東京大学は5日、大学院工学系研究科のアニリール・セルカン助教(36)の博士論文に他人の論文からの悪質な盗用などの不正が見つかったとして、03年に授与した工学博士の学位を取り消したと発表した。論文不正で博士の学位が取り消されたのは東大で初めて。

 東大によると、学位を申請した宇宙での長期滞在施設に関する論文全376ページのうち約4割の149ページで他人の論文からの盗用が見つかった。他人の論文の主語を自分に書き換えるなどした悪質な盗用やその疑いがある個所は計21カ所あった。セルカン助教は盗用した事実を認めているという。

 セルカン助教はトルコ国籍。東大博士課程、宇宙航空研究開発機構研究員を経て、05年に東大大学院建築学専攻助手(現助教)になった。自身の著書やブログで「米航空宇宙局(NASA)で訓練したトルコ人初の宇宙飛行士候補」と称して講演や執筆活動を続けていた。昨年秋に経歴を疑問視する声や論文不正の指摘が東大に寄せられ、調査委が設置されていた。

 東大の佐藤慎一副学長は「極めて遺憾である。二度とこのようなことがないよう、全学をあげて取り組んでまいりたい」とのコメントを発表した。

 東大の決定を受け、中央公論新社は5日、セルカン氏の著書「ポケットの中の宇宙」(中公新書ラクレ)を絶版にしたと発表した。【江口一】

【関連ニュース】
ナノ微粒子:遺伝子を搬送、がん治療に応用も 東大が実験
東北大:学長の過去の論文に不正…教授らが告発文書
新型インフル:東大、名古屋大など追試せず
東北大:学長の「論文に不正」 教授らが告発文書
ナノ微粒子:遺伝子運ぶ がん治療に応用も--東大マウス実験

<掘り出しニュース>スリッパ卓球、100人がラリー(毎日新聞)
【大阪万博40年 熱狂が残したもの】(上)こんな日本があったんや(産経新聞)
<恐喝未遂>「みかじめ料」要求容疑で組員逮捕 愛知県警(毎日新聞)
戦後最悪は昨年1~3月期=年13.7%減に改定-内閣府(時事通信)
雑記帳 広告の新媒体?電通本社ビルがメッセージ直接発信(毎日新聞)
AD