リボンシルエットのがま口バッグ:SHIHOMI du ruban : リボンのSHIHOMI

リボンシルエットのがま口バッグ。少女の頃から大好きなリボンにレースやフリルを添えて。ラッキーモチーフのリボンシルエットガマグチでみなさんに幸せが結ばれるといいな。

               大人の女性のための
               エレガントでかわいい
           リボンシルエットのがまぐちバッグ
                とリボン小間物
      

テーマ:

こんにちは、
大人の女性のための、エレガントで可愛い
リボンシルエットのがま口バッグとリボン小間物
リボンのSHIHOMIです。

 

2017年、今年の作り始めのバッグです。

尾州産地の生地です。

ゴブラン織はかなりのヴィンテージ物、購入した時にこの生地屋の社長さんと話したのですが、かなりたいへんな工程があり今は作れる職人さんはほとんどいないのだとおっしゃっていました。

色見本として作られた生地。今となっては私の作品のために作られた生地のようです。

ファンシージャカードはパリのメゾン生地の試作なのかな?

シルバーラメ、段染めのスラブヤーン、段染めのフェザーヤーン。

シルクと麻っぽい手触り。とても贅沢な糸使いです。

 

私が、がま口バッグを作ろうと思ったきっかけ、いろんな思いで始めました。

その中の一つにお洋服の生地で作れるという要素が私にとって魅力的でした。

お洋服や雑貨のデザイナーを経験して生地の面白さはやはりお洋服の方です。

明確に雑貨、バッグ用の生地というのがあるわけではありませんがバッグを作ろうという感覚で生地を探すとどうしても丈夫じゃなくてはということがついて回り面白い生地に行き着きません。

お洋服を選ぶ感覚でバッグの生地を選んでいます。

願わくば、バッグもお洋服も手がけることができたらとの思いもあります。

 

がま口バッグを作り始めた頃、まずはポシェットタイプのがま口を作り出しました。

作っているうちに、もっと大きく、もっとたくさん入るサイズでという欲が出てきます。

大きなサイズになると生地への負担も大きくなります。丈夫な生地でしか作りたくない。丈夫で素敵な生地はなかなかありません。

 

そこで考えたのが丈夫な帆布生地とのマッチングです。

帆布だって長く使えばすれてきます。でもシルクやファンシージャカードなどの生地に比べればずいぶん長持ちします。

 

企業でデザインしていた頃から私は、物作りに対してかなり神経質でした。

この生地で、この仕様で耐久性は大丈夫だろうか?

縫い方をもっと丈夫にしようか?

この生地でなくもう少し厚い丈夫な生地にしようか?

と時間をかけるので、上司からは考えすぎるとデザインがかたく面白くなくなる。

もっと早く仕事をこなせとよく言われていました。

それもごもっとも、私の考えも間違えではありません。

この二つの考えの落とし所が今の私にとっても一番の悩みです。

 

昨年はマッチングで使う帆布を黒に限定してみました。

そうすることで、持ち手の素材、ショルダーストラップの素材も全て黒で統一できて綺麗です。

でも、黒が合わない生地、色もあります。

今回のファンシージャカード、ゴブラン織り、共に中にブラウン系の色が入っています。黒をあわせるとせっかくのふわっとしたやさしい感じが台無しなのです。

そこで持ち手はブラウン系に、帆布とリボンのグログランテープもほぼ同色で揃いました。

 

実はこの作品、まだ完成していないのです。

ショルダーストラップの素材もできるだけ近いマロンカラーを探さなくてはいけません!

 

いつもお世話になっているネットショップに発注すればいいのですが、ブラウン系が何色もありどの色が一番近いのか分かりません。

たくさんのパーツを扱うお店に出向き、実際に目で確認してみるつもりです。

 

黒にしておけばこの手間はないのです。ショルダーストラップを付けなければこの手間はないし安くもなるか…。

 

でも、どうせ作るのならこだわって少しでも自分の最高に近い物にしたいです。

 

2017年春の新作として久しぶりにネットショップにも出します。

今年の初詣でみなさんが持っているバッグを見ていて、ボストン型が多いのが目につきました。

この形を作ることに少し自信がつきました。

 

もう1型、同じデザインで作ります。

 

読んでくださってありがとうございます。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、
大人の女性のための、エレガントで可愛い
リボンシルエットのがま口バッグとリボン小間物
リボンのSHIHOMIです。

 

2016年にあったとっても良かったこと。

たくさんありました。

 

