宮崎の口蹄(こうてい)疫被害に対して、義援金を贈るなど企業の支援活動が広がっている。

 大手下着メーカーのグンゼは21日、畜産農家を支援するため、100万円の義援金を「社会福祉法人 宮崎県共同募金会」に寄贈した。平田弘社長が宮崎県出身でもある同社は、宮崎県小林市にストッキングの製造子会社、九州グンゼがあり、「地元企業として支援したい」(広報IR室)としている。

 昭和シェル石油と子会社で太陽電池の製造・販売などを手掛けるソーラーフロンティア(東京都港区)もこのほど、宮崎県に1千万円の義援金を贈った。昭和シェル石油は現在、宮崎市内で2カ所の太陽電池工場が稼働。3カ所目の工場も県内で建設を進めていることから支援を決定した。

 さらにキヤノングループが1千万円、全日本空輸も100万円を寄付している。

【関連記事】
口蹄疫 「厳戒態勢」の中で競り 和歌山
自公両党、26日に赤松農水相不信任案提出へ
首相、普天間5月末決着「閣議で何らかのことを決めたい」
口蹄疫 「国の責任で防疫徹底を」 九州地方知事会が特別決議
口蹄疫 赤松農水相が陳謝「結果責任はある」
虐待が子供に与える「傷」とは?

両陛下 知的障害者施設を視察 神奈川(毎日新聞)
口蹄疫 家畜の清浄性検査を開始…宮崎・えびの市(毎日新聞)
<京極夏彦さん>新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)
<真夏日>群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録(毎日新聞)
従業員ら4人を起訴=一家3人強殺、遺棄―長野地検(時事通信)
AD