ついに、ついに、この日がやって来ました。



今年度、茅ヶ崎JC最後の12月例会「卒業式~光り輝くこのまちの未来へ向かって~」が、茅ヶ崎市コミュニティホールで行われました❗



担当するは、総務広報委員会❗

北川委員長は、この日、丸々スケジュールをあけて、最後まで準備に取りかかってくれました。



事務局長の信澤君は、全体の監督から受付、お花の受け取りに至るまで、心を込めて動いてくれています✨



続々とお花が届きます❗



今年の卒業生は10人❗



緊張感が漂います。



総務広報委員会以外のメンバーも早い時間から駆け付けて、看板の取り付けなど手伝ってくれています❗



司会の小林くん、音響の望月くん❗頑張って❗



パソコン操作を担当するは古川くん❗
大活躍な1年だったね❗



少しずつ会場が出来上がり、メンバーも会場入り!









開始ギリギリまで緊張する私と高橋次年度理事長を、都築直前理事長が励ましてくださります❗



渡辺専務。ついに最後の例会だね。

あなたがいたから、ここまでこれました。



いよいよ開場。プレジデンシャルリースを身につけました。

新年式典以来の2回目です✨



全国から沢山のお花が届きました❗



本当に開始前から涙を堪えるのに必死です。



開会宣言。卒業生 窪田壮一郎君❗



JCI Creed唱和 卒業生 杉田祐一君❗



JCI Mission & JCI Vision唱和 卒業生 原浩二君❗



JC宣言文朗読ならびに綱領唱和 卒業生 林正基君❗



関東地区宣言唱和 卒業生 関谷達朗君❗



湘南JC宣言唱和 卒業生 水島誠司君❗



そして、理事長挨拶✨

今日、この日ほど、挨拶を悩んだことはありませんでした。「最後」ってすごい。

何度もあった挨拶の機会。でも、「最後」に何を伝えるべきか。「最後」と思った瞬間にその重みが、これまでのとは違うんです。



最後までカッコつけて泣くまいと思っていたのに、まっすぐに私の方を向くメンバーたちの顔を見て、また、泣いている委員長たちを見ていたら、もうこらえきれませんでした。

共に運動を進めてきた、かけがえのない仲間と共に、2016年度の集大成を迎えられたことに本当に感謝の気持ちでいっぱいです❗



挨拶のあと、一生懸命、心を落ち着かせながら、本日ご出席の先輩や来訪JCのみなさまをご紹介✨



今回も本当に多くの先輩方がお越しくださりました❗



そして、いよいよプレジデンシャルリースの伝達式❗

第47代理事長の豊岡先輩と都築直前理事長にお手伝い頂きました。



プレジデンシャルリースが私の肩から外された瞬間、びっくりするくらいの軽さ❗逆に言うと、本当に重たい重たい責任ある立場をお預かりしていたんだなと、改めて感じました✨



そして、第50代理事長を務める高橋慶君にプレジデンシャルリースが伝達されました(涙)



そして、高橋次年度理事長のご挨拶✨

高橋次年度理事長、来年も大変な年ですが、頑張ってください❗







さぁ、ここからは卒業式❗一度退出した卒業生が入場です❗



卒業生全員が登壇❗

そして、卒業証書の授与式✨

今回は、卒業生一人ひとりにコメントを用意しました。




原 浩二君❗

入会したのは今年。そうです。彼にとってのJCライフは1年もありませんでした。

でも、日本JCにも出向し、限られた時間でも全速力❗気がつけばLOMのお父さんのような感じでみんなから信頼されていました。

JCに入った人生と、入らなかった人生の差は大きいと、短時間でも入会。
私たちにとっても、あなたと出会えた人生と、出会えなかった人生は大きな差があったよ。

原くん。卒業、おめでとう❗




山田 浩子くん

私の高校時代の同級生。東京まで通勤するOLさん。あなたが、どんな風にJCが出来るか、心配していました。

なんのその。入会翌年からはスタッフを務めたり、神奈川ブロック協議会にも出向したり。

そして、メンバーと結婚もできましたね。本当によかった。

OLさんだって、結婚したって、女性だって、JC出来るんだぞ。それを、穏やかにしなやかに、みんなに教えてくれました。

LOMのひだまりのようなあなた。

山田さん。卒業、おめでとう❗



関谷 達朗君

飲食店を経営し、他の団体でも活躍する関谷くんは、なかなかJCに参加することができませんでした。

でも、今日、一緒に卒業できた。

本当に嬉しい。

あなたは、なかなか来れなくて申し訳ないと言いました。でも、私たちみんな、関谷くんがJCの仲間であることを、本当に嬉しく思っていました。

その証拠に、みんな、あなたのお店に食事に行き、あなたの顔を見に行きました。
なぜなら、それは、あなたがみんなに信頼されたアニキだったから。

これからも、後輩の相談にものってあげてね。

あなたも私たちの仲間です❗
関谷くん。卒業、おめでとう❗



杉田 祐一くん

私が入会してすぐに、あなたにJCを勧め、入会してくれました。それからというもの、私が委員長の時は副委員長。日本JCのVCの時には小幹事。

本当に沢山助けてもらったね。

LOMの専属トレーナーのような杉田くん。沢山のメンバーにスピーチのスキルや、事業の作り方を教えてくれました。

人を育ているという、あなたが残したものは、大きかったです。

杉田くん。卒業、おめでとう❗



伊藤 孝くん

あなたは不器用で、言葉で伝えることを苦手だと思っているかもしれない。でも、常にどんなときも、一つ一つの事業に参加をし、いつも穏やかにそこにいる姿は、みんなの心に伝えるべきことを伝えることができていました。

