果汁3%

読んだ本の感想や日々のことを徒然したりしなかったり。
『物語』が大好物。
好きなジャンル:ファンタジー・歴史・ミステリ etc...

コメント歓迎♪


テーマ:

7月のコミック購入予定です。



【購入】


7/5  『夏目友人帳 14』 緑川ゆき 白泉社(花とゆめコミックス)


7/18 『銀の匙 Silver Spoon 4』 荒川弘 小学館(少年サンデーコミックス)


7/20 『暁のヨナ 9』 草凪みずほ 白泉社(花とゆめコミックス)


7/21 『堀さんと宮村くん おまけ 1』 HERO スクウェア・エニックス(ガンガンコミックスONLINE)


     『ばらかもん 6』 ヨシノサツキ スクウェア・エニックス(ガンガンコミックスONLINE)



アニメ・夏目の第3期がアニマックスで始まるので

そちらも楽しみです。


銀の匙ペース早い!

さすが週刊。

月刊雑誌・季刊雑誌に慣れていると、ついていくのが大変(笑)


ヨナは前巻で四龍が全部集まったので

次どうなるのかかなり気になってます。


コミックにならないのか・・・

と諦めていたほりみやの『おまけ』漫画がコミックになった!

嬉しい!!≧(´▽`)≦

1ということは続刊してくれるんだ。

楽しみが増えましたw


先生が島とお別れ!?

ってとこで終わってるので気になります・・・!

ばらかもん。




【気になる】


7/4  『銀魂-ぎんたま- 45』 空知英秋 集英社(ジャンプコミックス)


7/20 『LOVE SO LIFE 10』 こうち楓 白泉社(花とゆめコミックス)


7/21 『狂骨の夢 4』 志水アキ 角川書店(怪コミックス)


7/23 『となりの関くん 3』 森繁拓真 メディアファクトリー(MFコミックスフラッパーシリーズ)


7/25 『拝み屋横丁顛末記 17』 宮本福助 一迅社(ZERO-SUMコミックス)


7/27 『NARUTO -ナルト- 61』 岸本斉史 集英社(ジャンプコミックス)



銀魂とナルトは気になるというか買わないといけないんですが・・・

置いて行かれて久しい。

追いつける日はくるのか汗


ラブソーライフは詩春ちゃんと松永さんに進展があるみたいで楽しみw


圧倒的な画力と構成力で京極堂の世界をコミカライズする志水アキさん。

もう買おうかなって何回か思ってるんですが・・・


となりの関くんが次はどんな一人遊びを展開してくれるか。

「ああ~、やったやった」っていう内職の発展系が好きです。


これも何回ももう買おうかなって思ってる拝み屋横丁。

時間とお金があればいつか集め始めそうで怖い。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【小説】


夢の上の外伝発売で嬉しいサプライズアップ

この物語にまた会えて幸せでした。

多崎さんの新作待ち遠しい!



5月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1820ページ
ナイス数:24ナイス

定本 百鬼夜行 陰  定本 百鬼夜行 陰
京極堂シリーズ各話の関係者の視点の物語を集めた短編集。各事件における心情や背景が補完され、物語に深みを与えます。が、本編自体の細かい部分が思い出せる領域からいなくなってしまって(平たく言えばわすれてしまって)いて、「これは誰だ・・・何の事件だ・・・」と記憶を総動員して読みました(・・;) 終盤に向けて準レギュラー・レギュラーの物語になっていくのが上手いなという感じ。特に最後の「川赤子」はすぐに誰か分かりました。心情の吐露だけで分からせるなんて・・・うーん、すごいな。姑獲鳥の夏から復習します。
読了日:05月13日 著者:
京極 夏彦  


冥談 (幽BOOKS)  冥談 (幽BOOKS)
幽かな恐怖を綴る短編集。「怪談」だとしっくりこない。まさに「冥談」である。どれも良かったんですが、時代を少し遡るイメージの『風の庭』が一番好きです。ぴんと張りつめた静けさと、ぼたりと落ちる椿の花、生と死の狭間のイメージが鮮明です。とても澄んでいてちょっと不気味さがあります。怖さでいったら『冬』と『予感』。どちらも最後が怖い。すべての話で「そしてどうなったのか、結局なんだったのか」は分からない。空間と余韻を愛する日本人にとっては、この想像の余地こそが怪談においては恐怖の源泉であるという気がします。
読了日:05月13日 著者:
京極夏彦  


