Passのブログ (情報創庫)

不動産投資から株式投資まで、その他国内・海外の見たこと感じたことをただつらつらと書き連ねるブログです


テーマ:
昨日に引き続き、本日のTX系「ワールドビジネスサテライト」は若手起業家特集、リブセンスの村上太一社長(25歳)が生出演していました。

何となく童顔であり、ニコニコとした可愛らしい笑顔ながら、会社経営を真剣に語る姿は、若干の衝撃もありましたが、今では検索ジョブサイトでトップレベルの求人数を誇っているジョブサーチを持っているそうです。

○リブセンス・ホームページ

http://www.livesense.co.jp/

$Passのブログ (情報創庫)

村上社長は、早稲田大学が実施した「ベンチャー起業家養成基礎講座」のビジネスプランコンテストで優勝し、大学時代にリブセンスを立ち上げた「学生社長」なんだそうです。ザ・たっちのあの2人にも似ているような気が・・・。

村上氏が起業を意識し始めたのは小学生のとき。経営者だった両祖父への憧れもあった村上は「将来は社長になる」と心に秘めていたそうです。子どもの頃の育った環境というのは結構大きいですね。

○業界初の求人サイトを開発した学生社長 リブセンス社長 村上太一 (週刊ダイヤモンド)

http://diamond.jp/articles/-/7358

村上社長の印象的な言葉を書き記しておきたいと思います。

・会社には営業部がない。「成功報酬型ビジネス」で2年で黒字に。
・はじめは「成り立つの?」と多くに思われて、最初1~2年は厳しかった。

・検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換える技術を開発。
・検索の一番上に出てくるようにする。スピードがキーワード。

・10分の1秒単位で勝負が決まってくる。社員は半数が技術者、自社で開発。
・他の人にも利益を与える新しいビジネスを考え、さらに可能性を見つけたい。

・高校の時にアルバイトで店頭で募集してても、ネットに掲載されてなく不便。
・これを解消したいと思い、金もかからず、貼り紙を貼るようなアイデアを考えた。

・ユーザーにも祝い金を出す。キッカケを与えるのと、企業に入ったか確認可能。
・ビジネスモデルは他社でも真似ができるが、技術などの面で差をつけたい。

・技術力や求人数でユーザーが選ぶという正のスパイラルが生まれている。


Q 10年後の自分は?

・それは白紙。10年後も会社をしていると思うが、無限の可能性を考えて。
・ナンバー1とオンリー1を持ちたい。

・転職の口コミサイトなど、今までには無いような事業をやっていきたい。
・世の中にないと困るというような会社を作りたい。

・僕自身が幸せになりたい。世の中にいい影響を与えたい。
・それが幸せと思う人を会社では選びたい。

・自分が幸せでないと、人を幸せにできない。
・死ぬ直前まで仕事をしていたい。


Q 政治などには興味は持たなかったか?

・政治家になりたいとは子供の頃は思わなかった。
・幼い頃や子どもの頃にそういう接する機会があれば考えたかもしれない。


Q 政治家入りの声がかかったら?

・強みが生かせるのはビジネスの世界、そこで社会に貢献したい。
・自分は社長業がやりたい。


Q 子供のころはどんな少年?どんなしつけをされてました?

・半袖短パンの元気な子供。しつけは細かくチェックされていた。
・歯磨きなどは、磨き残しがないか、母がチェックしていた。

・小学生のころは勉強やりなさいと言われたが、中学生からは自分でやってた。
・母が新聞の切り抜きをトイレの掲示板などに貼ったりしていた。


Q 挫折はなんですか?

・創業してから1~2年が一番大変だった。
・このままやっていても先があるのかと、光が見えないくらい。
・その時は白髪が生えたり、ストレスなどで吐いたりもしていた。


Q 規模の拡大と、100年続く起業とならどっちを目指すか?

・規模の拡大と100年続く企業は両方とも大事だと思う。
・常に挑戦をし続けて、100年目指してやっていきたい。
・このままでいいやというと人間は堕落してしまうと思う。


Q 人を育てることで工夫していること

・人もそれぞれタイプがあって、それに応じた育成ができるかどうか。
・挑戦する人、褒められて伸びる人、育成の使い分けができるかどうか。

・人を叱るのは、理不尽なことで叱るのではなく、当たり前の基準を作っていく。
・当たり前のこと以上には人間は頑張れない。

・その当たり前の基準は私がつくる。
・やる気があれば、頑張ればどうにかなると私は思っている。
・若くてもやる気がある人には挑戦してもらう。


Q 日本は起業が少ないが。

・「起業っておもしろいよね」という風潮を作っていかないといけない。
・日本も挑戦や高い理想を持てば、きっと報われる世の中になると思う。
・みんなで頑張って盛り上げていきましょう。
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード