宮崎県は4日午前0時、家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫に関連した同県えびの市圏域の家畜の移動・搬出制限について、検査で安全が確認されたとして解除した。農林水産省によると、一部が制限範囲に掛かる鹿児島・熊本両県では公示が同0時に間に合わなかったため、同日午前中にも午前0時にさかのぼる形で解除される見通し。
 えびの市では4月28日に肉用牛農家で感染疑いの牛が発見されたため、その農家の半径10キロ以内の家畜の移動制限と、10~20キロ以内の搬出制限が設定されていた。
 県などによると、新たな発生が収まった後の5月24日から3日間、えびの市の発生農家から3キロ以内の家畜に、ウイルスに一度でも感染したことがあるかを調べる血液検査と、肉眼による目視検査を実施。また、5月31日から今月3日まで10キロ以内で目視検査を行ったが、異常は見つからなかった。 

殺処分の強制地域を指定=農水省(時事通信)
回転ずし店に車突っ込む=客14人重軽傷―大津(時事通信)
民主党新執行部 樽床伸二国対委員長 若手の信望厚く(産経新聞)
<ポルシェパレード2010>全国から愛好家が集まり「聖地」を走行(毎日新聞)
<菅首相>中国訪問見送りへ 上海万博ジャパンデー(毎日新聞)
AD