夢の上 - サウガ城の六騎将 (C・NOVELSファンタジア)  夢の上 - サウガ城の六騎将 (C・NOVELSファンタジア)
『夢の上』外伝短編集。こんな形でこの物語にまた会えるとは。本屋でみつけてテンション急上昇。ケナファ騎士団全6隊の隊長たちの短編で、話の聞き手が次の話の語り手になるというリレー形式です。個性的な隊長たちの過去・想い・未来・・・語りきれなかった物語。個人的にはトバイットとアーディンの話がぐっときました。特にアーディンが語り手の『手紙』では、本編のその後、アライスたちの夢見た世界が実現していってる予感も感じられました。あとは『手紙』のラストでにやにや(笑) 本編を読み返したくなる、素敵な外伝でした!
読了日:05月13日 著者:
多崎 礼  


バイバイ、エンジェル (創元推理文庫)  バイバイ、エンジェル (創元推理文庫)
フランスが舞台の推理小説。ラルース家を巡る殺人事件に、司法警察の警視の娘・ナディアは、現象学を駆使する謎の日本人青年・矢吹駆とともに事件の解決に乗り出します。正直、駆の哲学談義の半分以上は理解できませんでした・・・orz でも有名な探偵たちに対する批判や、ラストの半身の自殺であるというはなしは面白かったです。シリーズものですが、続きを読むかは未定。ミステリは好きだけど、推理小説は好みじゃないのかも?違いはなんだと言われると微妙なんですが・・・
読了日:05月20日 著者:
笠井 潔  


くらのかみ (ミステリーランド)  くらのかみ (ミステリーランド)
児童向けのホラーミステリ。田舎にある母方の本家というところに集められた親族。子供たちは蔵の中での「四人ゲーム」をきっかけに旧家にまつわる因縁と事件の解決に奔走することに・・・。「かつて子供だった大人」も十分楽しめます。というか小さい子には理解しきれないんじゃないだろうか(笑) 夏休み、田舎の本家、同年代の子供たちとノスタルジー満載。そして「一人増える」という怪談の王道。旧家の血筋にまつわる六部(行者)殺しの伝説なんかはゴーストハント6にも通じるテーマ。おこさま仕様ですが、中身は渋く面白いですw
読了日:05月22日 著者:
小野 不由美  




【コミック】


乙嫁が前巻とうってかわってのはっちゃけぶり(笑)

カルルクの姉婿・ユスフさんが好きです。

馬も好きです。

斬新な切り口で平安時代を綴る千歳ヲチコチもナイスまったりでした。



2012年5月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
5月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:533ページ
ナイス数:23ナイス

さんすくみ 4 (フラワーコミックス α)  さんすくみ 4 (フラワーコミックス α)
孝仁くんも工くんも意外にちゃんと脈ありだったんですね!惜しかったね・・・ 今巻一番の衝撃は袈裟が300万もするものがあるということ。恐ろしい。お茶こぼせないね。あと召命感が大事という牧師の息子に対し、刷り込まれ組と断言する神社の息子と寺の息子が面白かった。あ20代パンチと50代キックがw
読了日:05月13日 著者:
絹田 村子

乙嫁語り 4巻 (ビームコミックス)  乙嫁語り 4巻 (ビームコミックス)
今回の主役は双子のライラ・レイリ姉妹。ステキな旦那様に嫁ぐため、積極的に動き回り攻めまくり。まさに弾丸。ノンストップです。結婚に関する意識やしきたりなど楽しませていただきました。個人ではなく家同士、一族同士の結びつき。双子との結婚話が出たときに、一瞬ひるんだサーマとサーミもかわいかったw そしてパリヤさんついに結婚か!?恥ずかしすぎて相手を突き飛ばすパリヤさんかわいすぎ。カルルクとアミルも相変わらず仲睦まじく、そして相変わらずの画力にうっとり。次巻ついに結婚式が描かれるのかな?楽しみすぎる。番外編も最高!
読了日:05月17日 著者:
森 薫  


