• 17 Jun
    • 【EDCB】自動チャプター生成プログラム

      こんにちは。 今回も前回に引き続きDTV関連のお話です。 前回はCMを処理するために2つの方法があることに触れたと思いますが、1に関しては少し、2に関しては詳しく述べていこうと思います。 まず1の方法、CMをカットした動画をエンコードする方法。 備忘録とか色々ブログ http://blog.livedoor.jp/swing26/archives/33300896.html オタクの徒然日記 http://blog.livedoor.jp/fles/archives/31340642.html 上記の2つのブログ様の手法で、録画から自動でCMをカットした動画をエンコードすることができます。 この方法は私も試したのですが、何せCore i3でエンコードすると時間がかかり過ぎる... かといって画質も妥協したくない。 私は見たら録画ファイルを消すタイプの用途なので、容量が減るとかそういうメリットはあまり無く、録画したTSファイルをそのまま再生するのがベストと考えました。 そこで調べたところ、TSファイルをチャプター情報と一緒に読み込ませ、CMをスキップする方法があるらしいと。 前置き長いですね。要は私と同じような環境や使い方をする方におすすめの手法を紹介します。 ※今回作成したプログラムについて、 ・備忘録とか色々ブログ 様 http://blog.livedoor.jp/swing26/ ・オタクの徒然日記 様 http://blog.livedoor.jp/fles/ ・空に架かる橋 様 http://soranikakaruhashi.blog.fc2.com/ このお三方のブログのコードなどを参考、流用している部分が多数あります。 素晴らしいプログラムをありがとうございます。 また、その他ソフトウェアの作者様にも敬意を表します。 ○用意するもの ・AutomkChapter.zip https://drive.google.com/file/d/0BxM2ghExhaEEc19valM5WERuSWM/view?usp=sharing ・FilePath,zip https://drive.google.com/file/d/0BxM2ghExhaEEWEJVNGl2TDlmLU0/view?usp=sharing ・TvtPlay.ini https://drive.google.com/file/d/0BxM2ghExhaEEX1BsWGRYcHhkeHM/view?usp=sharing ・FAW up1009.zipなどでググると出てくるかも。 ・commdlg.exe こちらのリンクをお借りします。 https://www.dropbox.com/s/v0bclwjqg0jum5h/com.zip?dl=0 ・TvtPlay Plugin ここからソースをダウンロード。ビルドは各自で。 https://github.com/xtne6f/TvtPlay 以上が必要なファイルです。 次に導入手順。 1, Dドライブ直下(それ以外のドライブにインストールしたいときは、以下D:\をE:\やらI:\やらに読み替え)に"AutomkChapter"と"ROKUGA"という名前のディレクトリを作成 2, 備忘録とか色々ブログ さんにて、 ・Install.bat ・必要ファイル.zip ・avisynth32 ・auc ・dgindex ・libfaad ・7zip をダウンロードし、すべてのファイルを先ほど作成したAutomkChapter下にコピー、Install.batを実行(エラーが出ると思いますが気にしない) 3, いろいろリネーム、移動 ・Install.batと同じディレクトリにある"自動エンコード" フォルダを、"Files"フォルダにリネーム。 ・"commdlg.exe"を D:\AutomkChapter\Files\EXE に移動。 ・"AutomkChapter.zip"の中身を D:\AutomkChapter に移動。 ・"FilePath.zip"の中身を D:\AutomkChapter\Files\FilePath に移動。 4, EDCB設定 EDCBフォルダに"change_space.bat"ファイルを作成、メモ帳で開いて SET ARGS="$FilePath$" SET KEEP="%ARGS%" SET ARGS=%ARGS: =_% SET ARGS=%ARGS: =_% if "%ARGS%" == %KEEP% goto SKIP move /y "%KEEP%" %ARGS% :SKIP start /wait D:\AutomkChapter\AutomkChapter.bat %ARGS% 上記をコピペして上書き保存。 なお上のバッチ処理は オタクの徒然日記 さんのものを流用しています。感謝。 5, EpgTimer側の設定 ・設定>動作設定>予約情報管理>録画時のファイル名にPluginを使用する>設定 にて、 "$ServiceName$_$Title$_$SDYYYY$$SDMM$$SDDD$.ts" を指定。 ・設定>動作設定>その他>録画設定のプリセット>録画終了時実行bat で先ほど作成した"change_space.bat"を指定、一番上の変更ボタンにて設定を変更。 6, TvtPlayのビルド ・TvtPlay-work.zipを解凍すると3つのフォルダが出てきますが、全ての中身をビルドします。 7, ビルドしてできたファイルを移動 ・前の記事で作成したTvTestフォルダをコピー、TvTest2などとリネームして同じディレクトリに保存 ・"TvtPlay.tvtp"とダウンロードした"TvtPlay.ini"を TvTestのPluginフォルダへ。 ・TvTest.exeのショートカットを作成し、ショートカットファイルを右クリック>リンク先 に /TvtPlay を追記。これでショートカット起動時にTvtPlayが有効になります。 ・"BonDriver_Pipe.dll"をTvTest.exeがあるディレクトリにコピー。 ・"TvtAudioStrechFilter.ax"を同じくTvTest.exeがあるフォルダに移動 ・コマンドプロンプトを管理者権限で実行し、regsvr32 "TvtAudioStrechFilter.axのフルパス"を入力し実行 8, TvTest設定 ・設定>音声>音声フィルタ にて"TvtAudioStrechFilter.ax"を指定 以上で設定は終わりです。 これらの設定を済ませれば、EDCBの録画終了後、自動でchapterファイルを作成してくれます。 また、AutomkChapter.bat を手動で実行しファイルを選択してchapterファイルを作ることもできます。 再生方法ですが、TvTest左下のアイコンからtsファイルを指定して再生してください。 チャプター情報の読み込みに成功していれば、以下のようにチャプターの場所がバーの上に現れます。 この状態で左から2番めのボタンを押せば次のチャプターへ、一番左のボタンを押せばCMやプターを自動スキップしてくれます。 動作確認できれば全設定終わりです。お疲れ様でした。 なお Trim2keyframe.exe だけなぜEXEファイルなのかと申しますと、そのプログラムのみ私がゼロから組んだプログラムでして、私はbatファイルにあまり詳しくなくCで書いたのが原因です... 他のbatファイルは 空に架かる橋 さんのコードを参照し一部改変したものです。 Trim2keyframe.exe も動けばおkな書き方をしているので見苦しいですが、一応ソースコードを上げておきます。 ・AutomkChapter.c さて、今回のプログラムがどういうふうに動くかざっくり説明すると、 ・EDCBの録画終了後、自動で放送局選別 > ・放送局のロゴと無音地帯情報を使ってTrim情報を生成 > ・Trim情報からチャプターファイル生成 となります。 言い換えれば放送局のロゴデータがなければ動きません。 自分で抽出するなり探すなりしてください。 最新版のJoin_logo_scpはロゴデータがなくてもTrimデータが作成できるので、暇があればロゴデータがない場合も動くようにアップデートしようと思います。 バグ、疑問点等あればコメント欄にてお知らせください。 それでは。

