RED AND GREEN編6

テーマ:
コーヒー、ドリンク類の試作は上手く行きました。
料理の試作も悪くはなかったのですが、当初の目標は、何か一品、目玉となるようなメニューを作るというもので、それは試作期間が終わりに近付いてもまだ完成していませんでした。
洋菓子は試作の段階では十分満足するレベルでした。各地で食べ歩いた有名店のものに負けていないように思いましたし、野菜と果物を使用したオリジナルなケーキは他のお店にはないものでした。


おおむね上手く行っているように感じていましたが、実際には大きな落とし穴に向かって
少しずつ進んでいる事にまだ気付いていませんでした。


メニューの試作をしながら同時に、店舗の内外装のデザインを考える事と、工事をしてもらう工務店の選定を行いました。

これまでの3店舗はデザインを工務店の方と私が話し合いをしながら決めましたが、今回はデザインは専門家に頼もうと以前から考えていました。つまりデザインをするところと、工事をするところが別れる事になります。

紹介してもらった2つの会社にデザイン案を出してもらい、その中で気に入った方を選びました。今までにないようなものにしたかったのですが、口で言うのは簡単で、実際に考えてみると実現性が難しく、どんどん妥協する事になってしまいました。

工務店はK君の意見がケーキ屋をたくさん手掛けているところが絶対に良いというものだったので(職人が仕事がしやすいお店にしたいという思いでした)、そうした工務店を選びました。

ここで困惑する事が起きます。

デザイン会社と工務店が協力して仕事を進めて行くものだと思っていましたが、全然協力し合わないのです。それどころか主導権争いをし、些細な事で揉めるのです。

結局、この争いは長引いて、デザイン会社は工事の最初の段階で退いてしまう事になりました。

これについても今から思えば私のリーダーシップ不足が一因なのでしょう。


いろいろと思い通りに行かない事が今回は多いな、と感じ始めた瞬間でした。


続く


AD