千歳ヲチコチ 2巻 (ZERO-SUMコミックス)  千歳ヲチコチ 2巻 (ZERO-SUMコミックス)
千年後もあなたのビジネスパートナーでありたい!宴会での頼任の立ち回りが素晴らしすぎる。チコのダッシュで舞姫のトラブルも事なきを得、新嘗祭は無事終了。ニアミスがありながら出会えなかったチコと亨。おあずけです。そしてそれぞれの日常へ。長山さんの動画ストックすごいです。そして1巻で星を見に行っていた陰陽師(の中の一人)が登場。ゆるすぎて好きです。ちりばめられたパロも秀逸。
読了日:05月26日 著者:
D・キッサン  


黒執事(14) (Gファンタジーコミックス)  黒執事(14) (Gファンタジーコミックス)
船沈没&葬儀屋トンズラで不死鳥編ひとまず終了。帯のとおり、歪な主従関係がどのように形成されたか綴られてます。葬儀屋とファントムハイヴ伯爵の関係って何?そもそもファントムハイヴ家って何?シエルの記憶はどうなってる?シエルの記憶に関してはリジーにぐいぐい突っ込んでもらいたい。イースター話を挟んで、後半で新章突入です。舞台は名門寄宿学校。新章でも全体の核心に迫ってくれるでしょうか。期待です。
読了日:05月27日 著者:
枢 やな

2012年5月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今期視聴予定のアニメを以前チェックしておりましたが、

結果視聴しているアニメをご紹介~



☆ 坂道のアポロン  


きらきらとして爽やかな60年代の青春群像劇!

心が洗われる(笑)

演奏シーンがとにかくすごい!

千太郎のスティックさばきに感動しました。

さらに、第7話の文化祭での演奏シーンは圧巻!

今まで聞きたい聞きたいと思っていた薫のピアノと千太郎のドラムのセッションを存分に楽しませてくれました。

後半も楽しみで楽しみでw

劇中のジャズを収録したサントラ、絶対聞きます。

      



☆ つり球  


宇宙人+男子高校生+江の島+釣り


ストーリーはよくわからないものの(笑)

ポップな色使いで楽しい。

オープニングがとにかくかわいい!

夏樹がもっと怒りんぼキャラかと思っていたら、

予想より優しかった(笑)

ユキの成長がみていて気持ちいい。

タピオカはかわいい。




☆ 氷菓


予想以上におもしろくて大満足!

背景も細かくキレイだし、演出も斬新で凝ってる!

ちょっと古めかしい雰囲気も、

ヒマつぶしに手にとるのが携帯ではなく文庫本というところも、

えるちゃんとまやかのセーラー服のスカートの長さも(!?)

すごくいい((о(>▽<)о))

そして何より主人公・奉太郎に強いシンパシーを感じる(笑)

日常の小さな謎を考える。

ノスタルジックな高校生活。




☆ ヨルムンガンド  


っもー、これも予想以上におもしろい!

かっこいい!

銃器と戦闘機になみなみならぬ気合いを感じます

マシンガンの連射を下のアングルから見せるシーンがすごかった。

ヨナかわいいし、シリアスとユーモアのバランスも◎。

ココの声がかわいらしくて最初びっくりしたけど、

すぐに気にならなくなりました。

ヨナもレイムも声ぴったり。

あと予告がかっこよすぎます!




というわけで、今期はなかなかの豊作です音譜

宇宙兄弟は結局みてません・・・。

エウレカはまだみてません。

でもエウレカは機会をつくって絶対にみます!






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月のコミック購入予定です。




【購入】



6/7  『百鬼夜行抄 21』 今市子 朝日新聞出版(ソノラマコミックス)


6/25 『Landreall 20』 おがきちか 一迅社(ZERO-SUMコミックス)



6/26 『風光る 32』 渡辺多恵子(フラワーコミックス)



ランドリは毎度のごとく限定版予約で!!

