開業準備編9

テーマ:
たい焼きという商品を食べるシチュエーションを想像すると、静かな落ち着いた場所よりも、人が多くて賑やかな場所が思い浮かびました。

東京の人気店も大体こういう立地だったのですが、前述したように、四谷の「わかば」さんは、大通りから少し奥に入った場所に店舗があります。

これをどのように判断するか迷いました。東京という桁外れに人が多い街だからこそ成立するのか、それとも「わかば」さんのたい焼きがすごく美味しいから成立するのか、または賑わいが少ない場所でもたい焼き店は大丈夫という事なのか?

ずいぶん考えました。今でも答えがはっきり分かった訳ではありませんが、実際に3店舗出店してみて、今現在はたい焼き店に向いている立地がどのようところかは、ある程度は分かって来ています。

当時は正直よく分からなかったです。もう直感でした。結局わかばさんの件は、例外として考えました。

条件としては他に、家賃は上限約10万円、でした。

直感とはいえ立地条件が決まって、店舗物件を実際に探し始めました。

エリアは明石から三ノ宮の間。とりあえずJRに乗って、この間の駅を全て一度降りて駅前を歩き回ってみる事にしました。JRの駅が終わると次は山陽電車で同じようにしました。

エリア的には馴染みのあるところでしたが、今まで降りた事のない駅も意外と多くて結構時間がかかりましたが、へぇこんなところがあるんだな、と新鮮な感じがしました。

その中でいくつか候補地が見つかりました。

続く
AD