店頭販売でも、オーダーでも、お客様からたくさんのことを教えていただきました。

 

店頭販売で、私は可愛いと思っていて値段も手頃なのになぜか売れ行きの悪い小さなポーチ。

みなさん手に取るんだけど購入くださらない、それの理由をある高齢のお客様が教えてくださいました。

私が良いと考えたことが、シンプルに使おうとしたら逆に使いにくくなっていました。

その理由が分かった時に、はっとしました。

頭の中だけで使いやすいと思い込み、自分で実際に使っていませんでした。

これだけじゃありません。

率直な意見を下さるお客様と話しこまないと分からないことをたくさん気づかせていただきました。

 

そしてたくさんのオーダーをいただいたのですが、お客様の要望をお聞きすると自分一人では考えつかないデザインになっていくんです。

作っていてワクワクして、もっともっと喜んでいただけるものにしたくなるんです。

 

自分だけの考えだったら無理だと思っていたデザインだけど、お客様の要望だからと一生懸命考えていたら、あらら出来ちゃいました!

 

暮れにお客様に直接お届けしたのですが、その時の笑顔を見せていただいたらもう作ってよかったなーって。こんな嬉しいことはありません。

 

メールのやり取りで作らせていただいたお客様はなんと使ってくださっている写真をメールで送ってくださいました。

嬉しすぎます!

 

今の私は組織の中でものづくりをしているわけではないのですが、どんなことも一人でやっているわけではないのです。

いろいろな人のおかげでものづくりをさせていただいています。

生かしていただいています。

そんな単純なことを今まで気がつかずにいたのです。

それに気がつかせていただいてから、ものづくりが益々楽しくなりました。

 

昨年教えていただいたことをこれからの作品に取り入れていきます。

またたくさんのことを教えていただけることでしょう。

2017年、明日から作品作り再開します。

春のお花屋さんのイメージで!

久しぶりにネットショップも再開します。

よろしかったらご意見を聞かせてくださいね。

 

読んでくださってありがとうございます。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、
大人の女性のための、エレガントで可愛い
リボンシルエットのがま口バッグとリボン小間物
リボンのSHIHOMIです。

 

明けましておめでとうございます。

 

冬のモンサンミッシェルで撮った写真。

この鳥さん、手を伸ばしたら届きそうなくらいの低空でずっとホバリングしていました。ものすごい強風なんです。

大丈夫かなってずっと見ていました。

人間なら翔ぶのをあきらめて物陰で風が止むのを待っていることでしょう。

一瞬、風向きが変わったのか、風を上手く捉えて、跳びたい方向にさっそうと翔んでいきました。

私もこうありたいと思います。

 

お正月に今年の具体的な目標を掲げたいところですが今年は明確には掲げないことにしました。

それはこれからの私の人生は今の自分では想像のできない展開がありそうです。

 

私の根底は20代の頃、デザイナーを目指した時とずっと同じです。

私の大好きなデザインでたくさんの人にワクワクを届けたい。

決して「棚ぼた」とか、「家宝は寝て待て」的に過ごすわけではありません。

良い風が来た時にいつでも答えられるように準備は怠りません。

 

使う人が持っているだけでワクワクし、使いやすいバッグや小物をたくさんデザインして作っていきます。

それを今まで通り発信していきます。

昨年やりきれなかったネットでの販売も充実させます。

でも、きっとそれだけではありません。

今は何か分かりません。

 

と言いいますのが、私にとって昨年2016年は信じられないくらいとっても良い年でした。

3度の手術をし2度にわたり約2ヶ月間入院生活をしました。

その頃は「これからどうなっちゃうのぁな〜。」って思ってたのです。

でも、退院後、自分でこうなったら良いなあって思っていたことが次々と起こっていきました。

具体的なプロセスは思っていたこととは違っていて、そして自分の想像以上のことばかりでした。

 

インターネットを通して作品を売りたい、やりかけていたネットショップをきちんとしなくてはと思っていたら‥。

ブログやSNSで私の作品を見て下さった方たちから立て続けに問い合わせが入り、たくさんのオーダーを作らせていただき、そのお客様がお友達も紹介してくださったりと、おかげさまでずーっと作品作りを楽しませていただきました。

百貨店のイベントの出展、楽しみにしているパリでの展示販売にも参加させていただきました。

その一つ一つの内容の濃いこと、素敵なことばかり、毎日がワクワクでした。

 

二度と病気になりたくない、生き方をかえなくてはとたくさんの素晴らしい先生方の講演を聞きました。本を読みました。

目から鱗、自分の心が少しずつ楽になり、毎日、毎日、次々に起こる素敵な出来事に感謝していました。

 

これ全部書いていたらものすごく長くなってしまいます。

ちょっとだけ明日また書きたいと思います。

 

神様というのでしょうか、宇宙という表現の方がいいのでしょうか?