      テーマ:
  • 16 Jun
    • DTVの世界へ~TVTest&EDCB環境構築編~

      こんにちは。 今日はDTV(ド◯モのあれではない)と言われる、PCでのテレビ視聴&録画に関する記事です、 DTVとは具体的に何かを説明する前に、現在の地デジの仕組みについてすこし解説。 まず地デジの放送電波は「スクランブル」と呼ばれる南京錠により、金庫でがっちり固められた状態で私達のところまでやってきます。 電波がテレビまでやってきたら、鍵を使って箱を開けなければいけません。 その鍵の役割をするのがB-CASカードです。 本来は有料放送のためのスクランブルなのですが、そこに天下り的な利権がごちゃごちゃ絡んでNHKや民法にもスクランブルがかけられています。 で、有料放送はもちろん金を払わなければ見れませんが、民法などは金を払わなくても見ることができます。しかし、この録画ファイルはスクランブルによってプロテクトがかかっており、コピー回数が制限されたり自由に動画編集ができないようにしてあります。 みなさんも、外付けHDDで録画した番組を別のテレビに接続して視聴しようとしてもできなかったり、DVDにダビングしたらレコーダーから元の録画データが消えてしまったといった経験はあるのではないでしょうか。 このプロテクトはCPRMと呼ばれており、これを解除することは違法です。 今回紹介するDTVを使えば、スクランブルを「無視」できるんです。 これはどういうことかというと、動画ファイルを煮るなり焼くなり好きにできるということです。 スクランブルを「無視」しているので、はじめからCPRMプロテクトもかかっておらず、したがって違法にプロテクトを解除する必要もないということです。 ここまで聞いても「それ、やばいんじゃないの」と思う方もいるかもしれませんが、DTVチューナーは各社から合法的に発売されているのでご安心を。 さて、前置きはこれくらいにして、環境構築いきましょう。 ◯用意するもの (ハード) ・デスクトップPC(録画だけならCeleronでもOK、視聴もするならCore i推奨) ・録画用HDD(サーバー的な使い方をするのでHDD推奨) ・DTVチューナー ・ICカードリーダー ・B-CASカード (ソフト) ・OS(Windows or Linux) ・各種ドライバ、ランタイム ・TVTest ・EDCB ・Bondriver ざっくり言えばこのくらいです。ここからは私の環境に沿って説明していきます。 ◯私の環境 (PC環境) ・CPU Core i3 540 ・マザー 不明(もらいもののデスクトップから引剥がしたもの) ・メモリ 4GB ・録画用ストレージ HDD 2TB ・OS Windows10 ・カードリーダー 変換名人 ICカードリーダー ・チューナー Earthsoft PT2 (テレビ視聴録画環境) ・TVTest 0.9.0 ・EDCB 10.69 abt8WG版 ・Bondriver デスクトップを一台譲り受けたので組んでみたって感じです。 PT2はヤフオクでICカードリーダー&B-CAS込で9000くらいで落札。 今回はゼロからテレビを視聴、録画できるようになるところまでいきます。 あ、PT2やカードリーダーの取り付けは各々お願いしますね。 ◯導入手順 (インストール編) 1, EarthsoftのサイトからPT2のドライバとSDKをダウンロードし、インストール。 http://earthsoft.jp/PT1_PT2/download.html 2, BonDriver_PT-ST(人柱版3)、TVTest 0.9.0、EDCB abt8WG版をそれぞれダウンロード。後者2つはソースファイルなので後でビルドします。ファイルはググればすぐ出てきます。 なお、これから集めるソフトなどは32bit版で統一します。64bit版は不安定なことがあるので。 3, 各種ランタイムのインストール。VC++ 2005と2010が必要。以下リンク。 https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=3387 https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5555 4, VisualStudio Express 2013をインストール。 https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=48131 最新の2015じゃないのは気分。 5, 各種ソースファイルのビルド これも説明すると長くなるのでググッてください...すみません。 6, ビルドしてできたTVTest、EDCBのフォルダをC:\TVに移動。 EDCBのTVTest用プラグインなどもこのタイミングで移動。 (TVTest編) 1, BonDriver_UDP.dll関係のファイルを入手するために、TVTest 0.7.23 ビルド済みファイルを入手する。 これもググってください。ファイルの中身にBonDriver_UDP.dll、BonDriver_UDP.iniがあるはず。 2, BonDriver_UDP.dll、BonDriver_UDP.iniをC:\TV\TVTestに配置 3, MPV Decoderをダウンロード、インストール http://www.free-codecs.com/download/mpv_decoder.htm 4, TVTest.exeを起動、各種設定 ・ 映像>MPEG-2デコーダー(M)に、MPC MPEG-2 Video Decoder を選択 ・ 表示>スクリーンセーバーを無効にする にチェック ・ 表示>モニタの省電力機能を無効にする にチェック 以上でTVTestの設定は終わりです。 その他の設定は各々お好みで。 (EDCB編) 1, BonDriver_PT-ST(人柱版3)の中身のファイルを、すべてEDCBフォルダ下のBonDriverフォルダへコピー 2, BonDriver_PT-S.dllを複製し、BonDriver_PT-S0.dllとBonDriver_PT-S1.dllにリネーム PT-Tがつくファイルも同様に複製しリネーム 3, 下記リンクからBonDriver_PT-S.Chset.txtをダウンロードし、EDCBのBonDriverフォルダへ上書き https://github.com/epgdatacapbon/BonDriver_PT-ST 4, B25Decoder.dllというファイルをダウンロード、EDCBフォルダ直下へ ググッて手に入れてください。 5, EpgDataCap_Bon.exeを起動、チャンネルスキャンをそれぞれのBonDriverで実行 6, EpgDataCap_Bon各種設定 ・ 起動した最初の画面で、UDP にチェック ・ 設定>基本設定で、録画ファイルの保存場所を指定 ・ 設定>動画設定でスクランブル解除処理を行う にチェック ・ 設定>動画設定でEMM更新処理を行う にチェック ・ 設定>EPG取得設定で、EPG取得する局を指定(◯◯テレビ2とか◯◯放送3とかはチェック外してOK) ・ 設定>サービス表示設定で、各BonDriverについて表示するサービスを指定(EPGを取得する局と同じ) ・ 設定>外部アプリケーション設定にて、使用exeパスにTVTest.exe を指定、コマンドラインオプションで、 /d bonDriver_UDP.dll /nd /p を指定 7, EpgTimer各種設定 ・基本設定>チューナーで、チューナー数をすべて「1」に設定 ・基本設定>チューナー>EPGデータの取得に使用するで、PT-T0、PT-S0 を選択しチェック ・動作設定>録画動作>UDP、TCP送信を行う にチェック ・外部アプリケーション設定>TVTest連携の欄を、EDCBと同じように設定 ・外部アプリケーション設定>TVTest連携>視聴に使用するBonDriverにて、すべてのBonDriverを追加 以上で視聴、録画の設定は終わりです。 番組表の設定などは各自行ってください。 備忘録として書いたのでわかりにくいところはあるかもしれません。 テレビの見方は、EpgTimerの番組表にて、放送局名をダブルクリックでTVTestが起動し、視聴することができます。 この構成のおおまかな流れですが、 PT2 → BonDriver → EDCB(ここでスクランブル解除) → TVTest となっています。 他のブログさんでは 視聴 PT2 → BonDriver → TVTest 録画 PT2 → BonDriver → EDCB という構成になっていることが多いのですが、私は視聴と録画環境が一元化されていたほうがよいと思うので、EDCBで一括して管理しています。 私の構成だとチューナーの使用が競合することもないです。 しかし、これだと普通のレコーダーなどができるCMカットはされておらず、録画ファイルを自由に編集できるDTVの良さを活かせていません。 これを解決するためには 1, CMカットされた動画をエンコードし視聴 2, CMチャプター情報が記載されたファイルを作成し、それを読み込ませて視聴 この2つの方法があります。 私はいろいろ試行錯誤した末、2の方法を採用しました。 それに関してはまた次回~。 P.S. 今回使用しているPCのパーツ材料となったPCはNECのVALUESTAR VL150 BSというものなのですが、マザーの形式がなんとも意味不明。ぱっと見Mini-ATXなのですが、コネクタの形状などがところどころ違う。 おかげでPCケース前面の電源ボタンやらUSBが使用できない状態。 VALUESTARの前面ボードを利用して、現在こんなことに。 今度パーツのアップデートしよう。

