはウィーンフィルの方らしいので余計に楽しみ。

そんなこんなで、徳島に行ったはいいけど
行きしなの鳴門海峡では、気配はあれどなると巻いてなかったし、徳島着後は大学に缶詰だったしで、徳島らしいことといえばバスの中で見たたらいうどんのお店
と、帰りしなにバスの中で見た徳島駅
ってとこ。ぷっぷぷ!

でも学内にある素晴らしいコンサートホールや、世界に1つしかないベーゼンドルファーやものすごい倍音のベーゼンドルファーやでっかいスタインウェイを見せて頂いて、音楽的にとても密度の濃い1日でした。幸せだったぁー!

休憩中の雑談の中で、先生がそれは美しいシューマンを弾いて下さって昇天しそうだった。
改めてすごい人と演らせて頂いたなと…。
一生わすれなーい!

そんな徳島記。

AD