先日のブログ記事にも書きましたが、
5/12に開催した初の単独トークイベントは
お陰様で満席&盛況で終えることができました ありがと

リンク 御礼!初の単独トークイベント、盛況にて終了しました!

 

このイベントに関して
単に開催しました!盛況でした!とだけで

終わらせられない想いがあるのは、
チェック 手話通訳の手配

チェック それに伴うクラウドファンディングの実施

という二つの大きな「初挑戦」があったからです。

 

単独トークイベント自体初めてだったのに、
そこに更に二つも初挑戦をブッ込むなんて

今思えば結構無謀だったな〜〜私。笑

 

 

(私の後ろにいらっしゃるのが手話通訳者さんです)

 

 

なぜ手話通訳をつけることになったのか、
なぜその費用をCFで募ることにしたのか、

についてはCFのプロジェクトページに書きました キラキラ

リンク 手話通訳付きのトークイベントを成功させ、手話通訳対応可能なイベントを増やしたい!

 

なのでこのブログ記事では
CFがサクセスした今だからこそ書ける裏話?を
書いてみたいと思います チュー

 

 

 

昨夏に「魔法のコンパス」を読んで

キングコングの西野亮廣さんのファンになってから
初めてCFのパトロンになりました。

えんとつ町のプペル展@東京の開催費用の支援です。

リンク 道なき道を歩くなら、魔法のコンパスを手に入れよう

 

いつも西野さんがCFの可能性について

熱く語っているのを目にしながら

いつか私も機会があればCFに挑戦してみたいな、

とは思っていました。

 

が、その機会が
こんなに早く訪れるなんて!びっくりびっくり

 

 

 

ろう者さんから

「手話通訳をつけてもらえませんか?」

というお申し出をいただいた瞬間、

絶対に手話通訳を手配したい!と思いました。

でも費用がどれくらいかかるのかも
その時点ではさっぱり見当がつかなかったし、

そもそもイベントの収益性が高くないなかで
経費として手配するのが適切なのか?にも疑問を感じました。

 

イベントの収益性が高いならろう者さんが楽しめて

収益性が低いならそれが叶わない。

そんな基準、なーーんかオカシイよね・・・ 汗

(現実そうなるのは仕方がないのはよくわかるけども)

 

 

その時に真っ先に頭に浮かんだのが

西野さんがいつも言っている

クラウドファンディングの出現によって
「お金がないから出来ない」という理由は通用しなくなった。

お金がないなら情熱や信頼でお金を集めればいい。

それが出来ないならその夢はそれまでのこと。

といった主旨の言葉たち。

 

幸い私には
何年も掛けて育ててきたメディアがあります。

でもそれを使ってCFに挑戦するってことは
私がこれまで積み上げてきた信頼を

試されるってことだから、

当然怖い気持ちもありました。
うまくいかなかったら超カッコ悪いしね。笑

 

 

そんなこんなで

CFを立ち上げようかどうか悩みつつも

同時並行で手話通訳の手配に奔走し、
(こちらもなかなか大変でしたが!)

見積もりを出してもらったところ、

CFの手数料を含めて

25,000円集まれば良いことがわかりました。

 

25,000円という金額をどう見るかは人それぞれ。

これくらいなら経費で、とした方が

はっきりいって何倍も楽チンです。笑

が、それだとやっぱり最初に書いた通り、

収益性によって楽しめる人が限定されるという構図は

何ひとつ変わりません。

 

せっかく手話通訳対応をするのなら
その方法に再現性がある方がいいなと思い

意を決してCFに挑戦することにしました。

少額であることも、

ある意味初挑戦向きだしな、と。笑

 

 

いざ取り組み始めると、

まず出品するリターンや価格設定に頭を悩ませました。

私自身の負荷が少ないもの、

でも思わず欲しい!と思ってもらえそうなもの。

ちなみに今回私が利用した

CAMPFIREというCFのプラットフォームでは、

リターンの価格設定は3,000円〜でした。

 

リターンのひとつに

「手話通訳対応についての詳細レポート」を含めたのは
ブログ上には公開しにくいけれど
実際に感じた手配に関する諸々を記録に残し、

誰かに役立てて欲しかったからです OK

 

 

 

プロジェクトページ用の文章を考えるのにも

丸二日を要しました。

ろう者さんにも確認してもらい、
身近な友人に意見をもらい、何度も修正。

で、GW前夜という
ものすごく不利そうな日に(笑)ついに公開!!

 

・・・結果、
4,5時間のうちに目標金額を達成、

サクセスを見届けてから寝ることができました!!!

 

思った以上に早くサクセスし

あっという間に糸が切れてしまって
その後殆どお知らせもせずゆるく放置してしまいましたが

最終的には16人の方にご支援いただき

達成率200%でプロジェクトを終えることができました クラッカークラッカー

(アメブロにCFの記事を書く間でもなく・笑)

 

 

 

 

たくさんの友人知人が
Facebook上でシェアしてくれたことも

本当に本当に嬉しかったです キラキラキラキラ

 

西野さんの、

CFはその人が持つ信用の一部を現金化したものだ

という言葉の意味も

体験で理解することができましたしね ウインク

 

 

サクセスを見届けてからも

手配のためのやり取りは続いていたし
トークイベントの準備に

前日まで追われてはいましたが、

 

おかげさまで4名のろう者さんがお越しくださり

「日本手話」の通訳を通じて

イベントを楽しんでもらうことができました!!

 

 

 

 

 

手話通訳の手配やCFの実施は

トークイベントのテーマ

【スペシャリストを目指さずに 「自分の名前」で仕事を続けるために 覚えておきたい5つの視点】

で私自身が語った「柔軟性」や「好奇心」を
フルに発揮する機会にもなりました。

 

 

 

 

まだリターンの手配という

大事なタスクは残っていますが、
イベントが無事に終わった今、

ようやくホッと胸をなで下ろしています。笑

 

次またCFに挑戦する機会があれば

今回の経験を生かして

もうちょっと計画的にうまくやりたいな グラサン

 

 

 

そしてこれを読んでくださった人に

クラウドファンディングという選択肢が

広がっていきますように!!!

 

ご支援&シェアしてくださった皆さま、

本当にありがとうございました ラブラブラブラブ

 

 

 

 

ちなみに。

キンコン西野さんに会いたい人は、

一緒に6月17日(土)に開催される

えんとつ町のプペル展@大阪の

トークショーに行きましょう!

私西野さんに質問することになってます 爆  笑
リンク えんとつ町のプペル展in大阪がもよん

 

 

西野さん、私

「ドキドキしたよ!!」笑

 

 

 

 

憧れの女性の「魅せる感覚」をインストールする!
世界を広げる発信力を手に入れる
【フォトドレス・マーケティング】主宰
フォトドレス・プロデューサー
上田涼子(kikka)

Facebook Facebook 空白インスタグラム Instagram
空白メール お問い合わせ
 

手紙 <あなたという存在が最大の価値になる起業スタイル>
フォトドレス・マーケティングのエッセンスをメールレターにてお届けします
リンク https://www.agentmail.jp/form/pg/5894/2/

コメント(2)