      テーマ:
  • 06 May
    • Chromecast がやってきた

      こんにちは。 前々から気になっていた Chromecast がめでたくモデルチェンジをしたということで、導入してみました。 箱のデザイン。あんまりGoogleっぽくないかな? 本体です。カラーはブラック、コーラル、レモネードの三色です。 全モデルと比較して大きな変更点は、802.11acに対応したことですね。 キャストまでのラグが軽減されると思います。 取り付け方はこんな感じ。TVのUSBから給電できます。 以下使ってみた感想。 ◯良かった点 1.コードレスで大画面 当たり前ですが、ノートPCの画面を大きな画面で表示できるので、動画を見るのは快適になりました。HDMIケーブルとおさらばできたのも嬉しいです。 2.キャスト元のデバイスでは動画が再生されない 対応したアプリに限りますが、下の画像のようにキャスト中は元のデバイス側では動画再生はされません。無駄なバッテリー消費がなくてよい。 ◯惜しい点 1.PCのミラーリングができない ここが Apple TV との最大の差だと思いますが、PCの画面をミラーリングすることはできません。あくまでChromeブラウザの画面をキャストするだけなので、大きい画面で写真編集とかはできないということです。 2.けっこう発熱する 第二世代で発熱が抑えられたらしいのですが、普通に熱くなります。TVの排熱とかで故障しないか心配。 以上です。なんだかんだ言いましたが、 買ってよかったと思います。 5000円しませんし、とりあえず家に置いとくか、って感覚で買ってみては。 おわり。