私が委員長の時は理事。その後、委員長、副理事長と務めてくれました。その度に、とても悩み、苦しんだこともあったかもしれない。

でも、あなたは最後まで絶対に投げ出さなかった。

ラストイヤーの今年も神奈川ブロック協議会の副委員長としても活躍。

最後まで、本当に頑張ったね!

伊藤君。卒業、おめでとう❗



佐藤 俊輔くん

笑顔と言えばあなた。あなたと言えば笑顔。

いつどんなときも、笑顔を忘れないあなたでした。

「楽しくなければJCじゃない!」

そんな大切なことをみんなに教えてくれました。

最後に、正副として支えてくれてありがとう。

佐藤君。卒業、おめでとう❗



窪田 壮一郎君❗

LOMで一番頭のキレる、なんでも器用に出来ちゃう窪田くん。影ながらのLOMのブレーンだったと思います。

私がいつも理想とし、尊敬してきたメンバーです。実はあなたはいつも私の前にいて、私はあなたの背中を見続けてきました。

大変な時期もあったかもしれない。

でも。こうして一緒に卒業出来ることが、本当に本当に嬉しい❗

最後まで、神奈川ブロック協議会の財政局次長としても頑張ってくれてありがとう。

あなたが居てくれて、本当によかった。

窪田くん。卒業、おめでとう❗



林 正基くん

情熱の人。いつも一生懸命で、ハートの熱いアニキの姿に、みんなが心動かされていました。

辞めたいときもあった。休会したいこともあった。

でも辞めなくて、本当によかった。

あなたからこの言葉を聞いて、涙が止まりませんでした。

卒業生としての背中をちゃんと後輩に見せようね❗その言葉から始まった今年。私たち卒業生のことも、あなたが牽引してくれました。

まさきとJCができて、本当によかった。

林くん。卒業、おめでとう❗



水島 誠司くん

The 副委員長!!9年の在籍のうち、そのほとんどを副委員長という立場でLOMを支えてくれました。

多くの委員長を支えて、影ながら委員会の要として活躍。言葉少なくとも、その行動と背中から、メンバーたちに、真摯さや誠実さを教えてくれたのはあなたです。

The 日本男児❗芯のあるあなたの生き方に影響を受けたメンバーは沢山います。

私が日本JC出向の時も、理事長立候補の時も、精神的にも沢山支えてくれました。

水島くん。卒業、おめでとう❗



そして。最後に私の卒業証書は、都築直前理事長から頂きました。

もはや!私より都築直前理事長が号泣!

つられて、こらえていた私まで涙が止まりませんでした。



私が委員長の時の担当副理事長。都築直前が理事長の時には私が副理事長。そして、私が理事長の時には、都築直前理事長。

ずっと、私の上には都築君の存在がありました。何度も喧嘩した私が委員長の時。

でも、今年、私が理事長挨拶をするとき、誰よりも優しい眼差しで、うなずきながら話を聞いてくれる都築直前理事長の姿に、どれだけ私が救われたかわかりません。

都築直前理事長。本当にありがとうございました。



そして、卒業生一人ずつからスピーチ。

原 浩二君❗



山田 浩子くん❗



関谷 達朗君❗



杉田 祐一くん❗



そして、私。

入会の浅い順にスピーチです。私はちょうど真ん中。



伊藤 孝君❗



佐藤 俊輔君❗



窪田 壮一郎君❗



林 正基君❗



水島 誠司君❗



送辞を、現役として残るメンバーを代表し、副理事長の原田 裕介君から頂きました。



来年は、神奈川ブロック大会の主管の年として、実行委員長の原田君❗頑張って、みんなを牽引してください❗



答辞は、卒業生を代表し、林正基君❗

私たち卒業生の想いを後輩に託しました❗



1年間の振り返りムービー✨



監事講評は、松野 聡史君。



閉会宣言を、卒業生 佐藤 俊輔君。



本当に凛とした空気、涙涙の温かな空気に包まれた卒業式 第1部でした❗



沢山の全国からお花を頂きました。

JCに入ったことで、こんなにも沢山の人に出会えました。これは、一生の宝物です。



最後の例会の閉会のゴングが鳴らされました。私にとって、理事長として無事に最後の例会を閉めるゴングが鳴らせたこと。なんだか、とっても大きいものがありました。

AD