準備のできた人にはその人にとってのたくさんのラッキーを与えて下さるのだなと思います。

いつ何が来てもあわてないように、応えられるように準備はいつもしておかなくてはいけないのです。

感謝と共に楽しみながら!

 

読んでくださってありがとうございます。

 

2017年、ブログを読んでくださったみなさんにもたくさんのラッキーがやってきますよ。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、
大人の女性のための、エレガントで可愛い
リボンシルエットのがま口バッグとリボン小間物
リボンのSHIHOMIです。

 

クリスマスですね。

 

クリスマスに私のお作りしたバッグやマフラーでワクワクとしてくださっている方がみえると思うと嬉しいですね。

みなさんが喜んで下さることが私にとっても喜び、天からの最高のプレゼントです。

 

12月14日〜17日に行われたパリの販売イベント、サロン・イデ・ジャポンについての報告、お客様の写真がビズジャポンの編集長、江草さんより届きました。

 

金曜日の夕方にガス漏れ騒ぎが発生して売り上げは下がったとのことなのですが、大事に至らなくて本当に良かったです。

 

嬉しそうなお客様の写真を拝見していると、参加させていただいて良かったな〜ってつくづく思います。

もっともっとたくさんの方々にワクワクをお届けしたいです。

 

作りたいデザインがいっぱい浮かんできます。

 

クリスマスやお正月の行事よりものづくりしている方が楽しいのだけどなーと思いつつ‥。

美味しいケーキをしっかり食べる幸せなクリスマスです。

 

読んでくださってありがとうございます。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、
大人の女性のための、エレガントで可愛い
リボンシルエットのがま口バッグとリボン小間物
リボンのSHIHOMIです。

 

もうすぐクリスマスですね。

クリスマスを目前にずっと気になっていたことがありました。

11月の末に、海外にお住まいのお客さまのオーダーを発送しました。

クリスマスのプレゼントなのですが、「余裕で届くでしょ。」って思っていたのですが‥カナヘイうさぎ

海外に普通に荷物を送ると言えば郵便局のEMSですよね。

普通ヨーロッパでも一週間はかかりません。

DHLとか確実で早いですが、とっても高い!

お住まいの所は民官のサービスはもちろん、EMSもないのです。

普通に小包として送るのです。

 

日本でも私が幼いころは箱の包みに直接住所書いて送っていました。直接切手貼って。

さすがに送り状はありますが、小包扱いです。

時間がかかるのです。

お客さまは特にクリスマス前は混むから時間がかかると言ってみえましたが、本当にかかるんだ!あんぐりうさぎ

 

テレビで中国の宅配の現状というのを見たのですが、荷物が多すぎて仕分けの人がパニックになって荷物に八つ当たり、蹴るは、投げるはというのを見て、あんぐりピスケカナヘイびっくり

「どうしよう、私の送ったバッグも投げられてたら。」とか「あまりにたくさんの荷物の中で潰れていたらどうしよう。」とドキドキでした。大泣きうさぎ
(送った国は中国ではありません)

 

昨日、郵便局からのお届け完了メールカナヘイ花、お客さまからのメッセージカナヘイきらきらもいただき。ほ〜っとしました。つながるうさぎカナヘイハート

 

日本にお住まいのお客さまの分も、

「急がないから、年明けでもかまいませんよ。」

という優しいお言葉にゆっくりしていたら、

電話が「ひょっとして、もう出来てるとかあります?」

「そうよねー、どうせなら、クリスマスとか年明けのお出かけに新しいバッグ持ちたいですよね。お客さまの心が分からない、私のおばかさん!」

奮起してお作りしました。

小さく見えるかもしれませんが、かなり大きいです。

先のバッグを基本に、とにかく大きくしてとのことでお作りしました。メインに使っているボーダーの生地がギリギリで大きくしたのは下の帆布部分のみ。

ボーダー生地の部分も広くできると良かったのですが、お客さまのイメージより少し地味めになってしまったので光物やリボンを付けたらお客さまのイメージにぴったり!(になったと私は思っている)

 

これも間に合いました。

 

これで安心してクリスマスが迎えられます!つながるピスケつながる花1

 

読んでくださってありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)