ちゅんこ日和。

2013年5月8日〜
シナモン文鳥まろちゃん成長日記♪
2015年11月22日
コザクラインコのシナモンもえちゃんお迎えしました(*´∀`)
2羽になってますます賑やかです★


テーマ:



こんばんは。
今日はまろちゃんや文鳥について少しお話しです。

※文鳥の病気のお話しです。苦手な方は避けて下さい。



17日、夜の放鳥をしようとまろちゃんをケージから出しました。
いつも通り元気な様子でしたが、水浴びをさせるため洗面所へ移動…

そこで異変が起こりました。

水浴びをし始めたのですが、すぐ私の手元に戻って来て浴びに行きません。
あれ?と思うと同時にまろちゃんの呼吸が乱れはじめ、足が急激に熱くなり軽い痙攣の様な事が起こりました。

そのままフラフラと足に力が入らず、私にもたれかかったまましばらく過呼吸の状態が続いたので、その場でまろちゃんが落ち着くまで待機。
一瞬呼吸がマシになるタイミングを見計らい、すぐケージのある部屋へ連れていきました。

まろちゃんがこうなったのは今回初めてですが、私にとって以前はとても馴染みのある症状です…。


皆さんはてんかん発作をご存知でしょうか?
もしかすると家族やご友人にてんかん発作を抱えている方もいると思います。
動物にもこの病気はあり、ネコやイヌのてんかん発作はよく知られています。

文鳥を飼ってる方はご存知の方も多いと思いますが、文鳥にもてんかん発作があります。
このブログを始めた最初の頃にちらっと書いた事があるのですが、我が家にはまろちゃんの前に飼っていた白文鳥で、てんちゃんと言う名前の子が居ました。
てんちゃんがてんかん発作を持っていて、放鳥中にたまに発作を起こして倒れる事があったのです。

人のてんかん発作は激しい痙攣を起こす場合もあれば、急にフラッと意識を失ったり症状は人によってそれぞれですが、文鳥の場合は口を開けて呼吸が乱れヨロヨロ覚束ない足取りになりゆっくり倒れる(場合によってはそのまま目を閉じて完全に横に倒れ脱力します)
※鳴いたり暴れる場合もあるみたいです。

暫くすると何事も無かったかの様に起き上がり、何事も無かったかの様にいつも通りに動き始めます。

今回のまろちゃんの症状はてんちゃんに比べてまだ軽い方で、始めてだという事、私が獣医では無い事を踏まえ、てんかん発作と100%判断出来ません。
出来ませんが、てんちゃんの症状ととても良く似ていました。
まろちゃんを飼い始めてからこれだけは避けたいと思っていた事です。

発作の原因は食生活や急な運動など色々あるみたいですが、何かにビックリした拍子に突然てんかん発作を起こしてしまう事があります。
我が家でもてんちゃんがビックリした時に発作を起こす事がありました。
そして軽い発作だど飼い主さんが気づいていないだけで、案外発作を起こしている事があるそうです。
今回のまろちゃんの症状だと「あれ?しんどいの?」と思うだけで、人によっては気づかない程度だったかなと思います。

一度発作を起こしてしまうと今後も起こる可能性があるそうで、今まではまろちゃんが興奮して少しでも呼吸が乱れたらすぐケージに戻して落ち着ける環境を作っていたのですが、今回はケージから少し離れた洗面所だったし本当に急でした。

私の結婚と共に引っ越してから環境が変わり、もう半年ほど経ちましたがまったく旦那に慣れていない状況です。
水浴びの場所に行くまでに洗い物中の旦那の後ろを通過し、行き慣れてない廊下を通過し、洗面所にはいつも無かった洗濯物が干していました。
そんな中で洗い物の音が大きく響き驚いたのかと思います。





↑見慣れたお部屋に戻り少し症状が回復し、足取りもしっかりした時のまろちゃんです。
まだ口を開けて呼吸が整ってませんが、状況判断は出来ている様子です。


もしもご自身の文鳥さんが発作を起こしてしまった時…
本当に生きた心地がしませんが、手の上で倒れてしまった場合は優しい声を掛けながら慌てず文鳥さんが起き上がるまで待ってあげて下さい。
もしとまり木や落ちたら危ない場所にいた場合は、驚かせないようにそっと文鳥さんの体を支えて下さい。

どんなに自分が焦ってしまっても、支える手や掛ける声は落ち着けて文鳥さんを安心させて下さい。
暫くするとケロッと起き上がります。

起き上がったらそっとケージに戻して安心出来る場所でゆっくりさせて下さい。

なーんて偉そうな事を言いますが、今日は手が震えてしまいました( ;´Д`)
このまま死んでしまうのではないかと怖くて怖くて…
まろちゃんは心臓バクバクで足が熱々なのに、私は血の気が引いてまろちゃんを持つ手が冷え冷えでした。

所詮その時になると飼い主はそんな物です。
大切な我が子が突然倒れるとビックリしますよね。

今回の事でまろちゃんは私が思っていたより今の環境に慣れていない事がわかりました。
実家のワンコ達の方がよっぽどうるさかったはずなんですが…

もえちゃんが旦那に慣れてきてるので、気が緩んでいたのかもしれません。
今後はもう少しまろちゃんのペースに合わせて、ゆっくりゆっくり今の環境に馴染んで貰いたいと思います。


そして、この記事を読んでもし不安に思ってしまった方が居たらと思いお伝えしたい事があります。
色々私の焦り具合を綴ってしまいましたが、発作が落ち着いた後の文鳥さんは本当に「え、なに?どうしたの?」と言わんばかりのケロリ具合です。(我が家の場合)
飼い主からしたらビックリで一時の怖い思いをしてしまいますが、文鳥自身は自分が倒れた事なんて3歩あるいて忘れてる様な雰囲気です。

発作を持ってるから寿命が短いなんて事もありません。
先代文鳥のてんちゃんは文鳥の平均寿命7〜8年をしっかり生きてくれました。
最後の時も発作が原因ではなく老衰を私が看取りました。

全ての文鳥が発作を起こすなんて事は無く、まろちゃんも今回の1回だけの可能性もあります。
ただ、こんな症状があるんだよって事を頭の片隅に知っておいて頂ければと思います。

もし発作を起こした場合、病院に連れて行く前に一度病院に電話相談してみて下さい。
私がこの発作を知ったのはてんちゃんが亡くなったずいぶん後に「てんちゃんのあのフラフラはなんだったのかな〜?」と疑問を感じた時だったので、発作で病院に行った事はありません。

病院への移動でストレスを感じてまた発作を起こしてしまったら元も子もないので、もし頻繁に今後も状態が出る様なら一度電話相談をしようと思います。


長くなりましたが、最後に先日撮影したまろちゃんを1枚♪





放鳥中の一休み風景( ´艸`)


それでは今日はこのへんで★



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ナナ★さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。