      1
      テーマ:
  • 28 Mar
    • HP Chromebook 11との格闘 其の三

      こんばんは~。 其の三も元気にいきますよ! 前回ChromebookにLinuxをインストールした私ですが、しばらくして思ったんですよ。 「これ、ChromeOS要らなくね?」 一度考えてしまうとChromeOSが邪魔で仕方がない。 XubuntuにできてChromeOSにできないことは山程ありますが、その逆は皆無です。 で、どうにかLinuxだけをインストールできないかと調べたところ、なんとかできそうな感じだったのでトライしてみました。 参考にしたのはこことかこことかこことか。 方法はややこしいのでここでは割愛しますが、結論を言うと、 ぶっ壊した... なんと買って数日のPCが、綺麗な置物になってしまいました。 原因は普通のPCでいうBIOSに当たる部分の焼きミス。 同じ基盤だから行けるだろ、と高を括って他のPCのものを焼いたのが間違いでした。 後で調べたらちゃんとHP Chromebook 11用のものもあった... 流石にこれで諦めるわけにはいかないので、基盤を交換して自分で直しました。 このPCの分解情報がこれまた皆無でして、手探りでの分解でした。 需要はあるかわかりませんが、一応バラす手順を記しておきます。 1.Google色のラバー部分を外す 爪で引っかかっているだけなので、力を加えると簡単に外れます。 2.合計8箇所のネジを外し、裏蓋を開ける ネジは合計で8箇所に埋まってます。 6箇所は太いラバー部分の下に、2箇所は細いラバー部分の下にあります。 細いラバーは両面テープで貼り付けられているので、ドライヤーなどですこし温めてマイナスドライバーでゴリゴリいくと剥がせます。 この時ラバー部分が折れないように注意してください。 外すと中身が見えます。 3.基盤を外す ケーブル等を外して基盤を取り出します。 リボンケーブルは下の写真の黒い部分を上げると外れるようになっています。 4.新しい基盤を取り付ける あとは新しい基盤を取り付け、組み直すだけです。 ちなみにChromebookにはシステム領域へのアクセスをハード的に制限するWrite Protect Screwというものがあります。 このネジを外すとメイリオなどのフォントを入れることができるようになったりします。 HP Chromebook 11のWrite Protect Screwはこれ。 これで基盤交換が終わりました。 お亡くなりになった基盤です。 実は基盤交換の他に、eMMCに直接書き込むという技もあったのですが、手順がめちゃくちゃ厄介なのと、書き込むための道具を揃えていたら新しい基盤を買ったほうが安いということで、eBayで基盤を購入しました。 そんなこんなで復活した我が家のChromebookですが、ChromeOSで意外と不便しないことに気付いたので、現在は大人しくCroutonでXubuntuをインストールして使っています。 Youtubeの1080p60fpsの動画を再生するとかなりカクつきますが、それ以外は満足です。 長く大切に使っていこうと思います。 追記 このChromebook最大の見所・・・それは・・・ 背面のデザインが光ること・・・ おわり。

      テーマ:
    • HP Chromebook 11との格闘 其の二

      こんばんは~。 本日2本目です。 今日はおそ松さんの最終回観るまでは眠れないので、ガンガン記事上げていこうと思います。 前回はHP Chromebook 11の紹介をしました。 今回はChromebookでLinuxを動かす方法を紹介します。 方法は、 1.Crouton 2.Chrubuntu この2つがあるんですが、今回は1つ目の方法を採用しました。 以下インストール方法。 1.Chromebookをデベロッパーモードへ移行 ・電源を切って、esc + F3 + 電源ボタンを押して起動。 ・Ctrl + Dを押して、再起動を待つ。 ChromeOSでは設定やソフトは全てオンライン上にあるのでほとんど影響がありませんが、この際データはすべて削除されるので注意してください。 2.Croutonをダウンロード ・https://goo.gl/fd3zcにアクセス。 3.Linux(今回はXubuntu)をインストール ・Crouton Integrationをインストール。 ・Chrome上でCtrl + Alt + Tを押してターミナルを起動し、Shellと打ち込む。 ・sudo sh ~/Downloads/crouton -t xiwi,xfce -r wilyと打ち込む。 ・処理が終了したらUNIXのユーザ名とパスを聞かれるので入力。 以上でインストールは終了です。 Linuxを起動するにはターミナルにShellと入力した状態から、 sudo startxfce4 と入力するだけです。 成功すればウィンドウ内でLinuxを使えるようになります。 これでコンパイラも使えるし、いいかなとも思ったのですが... 私はこれでは満足しなかった...其の三へ続く... おわり。

      テーマ:
    • HP Chromebook 11との格闘 其の一

      こんばんは~。 今回はApple脱却計画第二弾です。 前回はスマホでしたが、今回はノートPCです。 所有していたMacbook Airも良かったんですが、正直家ではデスクトップしか使いませんし、Airほどのスペックはなくてもいいかなーと思っていました。 そんなわけで、 発売当初から欲しかったHP Chromebook 11を購入。 日本では未発売なのでUSAmazonから輸入代行業者を通して購入しました。 こいつに決めた理由は、 1.見た目がいい 2.ChromeOS触りたい 3.充電がmicroUSBでできる この3つです。 特に最後の理由はかなり大きいですね~。 モバイルバッテリーで充電(正しくは給電)できちゃいますし、充電器一つでPC、スマホ、タブレット、モバイルバッテリーのすべてを充電できちゃうのは旅行でかなり助かってます。 ちなみに裏はこんな感じ。 カラーラインナップはGoogle色のブルー、レッド、イエロー、グリーンの4色です。 スペックは以下。 ・CPU:Exynos 5250 armv7 ・RAM:2GB ・ROM:16GB(eMMC) ・ディスプレイ:IPS 1920×1080 正直かなり低スペです。 この価格帯の他PCに比べて突出してるのはディスプレイですね。 IPS液晶を採用しているため、画面は見やすいです。 ハード面の紹介はこのくらいにして、ソフト面の紹介もしていきますよ~。 まず特徴的なのが、採用しているOSがChromeOSということです。 そもそもChromeOSってなんなんだってことなんですが、皆さんもよくお世話になっているブラウザ、ChromeがそのままOSになったものです。 つまり、基本的にはブラウザのChromeでできることしかできません。 最近はオフラインのソフトも充実してきているようで、 文書作成や表計算はGoogle オフラインドキュメントというソフトでオフラインでも扱えるようになっています。 どうしてもMicrosoftのOfficeが使いたいという方も、Office Onlineという無料のWebアプリでWordやExcelのファイルを作成、編集できます。 私の大学はWiFiが使えますし、いざとなったらスマホでテザリングすればいいわけですから、Web閲覧、文書作成くらいしかしない私にはChromeOSで十分... と言いたいところなのですが、私はノートPCでやることがもう一つありました... プログラミングの勉強ですよ。 何が問題って、ChromeOSじゃコンパイラを使えなんですよね。 ノートPCで書いてデスクトップでコンパイルって、めんどくさすぎます。 実はChormebookではLinuxを動かせるソフトが存在しており、今回はそいつを使わせていただきました。 長くなったのでLinuxのインストールは次の記事で。 おわり。

