2011年07月15日(金)

★ 『SUPER 8/ スーパーエイト』

テーマ:【青春】
2011年。アメリカ。"SUPER 8".
  J・J・エイブラムス監督・脚本。スティーヴン・スピルバーグ製作。
 スーパーエイトという言葉に郷愁、切ない想い、失われた青春への悔恨、などを感じる者にとっては、見逃すわけにはいかない映画だったが、
 何かが足りないような気がする。
 スーパーエイトは現在も稼働中らしいが、個人的な実感としては1990年代でその役割を終えている。ソニーからデジタルムービーが発売されてはいたが、画質にこだわる者は迷わずスーパーエイトを選択した。
 現在は何か特殊な効果を狙って使用される場合が大半だろうと思われる。

 スーパーエイトという8ミリフィルムの規格をタイトルにした映画、というだけでも素晴らしいが、
 青春映画でもっとも重要なヒロインの輝き、それは現在無敵モードに突入しているエル・ファニングをキャスティングした時点で成功しているように見えた。
 しかし、少女と大人とのはざまで揺れ動く、というにはちょっと大人っぽくなり過ぎていたようにも見える。他の登場人物と比較しても大人っぽすぎる。
 やはりエル・ファニングの少女時代のピークは、ソフィア・コッポラの『SOMEWHERE』の撮影時期の一瞬のひとときだったのかも知れない。
 女優がもっとも光り輝いているときに撮影をセッティングする、というのが映画監督の才能のひとつだとすれば、映画の目指す方向が違うので比較しようがないものの、ソフィア・コッポラの方が、J・J・エイブラムスより一枚も二枚も上手であった。

 J・J・エイブラムスの青春の総括であるとともに、若い頃にもっとも影響を受けたスピルバーグの映画に対するオマージュを捧げる、という志はひしひしと伝わってはくるものの、
 脚本に問題があったのか、ひとりひとりのキャラクターが型にはまったように見えてしまうところもあり、人物の描き込み不足の面があったのか、もっと興奮しても良いはずなのに、何か物足りなさを感じてしまう。

 これはおそらく、自分がスピルバーグの映画を熱中して見た経験がないからかも知れない。『グーニーズ』と『E,T.』と『スタンド・バイ・ミー』とを足したような映画だと言われていたが、『グーニーズ』も『E,T,』も見たことがないシラー。『スタンド・バイ・ミー』は見ているが、あれはスピルバーグの映画ではない。
 やはり、J・J・エイブラムスはテレビドラマ製作が一番向いているような気もする。『スター・トレック』は面白かったが、あれも元はテレビドラマだし、
 脚本をひとりで書かずに、共同で推敲を重ねていたら大傑作になる可能性は大いに秘めていた映画だっただけに、ちょっともったいなかった、という印象が残った。
 (ただし、これはスピルバーグ映画に熱中しなかった者のたわごとのようなものです。)
     IMDb          公式サイト(日本)
映画の感想文日記-super801
 主人公ジョーを演じるジョエル・コートニーは主人公にふさわしいいい顔をしている。よくこんないい顔の役者を捜し当てたものだ、と感心した。
 エル・ファニングが3歳くらい年上のお姉さんに見えてしまってはいたが。
映画の感想文日記-super802
 スーパーエイトでの撮影風景には、牧歌的でわくわくさせる要素があり、素晴らしかった。もうちょっと細かいディティールを付け加えてみても良かったような感じもした。スーパーエイトでの撮影に参加した経験を持つ者だけの感覚かもしれない。
映画の感想文日記-super804
 予告編を見て期待したような物語の展開ではなく、どこか脚本がぎくしゃくしているような印象もある。タイトルがスーパーエイトだけに意図的なぎくしゃくなのかも知れなかったが、成功しているとは言いがたい。
 仲間たちのキャラクターも親友のチャールズ以外はあいまいで明確な像を創り出せていない。これも意図的なものかも知れないが。
映画の感想文日記-super803
 映画製作についてあれこれ談笑する風景は楽しかった。ゾンビ映画のパロディなども良く出来ていて、こいつらは将来ハリウッド、あるいはニューヨークで映画の仕事をすることになるに違いない、と思った。
映画の感想文日記-super805
 大人の俳優陣も好演していたが、(特にジョーの父親役のカイル・チャンドラーは初めて見たような気がするが、素晴らしい。)、ちょっととってつけたようなエピソードも目立った。スピルバーグならもっとうまく物語の中にエピソードを入れられただろうに、と思ったりもした。
映画の感想文日記-super806
 エル・ファニングと8ミリカメラという最高の素材を使っていただけに、退屈することはなかった。前評判が高かっただけに期待し過ぎたのかもしれない。
 悪い映画ではない。オリジナルの脚本だし、現在のアメリカ映画では相対的にはかなりすぐれた作品の部類に入ることには間違いはないだろう、と思う。
 エル・ファニングの、演技はへたくそだが、なぜか引き込まれる存在感を見るだけでも価値はある。(そのうちにアクターズ・スタジオあたりに入校しそうな予感もする。)
Soundtrack/Super 8
¥1,495
Amazon.co.jp
SUPER 8/スーパーエイト [DVD]/出演者不明
¥4,935
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

asphaltさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。