静岡県熱海市などの会員制温泉ホテル「岡本ホテル」を運営する「オー・エム・シー」(東京都中央区)が多額の預託金を集めたとされる事件で、同市のホテルでは昨年7月から従業員への給与支払いが滞り始めたことが26日、関係者への取材で分かった。
 オー社は約200億円を集めたとされるが、警視庁組織犯罪対策4課などはこのころから資金繰りに行き詰まったとみて、巨額資金の流れを調べている。
 関係者によると、同ホテルは同月から現在の間、従業員に対する給与支払いが滞り、遅配が続いている。男性従業員は「給料の問題で辞めていく社員は多い。10人以上はいると思う」と話した。
 アルバイトの男性は「業界で悪いうわさが流れてしまっている。新しい料理人もなかなか見つからない」と指摘。昨年以降、宿泊客が減っており、経営が悪化しているという。
 関係資料などによると、同ホテルは昨年7月と今月、熱海市から税金滞納などの理由で差し押さえも受けている。
 オー社ホームページなどによると、同社は2005年に「岡本倶楽部」を設立し、会員を募集。入会諸費用のうち、8~9割に当たる預かり保証金は償還期限の5年後に全額返済するなどとしていた。 

はるか遠い未来の植物との暮らし、伊勢丹新宿店に(Business Media 誠)
奈良連続婦女暴行、容疑者逮捕「わいせつ行為は口止め」(産経新聞)
<新潟切断遺体>20~30歳の男性 出血性ショック死(毎日新聞)
婚姻届偽造し連れ子の娘と…57歳男を不起訴(産経新聞)
小6教科書に「縄文時代」復活、10年ぶり(読売新聞)
AD