19日午後2時55分ごろ、大阪府熊取町久保、聴力障害者作業所「なかまの里」の正面玄関に、ワンボックス車が突っ込んだ。この事故で作業所にいた女性職員(42)が腰の骨を折る重傷、20~60歳代の男性入所者4人が手や足に軽い打撲を負った。

 府警泉佐野署は、車を運転していた会社員の男性(69)=大阪市平野区=がハンドルなどの操作を誤ったとみて調べている。

 泉佐野署によると、男性は仕事で厨房の機器を搬送してきたが、駐車枠に車を後進させようとして運転操作を誤り、施設に突っ込んだという。けがをした男性らは当時、ケーキやクッキーを焼く作業中だった。

【関連記事】
オートバイ突っ込み歩行者4人負傷 東京・赤羽
事故の車両に車突っ込み…東名高速で6台絡む事故
買い物客に暴走車突っ込み7人けが 駐車操作誤る 広島・福山
コーヒー店にタクシー突っ込み4人けが 京都
歩道にタクシー突っ込み高校生重傷、運転手重体
中国が優等生路線に?

男性遺体は養父=袋詰め女性事件―京都(時事通信)
初動対応の遅れ、農水相に責任=口蹄疫拡大―社民幹事長(時事通信)
講談社漫画賞にツジトモさんら(産経新聞)
<買い物弱者>全国600万人 路線バス廃止、相次ぐ閉店で(毎日新聞)
<西宮市長選>河野氏が初当選(毎日新聞)
AD