      2
      テーマ:
  • 16 Feb
    • HTC J Oneを買ってみた

      こんにちは~。 久々にAndroid端末を買ってみました。 現在管理人は脱Apple信者計画を推し進めてまして、今回はその第一弾です。 こちらがHTC J One。 アルミボディがかっこいいです。 スペックは以下。 ・CPU:Snapdragon 600 ・メモリ:2GB ・内臓ストレージ:32GB ・外部ストレージ:64GBまで ・バッテリー:2300mAh ・ディスプレイ:1920×1080 FHD こんな感じで、今でもバリバリ使える端末ですが、ヤフオクで1万弱で落札できます。 いい世の中になりましたねえ。 さて、HTC端末を買ったら真っ先にやるのがS-OFFとブートローダーアンロックです。 ほんの少し苦戦したので備忘録。 ○用意するもの ・HTC J One ・Sunshine ・Kingroot ※Kingrootは中華製なので、気持ち悪い方は使用しないでください。 管理人はどうせROM焼いて真っさらにするからいいやーと思い使いました。 ○手順○ 1. Sunshine、Kingrootを端末にインストールし、KIngrootでrootを取る。 2. そのままSunshineで言われるがまま進める。途中支払い画面あり。 3. 端末が一度再起動するので、そのタイミングでもう一度KIngrootでrootを取る。 4. Sunshineを起動して、言われるがまま進める。 これでS-OFFとBLULができました。 当方の環境ではSunshineでtemprootが取れず失敗したため、Kingrootを使いました。 環境によってはKingrootは不要だと思います。 BLULできたらROM焼きです。 いろんなROMがありましたが、私はInsertcoin 7.1.0+Elementalx 20.1を使っています。 以下リンク。 ROM:https://www.androidfilehost.com/?fid=23991606952606989 Kernel:https://www.androidfilehost.com/?fid=23991606952606967 HTC速報のROMと迷いましたが、速報ROMにはバッテリー問題があると某2chに情報があったのでInsertcoinにしました。 NFCが使えるので、Suicaの残高が読めて便利です。 当方環境(au sim)の不具合は ・SMS送受信不可(アンテナピクトにLTEでなくEvと表記されている場合は送受信可) ・再起動後ネットワーク設定がリセットされる(再度4636で設定) またlogo2wake機能がなぜかONにならなかったため、Kernel Adiutorのinit.dにて echo "1" > /sys/android_touch/logo2wake と追記して使っております。 iPhoneからの乗り換えですが、全く不便していません。 やっぱりAndroidは便利だなぁ...。 ※追記 HTC J Oneには紫カメラという、出現率7割のリコールもんだろっていう不具合があります。 この不具合はカメラモジュールの排熱がうまくできていないのが原因で、暗所を撮影しようとすると写真が紫に染まってまともに撮影できなくなるというものです。 排熱が原因ですので本体を冷凍庫で冷やすと一瞬直ります。(真似しないでください) ちなみに私のHTC J Oneは... ばっちり紫でした。 おわり。

      テーマ:
  • 24 Jan
    • 今更ながらPS3専用デジタルチューナー買ってnasneと同時接続してみた

      こんばんは。 今更ながらPS3用のデジタルチューナーを買ってみました。 ヤフオクで3000円ちょっとで落札。 付属品は ・チューナー本体 ・B-CASカード ・USBケーブル ・テレビにつなぐケーブル(ピンが折れてて使えず) ジャンクだったので動くかどうかは賭けでしたが、きっちり動いたのでメモ。 つなげ方は以下。私はnasneを持っているのでnasne+チューナーという環境です。 最初に接続した時はチャンネルスキャンができず、 「あ、ハズレ引いたな」 と思いましたが、配線をやり直してUSBケーブルを交換すると動きました。 ○良かったところ ・nasneがあるので2番組同時録画ができる。 ・nasne2台買うより断然安い。 ○イマイチなところ ・nasneに同時録画はできない。(nasneに録画している間は内臓or外付けHDDに録画) ・もちろんPS4では使えない。 ・torneで裏番組を視聴することはできない。入力を切り替える必要アリ。 PS4はこの春あたりに買うと思いますが、PS4用のBDリモコンが日本では未発売なのでtorne環境を移行するのはやめました。 もしかしたらXbox Oneのほうを買うかも... Forza6やりたい... おわり。

      テーマ:
  • 16 Jan
    • HackintoshなEl Capitanの夢を見た【その3 パーツ選別編】

      最近昼夜逆転しつつある管理人です。 2つ続けてHackintoshの話題を書いてきましたが、今回が最後の記事です。 パーツ選別編とタイトルにありますが、ネットで調べれば成功例がたくさん出てきますので、そっちを見たほうがいいかもしれません。 それではパーツごとにどのパーツがよさげか紹介していきましょう。 ※注意※ 以下のことはすべて管理人の夢の話です。 紹介にあるパーツでも動作しないことがあるかも知れません。 すべて自己責任でお願いします。 1. CPU CPUですが、USB3.0を使うならivy以降をおすすめします。 El CapitanからUSBコントローラが大幅に仕様変更したため、マザーのメーカー独自のUSB3.0チップが使えなくなってしまいました。 ivy以降はネイティブでUSB3.0をサポートしていますので、おそらく大丈夫かと。 安く済ませたい、USB3.0いらないという方はsandyでも全然問題ないと思います。 2. M/B マザーボードですが、昔からGIGABYTEのマザーがよく使われているようです。 その中でも、tonymacx86にあるマザーボードを選んだ方が良いと思います。 CPUと同様の理由で、Intel Chipset 7series以降のチップを搭載したものをおすすめします。 3. グラフィックボード これはぶっちゃけ、なんでも動く感じです。 Maxwell以降のGeforceを使う場合はNvidiaからドライバをインストールする必要があるみたいです。 Maxwell以前でも必要かもしれません。 成功例はRadeonよりGeforceの方が多いです。多分。 4. メモリ メーカーはなんでもいいですが、8GBは欲しいところです。 余裕があれば16GBがいいと思います。 4. SSD(HDD) メーカはなんでもいいです。容量については、128GBはあったほうがいいと思います。 こんな感じで書いてきましたが、実は推奨環境というものが存在します。以下リンクです。 http://www.tonymacx86.com/building-customac-buyers-guide-january-2016.html ここにも推奨パーツが書いてあるのですが、パーツが新しめなのでざっくりとした推奨パーツを書いた次第です。 こんな感じで、今後もまったりHackintoshの記事を書いていこうと思います。 ではまた。