事故だったんですが、本誌チラ見してしまい・・・

ああ、DX・・・


久しぶりの百鬼夜行も楽しみ~( ´艸`)

開さんみつかるでしょうか。


いつも思うんですが、

ソノラマとかゼロサムとか、分類的に何になるんでしょう。

少女漫画?

ともまた違う気がするんですが少年漫画でもないし青年でもないような・・・

う~ん( ̄* ̄ )


さて、今回は購入分に加え「気になる」分も覚え書きしてみようかと。



【気になる】



6/5  『キスよりも早く 11』 田中メカ 白泉社(花とゆめCOMICS)


6/8  『獣の奏者 6』 武本糸絵 講談社(シリウスKC)


6/15 『ノラガミ 4』 あだちとか 講談社(月刊マガジンコミックス)

     

     『ましろのおと 6』 羅川真里茂  講談社(月刊マガジンコミックス)


6/20 『ボクを包む月の光―「ぼく地球」次世代編 11』 日渡早紀 白泉社(花とゆCOMICS)




獣の奏者、イアルとエリンが早く出会えばいい。

ユーヤンがとてもかわいいと思います。


あとましろが待ち遠しい。

この漫画の〝音″を耳で聞いてみたい!

ほんとも~、すごいです羅川さん!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
随分たってしまいましたが、
4/21、22で長野県に行って参りました!

佐久市に引っ越したお友達・もっちの元へ、
仙台からさやまめ、東京からもう一人で集合で計3名。


【1日目】

佐久平駅に集合して、ekワゴンでいざ出発。
まずは善光寺 へ!

特徴として、日本において仏教が諸宗派に分かれる以前からの寺院であることから、宗派の別なく宿願が可能な霊場と位置づけられている。また、女人禁制があった旧来の仏教の中では稀な女性の救済(女人救済)があげられる。 (wiki)


素敵。


photo:01

快晴である。
仲見世で早速おやきを食する。
うまし!


本堂ど~ん!


photo:02

お戒壇巡りもしてきました。

善光寺のご本尊が安置されている瑠璃檀と三卿の間の床下に部屋があり、

その部屋をロの字型にめぐる暗黒の回廊があります。

この回廊を巡り、途中にある『極楽の錠前』に触れてご本尊と結縁する(ことで極楽浄土行きが約束される)

らしいのですが、

趣旨を図りかねたまま暗闇に突入したので果たして極楽の錠前に触れたのかどうか・・・

多分あれかな、という感覚はあるのですが(笑)


でも中はまさに一寸先は闇。

ほんとになんっにもみえません。

先を行く友人に何度かぶつかってしまった。

しかも、暗いせいもあるとは思いますが結構長い。

光が見えたときはありがたさすら感じました。

生まれ直し・胎内巡り的な意味もあるんでしょうね。


というかほんとに真っ暗闇なので、

閉所が苦手な方とかはお気を付けください。

途中にリタイヤ用のドアとかないですから(笑)


おみくじなどで楽しみ、

駐車場のおっちゃんに勧めてもらったお店で蕎麦を食し、

続いて戸隠神社 へ!

予想以上の山道をひた走り・・・


photo:03


到着。

今回は一番手前の宝光社のみ。

photo:04


着いたときは誰もいなくて、

神々しい雰囲気に包まれておりました。

彫刻がすばらしい。


帰り際には何組か来ていたので、

タイミングが良かったんですね。



【2日目】


前日とはうって変わった寒空のもと、

上田城跡へ!

これが徳川軍を退けた城か・・・!!

とテンションを上げて寒さをごまかす。


ちょうど桜祭り開催中でとても賑わってました。



photo:05


城と桜

のつもりが、城写らずorz


photo:06


どこもかしこも六文銭。

良い町だ。


さて続いて情緒あふれる小諸市へ。

行ったのですが、寒さの為少しぶらっとしたところで引き揚げ(笑)

商店街(?)は歴史感じる戸口が並んでいて素敵でした!


境内の枝垂れ桜。

photo:07



初長野とっても楽しかったです!

ドライバーしてくれたもっちありがとう!ほんとに!

松本城とか軽井沢も機会があればぜひ行ってみたいですラブラブ




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。