開業準備編14

テーマ:
この店舗物件が記念すべき創業店の西二階町本店となります。

しかし、この時はまだ迷っていました。

一度明石のアパートに帰り、ゆっくり考えました。


飲食店の成功の為の要因の割合として、立地場所はかなり重要だと思います。今までの経験を踏まえて、感覚的には50%はいかないにしても、近いものがあると思います。レストランや居酒屋のように客単価の高い業種であれば少々へんぴな場所でも成り立つでしょうが、たい焼き店のように薄利多売の業種の場合は、良い立地でないと成り立ちません。


それから三回、曜日を変えて、現地に行って通行量を数える事にしました。

平日二回、日曜日一回、1日3時間ほどお店の前に立ちました。周辺もゆっくり見て回りました。

商店街の人通りは確かに少なかったのですが、ここは角地で商店街に交差している南北の通りが意外と通行量があるのがわかりました。

あと50メートルほど東に行くとある大手前通りが十分過ぎる人通りで、この距離程度であれば、お客様は流れてくるのでは?と考えました。

(この予測は今から考えると半分当たって半分外れたという感じです。この50メートルは結構大きく、そう簡単にはお客様は流れて来ません。しかし15年経ってお店は継続出来ているという事は、お店が成立出来ないほど悪くはなかった、という事でしょう。)



姫路は「御座候」さんのお膝元というのも不安でしたが、2ヶ月間他を探して見つからなかった事もあり、ここで良いかな、、と思いが固まって来ました。

続く









AD