      1
      テーマ:
  • 15 Jan
    • HackintoshなEl Capitanの夢を見た【その2 実用編】

      こんにちは~。 今日は前回に引き続き、自作PCでOSXを動かすという夢のお話をしていきます。 前回はUniBeastでデスクトップを出すところまでやったので、今日はUSBなしで起動できるように調整していきます。 というわけで実用編やっていきましょう! 用意するものはその1に書いてあります。 1.MultiBeastを起動し、必要なものをインストール 自分の環境にあったものをインストールしてください。 私の場合はこんな感じ。 Clover BootloaderとFake SMCはどのマシンでも共通して必要です。 2.Clover Configuratorでconfig.plistを編集 Clover Configuratorを起動して、Mount EFI Partitionという警告が出ると思うので、言われた通りマウント。 Bootタブへ移動して、マシンにあった項目をチェック。 私はこんな感じ。 NvidiaのMaxwellアーキテクチャのグラボを使っている場合は nvda_drv=1 GraphicsEnabler=Yes にしておく必要があるっぽいです。 3.グラボのドライバーをインストール 自分のOSのバージョンにあったNvidia alternative driverとCUDA driverをインストール 10.11.2用のものはリンク貼っておきます。 ・Nvidia alternative driver ・CUDA driver インストール後に再起動を促されるので、再起動してください。 UniBeastが入ったUSBは外してください。 あとはBIOSで起動順位をもとに戻してから再起動すれば、Cloverが起動して、そのままデスクトップが表示されます。 途中で止まる場合はBIOSでEISTを無効にするといいかも知れません。 以上で自作PCにOSXを導入する夢のすべてを語り終えました。 私の環境ではこのほかにUSBのBluetoothモジュールを取り付けて、Appleのマウスとキーボードを使っています。 どこでもMy Macとか使えて便利です。 ではまた。

      1
      テーマ:
  • 14 Jan
    • HackintoshなEl Capitanの夢を見た【その1 準備編】

      お久しぶりです。 前回の更新からPC環境が変わり、iMacから自作PCに移行しました。 しかし持ってるデバイスがApple製ばかりなので、Windowsを使うのはちょっと都合が悪い... と思っていたところ、WinPCにOSXが入る夢を見ましたので、そのお話をしようと思います。 今回は準備編です。 ※注意※ これはあくまでも夢のお話です。この記事の通りの手順を実行してもうまくいくかはわかりません。 またAppleの規約的にグレーな夢です。 すべて自己責任でお願いします。 ◯PC環境 ・M/B:ASUS P8Z68-V/GEN3 ・CPU:Intel Core i7 2600(OC@4.2GHz) ・GPU:Nvidia Geforce 750 ti ・Mem:Kingston製8GB×2 ・SSD:Sandisk Ultra II 128GB ◯必要なもの ・USBメモリ(16GBあれば大丈夫) ・OSXをダウンロードするためのMac ・HackintoshするPC ・有線のキーボード ・根気 ・UniBeast ・MultiBeast 下二つはググればすぐダウンロードできます。(要無料会員登録) ◯手順◯ 1.Mac AppStoreからOSX El Capitanをダウンロード 普通にダウンロードしてください。 2.USBをフォーマット ディスクユーティリティを開いて、こんな感じでフォーマット。 3.UniBeastでインストールディスク作成 UniBeastを起動して、適当に進めてインストール。 ちなみに私は ・Boot mode --- Legacy Boot mode ・その他オプション --- 特にチェックいれてない 4.USBから起動 BIOSで起動順位のてっぺんをUSBにしてからPCを起動。 El CapitanではCloverがよく使われるみたいです。 こんな画面になったら、下のOptionへ移動。 私はテーマを適用していますので、実際はもっとシンプルな感じです。 Boot Argesのところに nv_disable=1 -v を追記。 5.普通にインストール トップメニューに戻ったら、Boot From USBを選択。 OSXのインストールメニューが出る(はず)ので、ディスクユーティリティでSSDの中身を消去するなり、とにかく普通にインストール。 6.起動 インストールが終わったら、USBを刺したままにして再起動されるのを待つ。 再起動され、Cloverのメニューが表示されたら、OptionのBoot Argesに nv_disable=1 -v を再び追記し、先ほどOSをインストールしたHDDなりSSDなりからOS起動。 あとは初期設定を済ませれば、とりあえずEl Capitanのデスクトップは拝めます。 しかし、この状態だとグラボが動いていなかったり、SSD単体では起動できないので、次回のエントリーではそのあたりをなんとかしていきます。 ではまた。

