ブログを書くのは、承認欲求?

テーマ:

自分のブログを見るとわかりづらいなーって思う時がある。

何だか、もっとわかるように書けばいいのかもしれない。

アセンションとか、

浄化とか、

二極化とか、

『知っている人』にしか、或いは、

これから『知る人』にしか、

響かないような内容。




そのまんま、自分の感じたことを書いている。

ある日は、ヒーラーとして、やってることだったり、

母親として書いていたり、

アーティストとして書いていたり、

いろいろ。

でも、色んな顔があっていいと、思っている。

だって、ここ、地球という『遊園地』に私たちは、遊びに来ている魂。

パラレルワールドで、

色んな役割を演じているのが私達なんだし。

色んな顔があって、毎瞬、新しい体験をしている。

だから、

書きたいものを書きたい時に、

書いているだけ。


誰かに認めてもらおうとか、

承認欲求で、やりたくない。

承認欲求=無価値感だから。


それって、ブログだろうと、作家活動だろうと、主婦業だろうと、

何にだって言えるって気づいた。

これからはとくに、

何かをするときに、

根底に何があるか?をチェックしていこうと、思った。

自分軸なのか、他人軸なのか?

自分がやりたいからやるのか?

他人に認められたいからやるのか、

どっちなのか?