開業準備編18

テーマ:
しかしこのままスムーズにオープンとは行かず、またやっかいな事が起きてしまいました。

当時の遊示堂西二階町店の(道路に向かって)右隣は婦人服のブティックがありました。
小さなお店でしたが、ミセス向けの品揃えで、とても繁盛されていました。
工事前にご挨拶に伺った時は特には何もなかったのですが、お店が出来上がって来た時に、苦情を言われたのです。

エアコンの室外機を道路側に設置していたのですが、そこから出る風が流れて、洋服にたい焼きの匂いが移ってしまうから室外機をそこに置かないでほしい、という事でした。

室外機を他の場所に移動させるとなると、いろいろ考えた結果、屋上しかないという事になり、そうなるとまた余分に工事費が発生します。

当時、全財産を開業資金につぎ込んでおり、金銭的には全然余裕はありませんでした。
電気屋さんに聞いてみても、室外機からは構造上、室内の匂いは全く出ない、との事でした。それでブティックのオーナーに「室外機からは匂いは出ないそうですし、もし移動させるなら結構費用がかかってしまうので、今の場所に置かせてもらえませんか?」と話しをしましたが、聞き入れてもらえませんでした。

もちろん自分の店舗の敷地内の話しなので決定権は自分が持っているのですが、悩んだ末に屋上に上げる事にしました。お隣さんとケンカしながら毎日営業するのは嫌だな、という思いでした。

しかしその時、誠意を持って対応した結果、その後お隣さんとはとても友好的な関係を持つ事が出来ました。ブティックのオーナーが自分の店のお客さまにお土産として遊示堂のたい焼きを買ってくださるようになりました。
(残念ながらオーナーが数年前に体調を崩し、現在は閉店されています。)

最初はこういうちょっとしたトラブルも、どう対応すれば良いのか、また誰に相談すれば良いのか分からないのが当たり前だと思います。

信頼出来る相談相手というのも起業の際には必要かもしれません。

続く


AD