      1
      テーマ:
  • 06 Nov
    • iMac mid2010のCPU換装

      どうも、お久しぶりです。 いつぶりの更新か忘れてしまいましたが、その間に2台PCを購入しました。 1台目はMacbook air 11inch 2015モデル、2台目はiMac 21.5inch 2010モデルです。 Macbook airはすごい使い勝手よかったんですけど、家で使うにはやっぱり小さいんですよね。 メインPCが欲しくなった結果iMacに手を出してみました。 イオシスで3万くらいで購入しました。安い!!! 購入したのは当時のiMacの最下位モデルで、スペックは ・CPU: Core i3 540 ・メモリ: 4GB ・HDD: 500GB ・GPU: Radeon 4670 Onboard こんな感じ。 Photoshopやらマインクラフトやらやりたい自分としてはもうちょいスペックをあげたいところなので、 CPUの交換を決意。 ソケットはLGA1156なので、i7 880が動くかと思いきや... 調べてみると電力不足で動かないということで、どうしたもんかと思っていたら、 「省電力版のi7 870Sは動く」という価格ドットコムさんの情報を発見し、 i7 870Sのバルク品を購入。 ちなみに27inchモデルは電力不足にはならないそうです。 それではCPU交換の手順をざっと紹介します。 途中から夢中になりすぎて写真撮り忘れてるところもありますがご勘弁。 ○用意するもの ・バキュームリフター(100均の吸盤でもいけるっちゃいける) PROMATE バキュームリフター/ダイドーコーポレーション ¥606Amazon.co.jp ・トルクスドライバー AC6088A 38in1特殊ドライバーセット トルクス ヘクスローブ 六角棒 Y型 三角ネジ.../アカウント株式会社 ¥999Amazon.co.jp ・CPUグリス AINEX シルバーグリス [AS05]/AINEX ¥1,345Amazon.co.jp ・CPU本体(私はi5 680とi7 870Sで迷いました) インテル Boxed Intel Core i7 i7-870S 2.66GHz 8M LGA.../インテル Amazon.co.jp 換装ですが、一体型PCはボックス型に比べると内容物をギリギリにぶちこんであるので、 自作PC経験がある人でも割と苦労すると思います。 真似する場合は自己責任で。構造が同じLate 2009でもできるかな? ○換装手順 1. まずはカバーガラスを外します。 バキュームリフターですんなり外れます。 この前にメモリも外しておきましょう。 2. 液晶パネルを外します。 ケーブルが4つ基盤にささってますので、4つすべて慎重に外してください。 中身が見えます。 3. AirMac Express、HDD、DVDドライブを外します。 どのネジかわかるようにしておきましょう。 4. 電源ユニットを外します。 5. マザーボードについているケーブルをすべて外します。 この時点で「これもどせるかな...」と思った人は回れ右するのが賢明です。 6. 光学ドライブ用のファンを外して、マザーボードをごそっと引き抜きます。 引き抜くとこんな感じ。 7. ヒートシンクを外してCPU交換。 この手順は他のIntelCPUと同じです。 保証対象外のシールを剥がす時ってワクワクしますよね。 あとはこの手順を逆にやるだけです。 マザーボードですが、戻すのが本当に大変です... これがなかなかはまらない。 USBスロットとメモリスロットがきちんと合っているかを確認しながら作業しましょう。 ・感想 体感としては結構変わりました。4コア8スレッドの恩恵はソフト次第ですが... 一番嬉しいのはマインクラフトがそこそこ動くようになったことですね。 GPUが貧弱なのでキツイかなと思っていたんですが、i3の時のカクカクはほぼ消えました。 あとはSSD換装とメモリ増設だな... おわり。

      12
      3
      テーマ:
  • 15 Apr
    • Xperia Z1 CompactにLollipop到来!

      お久しぶりですー。 ついに来ましたね、Android5.0、通称Lollipopが。 3月くらいにアプデするとソニーは言っていた気がするのですが、だいぶ遅れましたね・・・ 私も早速導入してみました。今回はrootも取ってみます。 ◯PC環境 ・Linux Mint 17 ◯デバイス ・Xperia Z1f(root化、カスタムリカバリ導入済み) ◯用意するもの ・Android 5.0のftf(Xperifirmでダウンロードできます。私はオーストリア版を使用) ・SuperSU.zip ・Dualrecovery(flashableをダウンロード) ・FlashTool ・cubeさんのtwrp_prerooted_Z1f.zip なお、7zaコマンドを使用できる環境を整えておいてください。難しい場合はなくてもOK ◯手順 1.XperiFirmでダウンロードし作成したftfファイルの拡張子を.zipに変更 2.拡張子を変更したファイルを展開し、出てきた    system.sin    rpm.sin    kernel.sin をFlashToolのTools/Sin Editorから選択し、Extraxt dataを選択 3.出てきた     system.ext4     rpm.elf     kernel.elf と同一フォルダ内にcubeさんのzipファイルを置き、     7za a -tzip twrp_prerooted_Z1f.zip system.ext4     7za a -tzip twrp_prerooted_Z1f.zip kernel.elf     7za a -tzip twrp_prerooted_Z1f.zip rpm.elf とコマンドラインで実行 7zaとかよくわからん、という人は、zipファイルを解凍し、 3つのファイルを追加して再びzipファイルを作成してもOKです 4.作成したzipファイル、SuperSU.zip、dualrecoveryをカスタムリカバリで焼く 以上の手順でroot化&カスタムリカバリ導入済みのLollipopをインストールできました。 WindowsにはPRFCreaterというツールがあるので、それを使ってもいいかもしれません。 iOSと同じようにロック画面に通知が表示されるの、なかなか便利ですよ。 ではまた...         

      2
      テーマ:
  • 03 Sep
    • 【要root】ロック画面の「ロック解除するには...」を消す【Xperia】

      こんばんは。 立て続けの投稿です。 XperiaZの時は数回ロック解除したら消えていた(?)「ロック解除するにはスワイプしてください」の文字がZ1fでは消えなくなっていて、邪魔くさかったので消しました。 apkをうpしておくので、自己責任で導入してください。 ○用意するもの ・XperiaZ1f (14.3.B.0.310) ・XperiaLockScreen.apk ○導入方法 1./system/app/XperiaLockScreen.apkと/system/app/XperiaLockScreen.odexを削除 2.ダウンロードしたXperiaLockScreen.apkを/system/appにコピーして再起動 スッキリしました。 このapkはZ1fにしか使えませんが、消す方法自体はどのXperiaでも可能だと思うので、知りたい方がいたらコメントで知らせてください。 ではまた...

      7
      テーマ:
    • ブログ再開

      こんばんは。 約5ヶ月ぶりくらいの更新ですかね... 以前所持していたXperiaZのバッテリーがいよいよオシャカになってきたので、XperiaZ1fに機種変しました! このサイズ感といい、Snapdragon800の快適な動作といい、バッテリーの持ちといい、僕としてはかなりいい感じなスマホです。 で...XperiaZ1fはcubeさんなどroot界隈の大御所が持っているので、この際androidのことを勉強し直そうと思い、ブログを再開することにしました。 それでは、心機一転ということで、これからもよろしくお願いします。 ではまた。

      テーマ:
  • 03 Apr
    • XperiaZ(SO-02E) ステータスバー時計2段表示+充電完了でLED消灯

      こんにちは! 今日は久々にmodを上げてみます。 個人的にナビバーはゴチャらせたくないので、デフォルトのままにしてます。 変更点は、ステータスバー時計2段表示+充電完了でLED消灯です。 では導入方法。 ○準備物 ・バージョンが 10.1.D.0.333+TWRP or CWMが導入されたXperiaZ ・CirnonMod.zip ○手順 1./system/app/systemUI.odex をバックアップして、削除しておく 2.TWRPを起動し、「Install」を選択 3.CirnonMod.zipを選択して、インストール 4.「wipe cache/dalvik」を選択して、実行し、再起動 これで終わりです。手順3でエラーが出た場合も、かまわず進めば成功します。 適用後の画面   こんな感じ。 あ、あとナビバーの高さを調節するには framework-res.apk の/res/values/dimens.xml内の <dimen name="navigation_bar_height">48.0dip</dimen> <dimen name="navigation_bar_height_landscape">48.0dip</dimen> <dimen name="navigation_bar_width">42.0dip</dimen> の数値をいじればいけると思います。 ではノシ

      1
      3
      テーマ:
  • 28 Mar
    • XperiaZ アップデート(3/28)

      こんばんは! 今日はXperiaZのアップデートがきてたので、お知らせします。 ftf作成がてら、PCでアプデしたほうがいいと思います。 今回の主な変更点は、ホワイトキャリブレーション機能が追加されたことです。 これでいわゆる「滲み」問題を解決することができます。 アプデ後もrootは取れるので、時間があったらやってみましょう。 ちなみに、ナビバー透過は現状できそうにないです。 どうやってもアルファ値が有効にならないもんで・・・ ではノシ

      テーマ:
  • 25 Mar
    • TWRP機能紹介

      こんにちは! ちょっと忙しくて更新できずにいました。すみませんでしたm(__)m 今日からはコメントに書き込んで下さったリクエストにお答えしていこうと思います。 では第一弾のTWRP機能紹介です。 導入方法は過去記事をご覧ください。 ○Install この項目では、主にxdaの方々が作ったzipファイルを焼くことができます。 Xperia ZはBootLoaderがロックされていますので、あまり使わないかもしれません。 ○Wipe この項目では、選択したデータを削除できます。 例えばアプリのデータだけ消したいって時に使えます。 もちろん初期化も可能です。 ○Backup この項目では、今の環境をそのままバックアップしてくれます。 アプリのデータやら設定やら全部まるごとです。 Systemファイルをいじっていて、文鎮化してしまった...という時に、これで元に戻せます。 ○Restore 先ほどのBackup項目でとったバックアップから復元できる項目です。 ○Mount この項目では、PC上で端末の中のファイルを操作することができます。 意外と重宝したりします。 ○Setting この項目は小難しい項目が並んでます。 開発者でもない限りこの項目とは無縁かと思います。 ただ、ここでタイムゾーンとスクリーンが暗くなるまでの時間と明るさが調節できます。 ○Advanced ・Copy Log to SD SDカードにログをコピーします。そのままです。 ・Fix Permission これはパーミッション操作をミスった時に元に戻してくれます。 未だに一度も使ったことないですけど... ・Partition SD Card ここではSDカードのパーティションを切れます。 でもPC上でやったほうが確実だと思うので使わないほうがいいです。 ・File Manager その名の通り、ファイルマネージャー。 ファイル上で長押ししたらコピー等の項目が出てきます。 ただ、スクロールがカクカクで使い物になりません。 おまけに内部ストレージやSD内のファイルは見ることができません。 ・Terminal Command 選択したフォルダ内でコマンドが使えます。 ただ、文字を消せなかったりキーボードが重かったりで使えるとは言いがたいです。 ・Reload Theme TWRP内で表示が崩れた時にリセットしてくれます。 ・ADB Sideload PC上でコマンドを打って端末にファイルを送れます。 例えば push hoge.hoge /なんちゃら とか。 ○Reboot みなさん分かると思うので省略。 これで全部だと思います。 なんか抜けてたり分からなかいところがあったらコメント下さい。 ここは初心者大歓迎ですので、どんどん質問しちゃって下さい。 分かることはお教えしたいと思います。 ではノシ 【次回予告】ナビバー透過(できるか分からないけど)

      13
      テーマ:
  • 18 Mar
    • XperiaZ(SO-02E)にTWRPを導入!

      こんばんは! 記事のネタが全くありませんので、TWRPの導入方法を説明します。 説明するほどでもないのですが・・・ TWRPとは、簡単にいえば今の環境をそのままバックアップしてくれるツールです。 root化して色々いじってると文鎮化しちゃったってとき、すぐにもとに戻せるのでとっても便利。 じゃあ導入してみましょう ○手順 1.[APP/RECOVERY] TWRP 2.4.3.0 for lockled bootloaders installer から、 「XZRecovery.apk」をダウンロードし、インストール 2.rootを許可して、「Install recovery」を選択 3.「All done!」と表示されたら再起動 これでおしまいです。 ○TWRP起動手順 1.ブートロゴの「SONY」が出て、LEDランプが緑色に光ったら、紫色に光るまでブリュームダウンを長押し 2.メニューが出てくるので、目的に合わせ項目を選択 ここでバックアップしておけば、いざ文鎮化してもすぐに環境を戻せます。 これでますます弄りやすくなりますね! あ、あと書くネタがないので、検証して欲しいことがあったらコメントください。 できる限り答えさせていただきます。 ではノシ

      14
      テーマ:
  • 14 Mar
    • XperiaZ(SO-02E)でシャッター音ON/OFFオプションを表示!

      こんにちは! 今日は2chで方法が紹介されていた、XperiaZのカメラ音のON/OFFオプションを表示させる方法を試してみました。(Thanks! XperiaZ rootスレ part4 185さん) 結果、うまくいきました! では手順(要root) ○準備物 ・SemcCameraUI.apk ○手順 1.上のリンクからapkをダウンロード 2.パーミッションを下のように変更し(下の写真はESエクスプローラ)、/system/appに上書き これでOKです。 こんな感じでオプションが現れます。 見つけて下さった方に感謝ですね! ではノシ

      1
      4
      テーマ:

プロフィール

ちゃろ

性別:
男性
血液型:
B型
お住まいの地域:
京都府
自己紹介:
ちゃろです。 暇なときにぽつぽつPC関係の記事を上げていきます。 よろしくお願いします。

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ランキング

総合ランキング
230752 位
総合月間
245957 位
パソコン・インターネット
356 位
家電情報
126 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。